2018.11.09 Friday

開運☆香水診断と、今サイクル最後の火星クラッカー@魚座のお知らせ

0

    木星が自分の支配するサイン、射手座に帰ってきたということで一部賑やかでしたね。昨夜は。

    藤井まほも、新月明けの木曜喫茶室@東神田を無事終了することができました。お越しいただいた方、告知を拡散してくださった方、温かく応援してくださったみなさま、ありがとうございました。

    来月の木曜喫茶室@東神田は、12月13日を予定していますが、毎年11月〜12月は繁忙期なのでまだちょっと未定です、確定したらまたお知らせしますね!

     

     

    木星が射手座に回帰する前から、会話中になにげに軽口や冗談が増え始めたのと、根拠はないけど未来が明るいような気がしてきた、というのが最初に感じられた影響で。

    あとは、なんとなく仕事が増え始めて。

    昨日は、木星射手座インに合わせてこんなものがリリースされましたよ。

     

     

    「開運☆香水診断」

    http://www.e-cocoma.com/shopbrand/ct154

     

     

    オリジナル練香水や敏感肌にやさしい基礎化粧品などの開発でおなじみのビューティープロデューサー、牧野和世さんのパーソナル香水診断と藤井まほの星占いのセットです♪

    ・藤井まほの星占いから見た“基本性格”

    ・藤井まほの星占いから見た あなたの“仕事運”または“恋愛運”

    ・牧野和世のあなたの運気をアップする香水セレクト(付け方指南と1回お試し用の香り付き)

    を約1か月後にお届けいたします(メール鑑定+郵送の商品です)。

     

     

    牧野さんの香水診断は、そのときの自分に一番合った組み合わせのレイヤーづけを提案してくださって、いつも大満足のメニューです。ただし人気がありすぎてなかなか予約が取れないのと、地方の方にもご提供したいということで、こちらの新メニュー。

    星まわりから見た予測と香りの提案(お試し用1回分もついてます)、気軽な3ヵ月と、本格的1年、仕事運and/or恋愛運 から選べます。

    自分の周りにまとう香りは運気アップにも大きな役割を果たすといいます。気になる方は是非お試しくださいね。

     

     

    こちらが発表になったとき何より驚いたのは、愛用しているチークブラシや、一生使う決意の福美水という化粧水や、自分にとっては必需品のリッププランパーや練り香水と同じページに自分の名前が載っていたことでした。ほんとにびっくりした!(笑)

    わたしの出生図では、射手座は9ハウスの終わりから10ハウス、それを越えて11ハウスの初めまでをカバーしています。

    現在木星は射手座に入ったばかりで、ホロスコープでMCと呼ばれる10ハウスの始まりあたりにいるんですね。10ハウスもMCも、社会活動を意味します。仕事の看板などと呼ばれ、何かと目立つ部分です。そこに拡大する働きをする木星が来たから、こんなふうに目立つ形になっちゃってる、ということなのかなぁと。でも、ただ目立ってるだけで中身は変わらないんですけどね(笑)。

     

     

    ちなみに牧野さんもわたしも、射手座生まれ。香りと星で、射手座木星のメッセンジャーとしてみなさまのお役に立てたら嬉しいです(^^)

    このメニューのことは次回以降の更新でもう少し詳しく書きますね。

     

     

    そして。2017年からわたしたちと併走してくれていた火星は、来週、2月16日に魚座に移ります。こちらで今サイクルの12星座の旅は終わり。次のサイクルは、偶然にも来年1月1日というすごい節目に始まるのです。

    魚座の時期は、そのスタートアップの前のウォーミングアップというか、夢見の時期。眠りを深く掘り下げて、底にある宝物を探します。そこで手にしたものを次の火星サイクルで育てていく、と言えるかも。

     

     

    というわけで魚座の火星クラッカーのおまけは、寝る前のお風呂で使っていただきたい、眠りにとけこむバスソルトです。ブレンドについてはまだ何も考えていないんですけど、とろける系の香りづくりは得意なのできっと大丈夫でしょう(笑)。香りだけでなく、ネイチャーエッセンスも加えますよ。

    さて、ご注文については以下の通りとなります:

     

    火星クラッカー(1セット2個入り)+おまけバスソルト

    火星クラッカーのブラックペッパー味とカレー風味の各1個ずつの詰め合わせとなります。

    小さなメッセージカードをつけ、素朴な紙箱に入れ、リボンをかけてお届けします。

    火星が新しい星座に入ったあと、お手元に届くタイミングでご注文を受付け、期間限定で販売します。

     

     

    価格

    2個で1セット(送料・消費税込)で1800円です。

     

     

    購入方法

    ご注文メールをお送りいただき、ご入金ののちに発送という形をとらせていただきますね。

    ご注文メールを、fujii.maho@@gmail.com(@をひとつ抜いてください)までお送りください。折り返しお送りする受注メールで振込先などをお知らせいたします。

     

     

    ご注文受付期間

    「魚座」=2018年11月9日〜12日

     

     

