<< 4月11日 満月図 受け入れてもらう幸せ、受け止める幸せ。 | main | 4月21日、火星の双子座入りを前に(金星土星スクエアをからめて) >>
2017.04.15 Saturday

愛でる季節=牡牛座。坐禅の会のこと。

0

    東京はそろそろ葉桜の季節となってきました。といっても、八重桜などこれから見頃になる種類もたくさんありますよね。地方によっては、これから桜が咲くというところも。日本列島、南北にも東西にも幅がありますからね。みなさんのご近所はいかがでしょうか。

     

     

    さて、太陽はしずしずと、いやバタバタと牡羊座を運行し、4月20日には牡牛座に入ります(入った途端に逆行中の水星に迎えられます、なんというお出迎えでしょう!)。

    火のエレメントで活動宮の牡羊座が、(一般的には)スピード感溢れる行動力でがーっと進んできて、牡牛座に入ると一時停止、進む前にまず周りを見渡せ、みたいな感じになります。牡牛座は安全第一だからです。固定宮で受け身の地のエレメント。

     

     

    現代社会では何かとポジティブに行動することがよくて、受け身はまずいような感じで捉えられているかもしれませんが、両方あってこそ。どっちも大事ですよね。

    牡牛座に代表される陰陽で言うと陰の星座(牡牛、蟹、乙女、蠍、山羊、魚)は、どちらかというと受け身なところがあるといわれ、これらの星座の優れた能力のひとつが、「受信力」です。

    牡牛座は肉体と感覚の星座なので、視覚聴覚嗅覚味覚触覚といった感覚的な受信力に長じています。

    支配星は、金星です。

    金星のなかでも、個人の肉体における感覚的な受信力、受け止める力を担当し、人間関係における調和のほうを同じく金星を支配星とする天秤座が担当している、ともいいますよね。

     

     

    牡牛座の金星は感覚器官を通じて入ってきたものを「好き」とか「かわいいね」とか「おいしい」とか「グレードが高いね」と感じたり、判断したりする。大好きを大切にしてかわいがる。「愛でる」エネルギーです。

     

     

    おっと。牡牛の説明が長くなっちゃいましたね。こういう長い説明もちょっと牡牛座っぽいかな。

    今日お話ししようと思ったのは、先日参加した「いす坐禅カフェ」で聞いたお話のことです。

    講師は、曹洞宗僧侶の小杉瑞穂さん、通称こーさん。

    椅子に腰掛けたままでする「いす坐禅」。わたしは初めて参加しました。坐禅の心得を簡単に説明してくださるなかで、「みなさん、自分の身体を丁寧に扱いましょうね」というところからお話は始まったのです。

     

     

    坐禅の開始や終わりを告げる小さな鐘が、テーブルに置いてあります。「これを普通に扱うと、こんな感じですよね」と言って、こーさんが持ち上げた鐘を自然な感じでふっとテーブルに置く。「でも、丁寧に扱うなら、こんな感じだと思います」

    こーさんは、両手でうやうやしく鐘を捧げ持って、ゆっくりと眺め、20秒くらい?――でも突然見せられたわたしにはものすごく長く感じられるほど時間をかけてそうっと鐘をテーブルに戻したんですね。

    「こんなふうに丁寧に扱うと、この鐘自体も価値が上がると思いませんか?」

     

     

    このことばに、びりびりっとシビれました。ああこれ、牡牛座! 金星! 

    「愛でる〜大切にする」は、「丁寧に扱う」ところから始まるんですね。

     

     

    さらに続けて、こーさんはこんなことも。

    「どんなに心がけたって、自分の心を丁寧に扱うことは、かなりの達人にもむずかしいことなんです。だから、まずは自分の身体から丁寧に扱いましょう」

     

     

    はい。牡牛座のエッセンスをことばにしてくださってありがとうございました!!!

    よく「ご自愛くださいね」って言いますよね。わたし、この「ご自愛」ということば、好きなのです。だけど、実行するのはとてもむずかしい。

    そのコツとして、丁寧に扱う、というのはわかりやすくていいなと思ったことでした。

     

     

    短い坐禅のあとは、お茶とお菓子が出され、さらにこれがひとまずラスト営業というたんぽぽ食堂の千恵さんが丁寧に作ってくださった、身体に優しい野菜中心のランチをいただいて解散。

    雨降りの一日でしたが、満たされて帰ってきました。

    20日からの牡牛座月間、自分が受信するものをめいっぱい感じて、それを愛でて、自分を愛でて、丁寧に扱う、そんなことを心がけたいと思っています。

     

     

    4月20日、太陽は牡牛座に入り、牡牛座の季節の始まりです。

    ところが、翌21日にはほぼ1ヵ月半の間牡牛座に滞在した火星が、一足先に双子座入りします。

    Twitterで予告した牡羊座火星〜牡牛座火星を振り返る話は、次回、こちらのブログに書きますね。そのときもうちょっと牡牛座のこと、火星のこと、お話ししたいと思います。

     

     

    太陽が牡牛座に入る4月20日、こーさんによる「禅カフェ」も1日営業があるそうです。禅に興味のある方、こーさんと話したい方、覗いてみてはいかがでしょうか。

    zenカフェ

    ひと・いきカフェ「エカイエ」にて4月20日(木) 12:00〜18:00

    サイト→https://kaiwowaru.jimdo.com/

    東京都中野区上高田1-34-1 電話:03-3360-3330

    2017.10.17 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Profile
                  
      Calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      Selected Entries
                  
      Categories
      Recent Comment
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      はらいそ
      はらいそ (JUGEMレビュー »)
      細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      幻視と瞑想のガムラン
      幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
      民族音楽,ティルタ・サリ
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Links
      Search this site.
                  
      Archives
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM
                               
      PR