<< 牡牛座金星アロマミスト プレゼント | main | 6月9日新月図  やわらかく、ふわふわ毛皮で、受けて立つぜ♪ >>
2017.06.22 Thursday

蟹座火星太陽水星に思うこと。

0

     

    どうも外からはそう見えないらしいのですが、わたしは気が弱いし未熟者なので「ひょっとしてわたしは間違ったんじゃないだろうか?」と悩むことがよくあります。

     

     

    (この悩みがひどくなると、「ひょっとして、今までのこと全部間違っちゃったんじゃないだろうか?」になっていたりします。

    ご参考までに書いておくと、「今までのこと全部」というのは必ず妄想です(笑)。1コずつ確認していけばわかることです。でも弱っているときは、1コずつ確認する元気がないのでうっかり「全部」ってくくって片付けたいと思いがち。そういうときは、今自分は弱ってるので、1コずつ確認できる体力がつくまでは「全部間違ってるかどうか」という問いは棚上げにしようねって切り替えましょう)

     

     

    トランジットの火星が蟹座を運行中です。双子座でわいわいきゃーきゃーいろんな情報や意見が集まってきて、なんだか盛りだくさんでスゴイやって思ってたら蟹座という水のエレメントの「洗礼」なのか、いきなり冷や水を浴びせられてしょぼーんと濡れそぼってしまった火星プロジェクトもあるかもしれません。

    牡羊座に入った1月末から始まった火星の旅、蟹座の次の獅子座(火のエレメントですね)に入って再びぼーぼー燃えさかる前に、外側から見るとちょっとした停滞期のようなところに入っていてもおかしくありません。

    蟹座は最初の牡羊座から数えて4番目の星座。ちょっとした「休憩・休息」をとったり、前と同じことをして安心感を得たり、自分の落ち着くところを探ったり、という側面もあります。

     

     

    「ひょっとして間違ったんじゃないだろうか」という不安は、最初にプロジェクトが孕まれたときに想定していた軌道に、自分はちゃんと乗っているんだろうか?と思ったときから始まります。

    でも、想定していた軌道って、要するに想定に過ぎません(笑)。

    大事なのは、最初に孕まれたときの「これをやりたいんじゃーっ」という思いだったことを、もう一度思い出すべきときなのかも。

    冷静に振り返ってみてもどうやら間違えたようだと思ったら、ちょっと休んで軌道修正を図るのもひとつの手です。

    反対に、想定した軌道のほうが間違ってて、目標のためには今の自分のいるところでOKと思えるかもしれません。

     

     

    蟹座は活動宮なので、休みが必要でも先を急ぎたい、結果を出したい、という焦りを抱きがちな時期です。そうやって心の落ち着きどころや安心を得たいと思ってしまうのです。

    それはそれで仕方のないことなのですが、そういうときに大事なのは焦っている自分を落ち着かせることのほうではないかと、蟹座に月のあるわたしはつねづね痛感します。

    落ち着きを得たいから行動するのに、行動している限り落ち着きが得られない、というのがハマりやすい穴なのです(涙)

    焦っている自分に気がついたら、「休んでもいいよ、次のリスタートまでの間なら」と自分に声をかけられるといいですね。

     

     

    間違ったんじゃないかと不安に思っていたときに、しげしげ眺めていたのは写真の水晶で。

    触りながらふと思ったのは、「ああ、間違いなんかないんだ」ということでした。しでかしたことを、「間違い」にしたいのは、自分なんですよね。

    だから、「なーんだ、間違ってなかったじゃん」と思うのも自分の力でできることなのです。

    大きな結晶と小さな結晶が90度の角度をなしていて、横槍を入れる角度です。たとえば牡羊座と蟹座。

    でも、ホロスコープの12星座はぐるっと円をなしていて、横槍が入りながらも円を描いていく軌道があると考えることができます。

    立ち止まること、不安に思うこと、疑問、悩み、休息。過去の失敗?を反省したり後悔したりすることもすべて、次のためにある。

    蟹座の火星で最も強いのは防衛する力です。初期の目的といういちばん守るべきところを守るのに使いたいですね。そのために、自分が一番大切にしたいものは何なのか、もういちど考えてみませんか?

     

     

    昨日は夏至で、太陽と水星が蟹座に入りました。これで、火星、太陽、水星という3天体がしばらく蟹座に滞在し、水のエレメントが優勢になります。

    火星は、今年1月末に牡羊座に入って以来ずっと、太陽よりも一足先に次の星座に入るという動きでしたが、ついに獅子座の時期に太陽と火星が重なります(2017年7月27日)。それ以降、太陽は火星を追い抜いて毎月1星座ずつという着実なスピードで進み始め、火星は2018年の前半まではマイペースで進んでいきます。

    このアスペクトも含め、獅子座の季節は動きがあったり物事が定着したりする可能性が高いので、蟹座の時期には無理をせず自分の気持ちや相手の気持ちを上手にケアしながら過ごしたいですね。

     

    **

     

    金星が牡牛座に滞在する7月5日いっぱいまで、鑑定ご依頼の方に牡牛座金星アロマミスト「受け取っています、ありがとうミスト」ミニサイズをおまけとしておつけします。対面鑑定の場合はその場にお持ちしますが、メールやスカイプの鑑定をご依頼の方は忘れずご住所もお知らせくださいね。定形外郵便で発送いたします。カスタムミストご依頼の方には同梱でお送りいたします。

    メニューやご依頼方法は、プロフィールページをご覧くださいね。http://majomaho.jugem.jp/?pid=01

    2019.07.17 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Profile
                  
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      Selected Entries
                  
      Categories
      Recent Comment
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      はらいそ
      はらいそ (JUGEMレビュー »)
      細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      幻視と瞑想のガムラン
      幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
      民族音楽,ティルタ・サリ
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Links
      Search this site.
                  
      Archives
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM
                               
      PR