    配送方法

    定型外普通郵便での発送となりますが、ゆうパックや宅配便などをご希望の方には送料着払いにてお送りすることも可能です(配達指定を承れます)。ご注文時にご希望をお知らせください。

    いつものようにご注文をいただいてから焼いて、お届けはご注文受付順に11月16日以降順次、となります。

     

     

    ☆今回はご注文時期が短くて申しわけありません m(__)m

    ☆来年も火星クラッカー、続けます♪ ただし2019年中に3回発売、くらいかなと考えています。来年もどうぞよろしくお願いいたします♪

     

     

    最後に、今週もVOGUE WEB の不思議インタビュー連載、更新されています。よかったらご覧くださいね。取材と構成を担当しています。

    真夜中の占いの館→ https://www.vogue.co.jp/horoscope/special/2018-11-06/midnight

    2018.05.13 Sunday

    火星クラッカー水瓶座1 ご注文受付開始です♪

    0

      天空の火星、現在山羊座の終わりにさしかかっています。週が明けて5月16日には次の水瓶座に入りますね!

      というわけで、火星クラッカー水瓶座バージョンのご注文を承ります(クラッカーのフレーバーは火星が何座に入ってもスパイシーな火星風味で変わりません)。

       

       

      水瓶座はピピッとくるインスピレーションの天王星が支配星です(土星にも支配されていますが)。

      水瓶座バージョンのおまけを何にしようかなと考えていたのですが、おみくじをおつけすることに決めました。ワンセットにつきワンみくじ、おつけします。お送りする宛先とお名前でタロットカードを1枚引いて、その読みをお送りするような形です。(宛先の名前じゃなくてこの名前でおみくじ引いて!というご希望ありましたら、ご注文のときにお知らせくださいね)

       

       

      ●火星クラッカー(1セット2個入り)

      火星クラッカーのブラックペッパー味とカレー風味の各1個ずつの詰め合わせとなります。

      小さなメッセージカードをつけ、素朴な紙箱に入れ、リボンをかけてお届けします。

      火星が新しい星座に入ったあと、お手元に届くタイミングでご注文を受付け、期間限定で販売します。

       

       

      ●価格

      2個で1セット(送料・消費税込)で1800円です。(うっかり送料を200円ほど間違えていました、ひとまず予価より20円だけ上げさせていただきます)

      2セット以上ご注文の場合は、おみくじのキーワードかお名前を増やせます。お知らせくださいね。

       

       

      ●購入方法

      ご注文メールをお送りいただき、ご入金ののちに発送という形をとらせていただきますね。

      ご注文メールを、fujii.maho@@gmail.com(@をひとつ抜いてください)までお送りください。折り返しお送りする受注メールで振込先などをお知らせいたします。

       

       

      ●ご注文受付期間

      「水瓶座1」=2018年5月13日〜27日

       

       

      ●配送方法

      定型外普通郵便での発送となりますが、ゆうパックや宅配便などをご希望の方には送料着払いにてお送りすることも可能です。ご希望をお知らせください。

      ご注文をいただいてから焼くことが多くなります、「水瓶座1」のお届けは火星が水瓶座に入る5月16日以降、ご注文順となりますこと、ご了承くださいね。

       

       

      5月25日(金)の18時から、東京・飯田橋にて一夜のワインバーを開きます(詳細は改めてお知らせいたします)。その日に手渡しでのご購入ご希望の方がいらっしゃいましたら、その旨お書き添えの上、ご注文メールをお送りくださいませ。

      返信が遅い場合、メールが到着していないことも考えられます。再度メールしていただくか、ツイッターDMなどもご利用くださいませ。

       

       

      5/25のワインバーについてすぐに知りたい!という方は、こちらのページをご覧くださいね!

      https://www.facebook.com/events/169978993691426/

       

       

      **

       

      ほんとうは天王星牡牛座入りについても書きたいのですが、時間がとれなくて、ごめんなさい。

      ポイントだけ、書いておきますね。

      天王星が牡羊座に入ったのは、2011年(ほぼ同時に海王星も魚座に入りました、東北の震災もありましたし、激動の年だったかもしれません)。

      7年の牡羊座滞在を経て、天王星は5月16日に牡牛座に入ります。これは火星の水瓶座入りと同日です。その後、8月8日に逆行を始めます。こちらは逆行する火星が山羊座に入る5日前です。

      逆行する天王星は11月7日に再び牡羊座に入る。この翌日には木星が約1年間の蠍座滞在を終えて射手座に入ります。

      天王星が再び順行に転じるのは2019年の1月(2019年の1月1日m火星が牡羊座に入ります)。そして、ようやく2019年3月に晴れて牡牛座に戻ってきます。

       

       

      つまり、5月16日から11月7日までは、ちょっと長めの牡牛座天王星お試し期間というわけです。本格始動は2019年3月から。

      注目すべきことは、天王星の動きが毎度ほかの天体の動きと連動しているということです。この先キーとなる時期が何度か来るらしい、そしてそのときに天王星は大きな役割を果たしそうなんですね。

       

       

      天王星牡牛座入りの前に、予兆となるようなことが先月、4月18日の太陽と天王星の重なった頃にあったかもしれません。

      今日(5月13日)は牡羊座の最終度数で水星が天王星にコンタクトしたあと、天王星より一瞬先に牡牛座入りします。水星はメッセンジャーの天体なので、何かぴぴっときたらメモしておきましょう。

      5月15日に牡牛座で新月が起こることも、お忘れなく。牡牛座の太陽に、月が重なるということですよね。

      16日には、さらに山羊座ぎりぎり最後を通過する火星が、天王星と90度を形成したあと、火星は水瓶座に、天王星は牡牛座にそれぞれ入ります。

      このながれがどういうことなのか一気に説明したかったのですが、今後、ほかの天体の運行と合わせて何度かに分けて書いていくことになろうかと思います。

      ともあれ、牡牛座天王星のお試し期間。何が起こるか楽しみにしているところです。

       

      **

       

      VOGUE WEB で取材構成を担当している【真夜中の占いの館】、毎週火曜日深夜に更新中です♪

      【真夜中の占いの館】

       

      **
      火星クラッカーについては、よかったらこちらの過去記事もご覧くださいね。
      2018.03.12 Monday

      火星クラッカー(2) ご注文受付開始です♪

      0

        いよいよ、火星の山羊座入り目前。火星クラッカーのご注文受付を始めます。

        火星クラッカーて何よっておっしゃる方は、お手数ですが一昨日の記事をお読みいただけたら幸いですm(__)m →http://majomaho.jugem.jp/?eid=375

         

         

        ●風味と材料について

        火星クラッカーのベースは、チーズクラッカーです。生地にはイタリア産パルミジャーノレッジャーノを藤井まほがチーズおろしでガシガシおろしたものがたっぷり入っています。チェダーなどほかのチーズも混ぜてます。

        風味は、ブラックペッパーをこちらも粒胡椒をミルでがりがり粗挽きにして加えたもの。クミンシードやカイエンヌペッパー、ターメリックなどを加えたスパイシーカレー味の2種類で、風味別パッケージとなっています。

         

         

        わたしやシェフをしているオットのこだわりポイントとして、上質な材料を厳選し、出来合いの調味料(アミノ酸的なやつとか)は使わないのです。

        火星クラッカーももちろん、いいチーズ、きび砂糖、自然塩、風味で選んだ黒胡椒やスパイスなどを使っています。

        あ、ちなみにチーズクラッカーですので、乳製品や小麦粉、それからアーモンドも使っています。

         

         

        火星クラッカー(1セット2個入り)

        今回の販売では、ブラックペッパー味とカレー風味の各1個ずつの詰め合わせとなります。

        小さなメッセージカードをつけ、素朴な紙箱に入れ、リボンをかけてお届けします。

        火星が新しい星座に入ったあと、お手元に届くタイミングでご注文を受付け、期間限定で販売します。

        火星が入る星座にちなんだ、ささやかなおまけを考えています(「山羊座1」「水瓶座1」「山羊座2」「水瓶座2」「魚座」で少しずつ変わります・予定)

        「山羊座1」のおまけは、ずばり、金額のおまけです(笑)。コスパにうるさい山羊座だけに!!

        というわけで、2個セット(送料・消費税込)で1780円のところ、初回記念価格1650円といたします。

         

         

        ●購入方法

        ショッピングカートシステムの導入も考えているのですが、山羊座入りに間に合わなくてごめんなさい! 今後頑張りますっ

        当面は、ご注文メールをお送りいただき、ご入金ののちに発送という形をとらせていただきますね。

        ご注文メールを、fujii.maho@@gmail.com(@をひとつ抜いてください)までお送りください。折り返しお送りする受注メールで振込先などをお知らせいたします。

         

         

        ●ご注文受付期間

        「山羊座1」=2018年3月12日〜25日

         

         

        ●配送方法

        定型外普通郵便での発送となりますが、ゆうパックや宅配便などをご希望の方には送料着払いにてお送りいたします。(その場合は送料を抜いた価格、初回記念価格の期間=3月25日後注文分までは、1400円(1パック)をお振り込みくださいませ)。

        「山羊座1」のお届けは、火星が山羊座に入る3月18日以降(実質的には郵便局が営業する19日以降、順次お届けとなります)。

         

         

        ●今回に限り、てくてく手渡し価格(箱なし・簡易包装版)=1350円(1パック)もご用意します。

        藤井まほが参加させていただく

        3月17日の「山羊座火星ワークショップ」@武蔵新城・灯台屋さん(15時〜17時半)、もしくは

        3月22日の藤井まほ木曜喫茶室@東神田(16時〜19時)、のいずれかで手渡しも可能ですので、もしもお見えになる方で手渡しのほうがご都合がよければご注文の際、一声おかけくださいね。ただし代金は事前にお振り込みお願いいたします。

        手渡し価格品に限り、準備の都合がありますので、たいへん勝手ながら15日までにご注文メールを受付させていただいた方のみとさせていただきます、ご了承くださいませ。

        お手渡し価格の受け付けは終了しました。

         

         

         

         

         

        **

         

        今月の木曜喫茶室は、3月22日16時〜19時の営業となります。いつもより1時間遅くまでの営業です、お仕事帰りにぜひいらしてくださいね!

        これ以外の時間帯の個別(個室)鑑定は勝手ながら今月はお休みとさせていただきます。

        木曜喫茶室@東神田はマンションの1室。最寄り駅は浅草橋、秋葉原、少し歩きますが岩本町駅も使えます。生き生きした観葉植物の鉢が置かれ、気持ちのよい空間です(靴を脱いでお上がりいただくお部屋です)。

        詳しい所在地などにつきましては、fujii.maho@@gmail.com(@をひとつ抜いて送信してください)までお問い合わせください。

         

         

        木戸銭として1000円頂戴いたします。お茶とお菓子のセットか、タロットリーディングのいずれかをお選びくださいね(両方ご希望の方はセット割1800円)となります。お菓子は、レモンのマーマレード入り濃厚チョコレートブラウニーを予定しています。

        上記に追加のメニューとして、占星術リーディング(5000円/30分)、ネイチャーエッセンスリーディング(1000円/約10分)、タロットリーディング(1000円/10分ごと)、も承ります。

        2018.03.10 Saturday

        まほの火星プロジェクト2018(後編) 火星クラッカー(1)

        0

          いまは年度末まっさかり。決算申告あれこれでお忙しい方も多いのではないでしょうか。そんななか、ほぼ1ヵ月ぶりとなってしまいましたが、今日はわたしの火星プロジェクト2018のその後について書いてみますね。

           

           

          いままでも何度か書いてきたように、わたしは2017年から「火星ワーク」をしています。

          火星ワークって何?

          わたしも、実際始めたときには全然わかっていなかったんですよね(笑)。まあ占星術を仕事にもしているので、火星が何の象徴かとか基本的なことは理解しているつもりですが。

          月のワークというのはやってる人も多いですよね? 満月にお財布を振るとかそういうのも含め。

          あるいは、太陽が蟹座に入る夏至の日には、夏至の祭りをする、というのはある意味で太陽のワークと言えるかも。

          要するに、天体の運行を使った暦に合わせてすることならみんな○○星のワークと呼べるんじゃないでしょうか(ちょっと乱暴か?)。古来人間が暦に使ってきた太陽や月に関しては、日常にとりこまれた年中行事が結構ありますよね。

           

           

          火星ワークを始めるにあたって、ツールとして使い始めたのがこちら、火星シートです。

          火星は、2年かけて牡羊座から魚座に至る12サイン(星座)を、ときにゆっくり、ときに逆向きに、ときにスピードを上げて進んでいきます。

          その2年というスパンでものごとを考えてみよう、火星という星の象徴することを体感しながら、というのが火星ワークだと言えるかな。それに、12サインのカラーをのせて、天体や星座の性質も味わっていくわけです。

           

           

           

           

          火星シートは、火星が滞在している星座ごとに、1シートとなっています。火星は太陽ほど均等なスピードで進まないので(というか太陽自体は動いていませんがw、地球から見たときにね)、シートごとに、つまり1星座に滞在する日数は星座ごとに、異なっています。なので、シートによって罫の幅がちょっと違ってたりします、そこが面白いんですよ(笑)。

          ヘッダ部分には、現在火星が滞在中のサインの性質や、このときにはどんなところにフォーカスするといいのかが書かれています。

           

           

          去年1月28日に火星が牡羊座に入ってからの14ヵ月ほど、どんなふうだったかというのはざっくり先日の記事に書きました。

          気を取り直して(笑)火星ワーク、射手座から→http://majomaho.jugem.jp/?eid=369

          まほの火星プロジェクト2018(前編)→http://majomaho.jugem.jp/?eid=372

           

           

          わたしが火星ワークをしてきたなかでの所感を書いた記事はこちらのカテゴリにまとめてあります→http://majomaho.jugem.jp/?cid=25

           

           

          こうして振り返ってみると、2017から2年間で12星座を1周する火星の動きと、自分自身とを行ったり来たりしながら、人生を自分で掘り起こして前に進める(3歩進んで2歩下がりつつ)、というのがわたしにとっての火星ワークなのかな、という気がしてきました。

           

           

          そして前回も書いたように火星ワークを始めてから紆余曲折、14ヵ月経ってようやく形の見えてきた火星プロジェクト2018が「火星クラッカー」なのでした。

          絵本作家/イラストレーター/アーティストのナムーラ・ミチヨさん(書肆まひまひ代表http://www.shoshi-maimai.com/)にお願いしていた、パッケージのラベルと同梱するカードのデザインが完成したので、今日はそのお披露目です。

           

           

           

           

          火星クラッカーはもともとスパイスの支配星が火星というところから発想した商品でした。そこには、「食べて星を感じるエンタメ」というコンセプトがあったんですね。おいしい、なるほど、面白い、みたいなことです。ラベルをみていただくとおわかりになるかと思いますが、ブラックペッパー味と、クミンシードの入ったカレー味の2種類の詰め合わせになります。

          今回のリニューアルは、ただのおいしいクラッカーのラベルを付け替えた、というだけではつまらない。せっかく火星ワークをしている途上で再発見発掘されリアレンジリニューアル発売されるのですから、火星の運行と連動させて販売することにしました。

          2018年、今後の火星の運行予定は次の通り。

           

           

          3月18日 山羊座入り。

          5月16日 水瓶座入り。(6月27日から逆行を始めます)

          8月13日 (逆行して)再び山羊座入り。(8月28日に順行を始めます)

          9月11日 再び水瓶座入り。

          11月16日 魚座入り。

           

           

          次のサインに移動することをイングレスと呼ぶのですが。火星のイングレスをはっきり体感できるように、事前にご注文いただいてイングレス後にお手元に届くよう発送、というタイミングで販売します。といっても、火星が滞在する星座ごとにクラッカーの味を変えるわけではありません。味は同じで、変わるのはラベルと、添付する小さなカードのメッセージです。

          以前からのお客様のなかにはこのクラッカーが好きとリピートしてくださる方も多く、火星云々は関係なく、ただお気に入りのクラッカーとして召し上がっていただくだけでも全然OKなのです。

          ただ、それと並行して、もしも! 占星術と日常生活を結びつけて楽しみたいという方がいらっしゃったら! スパイシーなクラッカーを食べて、「あ、火星が星座を移ったんだな」ということを体感していただこうというちょっとしたお遊びも忍ばせてみたわけです。

           

           

          火星クラッカーの詳細については、また次回の更新で書きますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

           

          **

           

          最後にお知らせです。

          3月の木曜喫茶室@東神田、営業日は3月22日となりました。都合により、いつもより1時間遅い16時〜19時の3時間となります。また、これ以外の時間帯の個別(個室)鑑定は勝手ながら今月はお休みとさせていただきます。

           

           

          木曜喫茶室@東神田はマンションの1室。最寄り駅は浅草橋、秋葉原、少し歩きますが岩本町駅も使えます。生き生きした観葉植物の鉢が置かれ、気持ちのよい空間です。

           

           

          木戸銭として1000円頂戴いたします。お茶とお菓子のセットか、タロットリーディングのいずれかをお選びくださいね(両方ご希望の方はセット割1800円)となります。お菓子は、レモンのマーマレード入り濃厚チョコレートブラウニーを予定しています。

          上記に追加のメニューとして、占星術リーディング(5000円/30分)、ネイチャーエッセンスリーディング(1000円/約10分)、タロットリーディング(1000円/10分ごと)、も承ります。

           

           

          こちらについてもまた後日、もう少し詳しくお知らせしますね。

          2018.02.19 Monday

          まほの火星プロジェクト2018(前編)

          0

            2017〜2018の2年間は、わたしにとって初めての火星ワークです。

            まずは、2017年の初めにそれまでの2年間(2015〜2017)の火星の動き(牡羊座から魚座までの12の星座に、いつからいつまで滞在していたか)と、その頃自分が何を考えどんなふうに暮らし、どのように行動し、行動しないでいたかを振り返ることで、火星ワークの予習をしました。

            そして、よし!火星が牡羊座にいる間に今後2年間の指針を立てようと、2017年1月末からあれこれ、仕事や生活の夢や希望や計画を自分内でぶちあげてみました。

            その一環として、藤井まほとしての仕事のスタンスを変えてみようと肩書きや名刺をリニューアルしたりしたんですね。(その頃の記事はこちら→「火星と名刺とスイーツアルケミー」http://majomaho.jugem.jp/?eid=297

             

             

            ところが、各方面、夏以降に失速しまして(;;)。なんか火星ワークもう今期は続けられないかも、いったんリセットして2019年から装いも新たに頑張るわっとちらっと考えもしたんですね(次に火星が牡羊座に入るのは2019年1月1日なのです)。

            とりわけ火星が蠍座にいた昨年12月から今年1月にかけてはかなり失速度が高まって(?)いたのですが。

            火星が射手座入りした直後、2月3日に火星ワークを提唱しているnicoさんや火星ワークシートの普及を頑張っている火星チームのみなさんのワークショップに参加したことで、おかげさまで元気を取り戻せたのでした♪(その様子はこちら→「気を取り直して(笑)火星ワーク、射手座から」http://majomaho.jugem.jp/?eid=369

             

             

            わたしが参っていたのは、最初に抱いていた計画や夢や希望のさまざまな(当初いちばん魅力的に見えていた)要素が削ぎ落とされ、ダメ出しを食らって「もう自分なんかダメなんだ」ってどこかで思ってしまっていたからだと思います。特に、乙女座から蠍座にかけての時期がわたしにはキツかった。それでしょぼんとしてました。

            もともと太陽と水星と金星とMC(仕事、社会活動、天職にまつわる10ハウスの始まり)が射手座で、射手座は火地風水で言うと火のエレメントです。しょぼくれると弱いんですよね(苦笑)。しかも、火星が天秤座に来たあたりから、どうしても、人のほうが自分よりちゃんとしてるとか思ってしまったりして。

             

             

            でも、ワークショップで「それは等身大の"オレ"なんです」というお話を聞いて、急に腑に落ちてしまった。なーんだ!じゃあ別に火星天秤蠍期にダメになったんじゃないじゃん、もともとダメなんじゃんと(笑)。

             

             

            それとは別に、いろいろダメになった末に、最後に手許に残ったなけなしの火種というのもありました。

            それが今日の記事のタイトルにした、まほの火星プロジェクト2018です。中身は「火星クラッカー(写真)」。

            牡羊座期に抱いた野望からするとサイズダウンしてるかもしれないんですが(新商品じゃないですから)、アップデートはされてます(ここ威張るところかどうか不明ですが)。

            ダメ出しされてしょぼんとしていた時期に、ちまちま考えてじっくり地味に進めていました。

             

             

            今日、最初にリンクを張った記事に書いたとおり、わたしは藤井まほの肩書きを「占い師」にしちゃって、メニューには占星術もタロットもアロマも魔法のスイーツも入れます、というふうに切り替えたんですよね。

            そして、もうひとつ思い返せば、占星術とスイーツを結びつけるお仕事は、そもそもわたしがこの仕事を始める直前に抱いていた野望だったのです。(そのことはこちらの記事に→「スイーツアルケミスト」http://majomaho.jugem.jp/?eid=299

             

             

            わたしはオットと二人でケータリングの仕事もしていて、ケータリングだけでなく物販(自家製ベーコンやクッキーやクラッカー、ジャムなど)も、細々とやっているんですね。その商品のひとつに、チーズクラッカーがあります。

            話すと複雑なんですが、これはもともと「火星のクラッカー」として藤井まほが占いイベントで売っていたものでして。ブラックペッパー味と、カレー味と2種類あって、どちらもスパイスなので火星が支配する。火星力を高めるクラッカーなわけです。

            ただ、商品としては火星クラッカーではなく、ただのスパイシーチーズクラッカー(2種)として販売していたんですよ。

            去年の12月頃から、これをレシピはそのまま、外側だけリニューアルしてもう一度、火星クラッカー、つまり藤井まほブランドで売ろうかなと思ってつらつら案を練っていたのです。

             

             

            商品名を変えるのなら、ラベルも変えようと思って。火星らしく、勢いのある線の描ける人、いないかなあと考えたときに、20代でサラリーマン編集者をしていた頃にイラストをお願いしていた、ナムーラ ミチヨさんのことを思い出しました。ナムーラさんはわたしより結構年上で、でも最初から意気投合して、おうちに遊びに行って泊めていただいたりと妹のようにかわいがっていただいていて。今回も無理なお願いをしたのに面白そう!と快く引き受けてくださったのです。

            ラベルが上がってきたらブログでもお見せしますね!

             

             

            この話、ちょっと長くなりそうなので、今日はここまでにして次回後編に続きます。

            クラッカーは、写真のようにワインやビールなどに合う味にしています(夏はぜひ辛口のスパークリングワインと!)。

            22日の喫茶室では、ブラックペッパー味だけ試験販売する予定ですので、もしご興味があって、当日東神田に15時〜18時、お立ち寄りになれるようでしたら、事前にご一報くださいませ。ご用意しておきます。

             

             

            **

            「木曜喫茶室@東神田のお知らせ」

            今月は、2月22日(木) 15時〜18時です。メールをお送りいただければ、折り返し道順などをお知らせいたします。お気軽にお問い合わせくださいね。

            fujii.maho@@gmail.com(@をひとつ抜いて送信してください)

             

            木曜喫茶室@東神田について→http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

             

            木曜喫茶室@東神田はマンションの1室。最寄り駅は浅草橋、秋葉原、少し歩きますが岩本町駅も使えます。

            靴を脱いでお上がりいただきますが、小さいお部屋なので暖房の利きはよく、冬用のボアのついた暖かい室内履きと膝掛けをご用意していますので、寒がりの方もどうぞご安心くださいね。生き生きしたグリーンの鉢が置かれ、気持ちのよい空間です。

             

             

            木戸銭として1000円頂戴いたします。お茶とお菓子のセットか、タロットリーディングのいずれかをお選びくださいね(両方ご希望の方はセット割1800円)となります。

            上記に追加のメニューとして、占星術リーディング(5000円/30分)、ネイチャーエッセンスリーディング(1000円/約10分)、タロットリーディング(1000円/10分ごと)、も承ります。

             

             

            温かいお飲み物は、ネルフィルタで1杯ずつ淹れるハンドドリップコーヒー、前回に引き続きクスミティーの冬限定フレーバー「ツァレヴナ」、ハーブティーなどをご用意いたします。冷たいお飲み物も各種ご用意しております。

            2018.02.07 Wednesday

            気を取り直して(笑)火星ワーク、射手座から

            0

               

               

              先週の土曜日、武蔵新城の灯台屋さんで開催された火星ワークショップに参加してきました。ワークショップ参加は去年の夏、蟹座〜獅子座火星の回以来なので、ほぼ半年ぶりになりますね。

               

               

              火星ワークショップは、nicolabの主宰者、nicoさんと火星チームのみなさんによる、「火星ワークシート」を使いながら目標を立てたり自分の行動パターンを振り返ったりして、火星の2年サイクルを体感していこうという火星プロジェクトの一環です(とわたしは理解してます・汗

              現在、天空の火星は射手座を運行中。このあと、山羊座、水瓶座、ちょっと戻ってまた山羊座、順行してもういちど水瓶座、魚座の順に移っていって、ちょうど年の変わり目に牡羊座に入り、新しい2年のサイクルが始まります。

              「火星ワークシート」はこちらから購入できます。2018年いっぱい使えますよ!https://nicoplanet.thebase.in/

               

               

               

              半年間、片ときも火星のことを忘れず燃えたたせていましたと言えれば美しいのですけれど、そんなふうには行かなくて。

              獅子座に入ってから、春に自分で企てた火星のプロジェクト(3個あった)のほうは停滞気味になっていました。その理由の一部はほんとうに自分由来?のことで。

               

               

              ひとつは、わたしのネイタル(出生時ホロスコープ)の火星の配置です。出生の火星は乙女座にあり、天空の火星も乙女座に来るときは、個人的に火星回帰の時期。自分の2年の火星サイクルが一巡するわけです。ここで、どうしても新しいテーマに出会ってしまう。古いほうのテーマは刷新されるところがある。捨てざるを得ないものも出てくる。

              新しいテーマは、昨年春の火星牡羊座入りのときの目標や心境と、同じ人間だから響き合ってはいるものの、やや位相がずれているというか。ちょっとしたギャップがあるわけですね。

              それが現象化可視化されて戸惑うことショックなこともありました。

               

               

              もうひとつも個人の時期的なことで。自分のネイタルのアセンダント(出生時に東の空を昇ってくる星座)は水瓶座なんですね。そうすると、水瓶座に180度正対する獅子座〜乙女座を火星が運行するときは、どうしても、自分の反対側(相手とか向き合う世界とか対象とか)の勢いが優位に感じられて、自分がしょぼんとしがちで。

               

               

              そんなふたつの個人的要因と、蠍期には天空の火星が水の星座(蟹、蠍、魚)に滞在するときにやっちゃいがちな「自分ダメ」モードというのも手伝って。

              火星のことを考えるには考えていたけれど、なかなかポジティブになりきれずにいたのでした。

              とりわけ、蠍座の最後の頃に痛い目に遭ったりして(涙)。

               

               

              そんななかでもなんとか立て直さなきゃと、目に見える小さなことをコツコツ始めながら(山羊座土星ですもん)、ちっちゃくはないことをまたまたぼわーんと夢見始めたのが、射手座火星の始まりの頃(天空の火星が射手座を運行するのは、1月26日〜3月18日まで)。

              今度は天秤座〜蠍座の学びもあって、一人でやってもたかが知れてるんだから、迷惑かけても協力者を見つけて巻き込もうと、開き直りの気持ちも生まれてきていました。(スミマセン)

               

              その頃、2月3日、立春の前に火星WSがあるとの告知を見たのですが。そういえば火星ワークシートしばらく手をつけてないや、白紙だなあと思うと、なかなか参加申し込みもできずにいたんですね。

              ところが、たまたま先日の月蝕でえいやっと手放せたものがあったので、もう手の中に何にもないわ、手ぶらで参加するわー的な居直り感で参加申し込みしたのでした。(これまたスミマセン)

               

               

              で、出かけてみますと。

              nico先生のいつもの熱意のこもったレクチャーには元気づけられましたし、火星ワークシートのスタッフの方々(灯台屋の丸岡さん、みねんこさん、つびーさん)はいつも通りに温かく迎えてくださって…。ありがとうございます!!

               

               

              天秤〜蠍の落ち込みで出会ったのは、等身大の自分なんですよ、というお話があって。

              なんだかほんとに腑に落ちました。現実に目が開く、というんでしょうかね。

              何しろ射手座に3個人天体、足元見ないで自分にどでかい理想を押しつける(押しつけるだけでなくちゃっかり自分でも信じ込む)配置の生まれなので、己を知るということがありません笑。(いつもスミマセン)

               

               

              でも、いまのわたしに使える部品は、この地べたにぺちょっと平たくなった自分というやつしかないんですよね。その「がっかり感」がわたしを失速させてたのだなーということもわかりました。

               

               

              そんなこと言ってても、射手座火星期。

              バカになって、ムリして、自分の可能性の幅を広げましょう、という時期ではあるのです。

              そのように言われると、ああ、お願いです力を貸してくださいと協力を仰いで、もう一度風呂敷広げてみようとちまちまやっていたことも、ちゃんとその流れに沿っているではないですか!

              というわけで、WS最後のシェアリングの時間に、それまでは「山羊座土星だし、ちゃーんと形ができたらみなさまにお知らせしよう」って思っていた、生まれたて、というか再生したばかりのワタクシ火星プロジェクトのフライイング告知をしてしまったのでした<射手座バカw

              (その件については、また後日このブログにて改めてお知らせしますね!)

               

               

               

               

              火星シート&現在ひそかに温め中&水面下で進行中の企画でお力を貸してくださるナムーラミチヨさんのイラストと詩をチラ見せ。

               

              (そんざいするとは ばをえるということであり、ばをえるということは ときをえるということであり、いきてそんざいすることのいみは かたりあえることにある ナムーラミチヨ)

               

               

              蠍座で落ち込み濡れそぼっていた火星が、再び、というか何度目だ?、立ち上がって、等身大の自分に見合った目標を立ててまた歩き出しているようです。あ〜死んでなかったよ火星。火は消えてなかった。よかったね。という気持ちでいっぱいです。

              参加してよかった!と心から思えた、湿った火星に火をつけて背中を押してくれた射手座火星ワークショップですが。

              今回はなんと! 初の試みとしてリアルタイム動画配信されていました。

              そして、なななんと! 見逃した方も、来週12日まで →2月いっぱいまで延長されました!(2月9日追記)は申し込めば動画で視聴できます(有料です)。もしもご興味あれば、リンク先からお申し込みできますよ。

              https://nicoplanet.thebase.in/items/9798815

               

               

              ご購入前にこちらもご覧いただくと、よりよくおわかりになるかと。

              みねんこさんのブログ。

              http://nonakaba.jugem.jp/?eid=577

               

              nicoさんのブログ。

              http://nicosmic21.blog.fc2.com/blog-entry-1462.html

               

               

              11ヵ月前に藤井まほが火星ワークについて考えたこと(3月6日の記事)

              http://majomaho.jugem.jp/?eid=297

               

               

              あ!それから、最後になってしまったのですが、冒頭の写真はこのワークショップが行われた武蔵新城の灯台屋さんのファサードです。

              店主である丸岡さんのセッションや占いレッスンをはじめ、さまざまな方による坐禅会、読書会、タロット、オーラソーマや数秘のリーディング、今回のような心理占星術ワークショップといったメニューが日替わりで開催されている、アットホームスペースです。

              わたしもよくお世話になっているのですが、なんていうか、落ち着く空間なんですよね。

              お近くの方、まずは灯台屋さんのツイッターをフォローしてどんなところか、気になるメニューがあるかチェックしてみるといいと思います。素敵な何か/誰かに出会える場所ですよ。

              https://twitter.com/todaiya_m

               

               

              それから、2月の木曜喫茶室@東神田は2月22日、にゃんにゃんにゃんの、猫の日となりました。時間帯はいつもと同じ15時〜18時。こちらもまた改めてお知らせいたします♪

              2017.10.31 Tuesday

              火曜日は火星の日なのでsomething red

              0

                 

                みなさんは予定を立てたりスケジュールを切ったりするの、得意ですか? わたしは苦手です><

                コツコツと積み上げてリアルな実体を作り上げていくのに適性があるのは地のエレメント(牡牛、乙女、山羊の3サイン)、計画したりスケジュールを切ったりするのは土星です。土星が支配する山羊座と(古典占星術では)水瓶座は、大きな枠組みのなかでものごとを考えるのが得意。

                出生時のホロスコープの、どのサイン(星座)にどんな天体があるのかで、考え方の特徴や、行動パターンなども読めるんですね。

                 

                 

                さて。わたしは予定を立てるのも、スケジュールを切るのも苦手と書きました。20代の頃からずっとフリーで仕事をしているのも、ひとつはそのせいじゃないかと思います(といっても原稿の締切はちゃんと守れるので、そういう意味でのスケジューリングは結果的にはできているのかも)。

                フリーのライターをやっていると、現場仕事(打ち合わせと取材や撮影ですね)以外は、全部フリータイムです(笑)。だから、毎朝、夏休みの子どもみたいに「今日は何しよっかな〜」と考えて、その日にすることを決めるところがあって。その中での優先順位はもちろんありますし、複数の案件に追われているときはそれどころじゃなくただひたすらに追われてますが(笑)。

                 

                 

                ところが今年、これではいけないと思ったんですね。めずらしく。ひょっとしたら人生で初めてだったかも。

                そんなふうに思ったのは、「火星ワークシート」を使うにあたって自分の過去2年を振り返ったのがきっかけでした。

                火星ワークシートは、西洋占星術のひとくくりである12星座を火星が一周する「2年サイクル」で自分の行動を考えよう、計画を立ててみよう、というプロジェクトのためのツールです。

                ちょっと乱暴ないい方をすると、火星というのは「行動とその原動力となるやる気などのエネルギー」を司る天体です。

                それで、次の2年のことを考える前に過去2年を「行動とやる気」をテーマに振り返ってみたところ。

                 

                 

                飽きっぽくてすぐに何でもやりかけては次に目移りしてしまうわたしなのに、年単位で継続できていたことがあったと判明したのです。

                日々やっていることとしては、毎晩、その翌日を読むためにタロットを引いて書く日記と、Instagramに毎日最低1枚は写真を投稿すること。

                そして毎週で続けていることは、週1回のスクラブ洗顔@佐伯チズ式(笑)と、体重体脂肪率などの計測。これは曜日を決めてやっています(気がついたらこっちは数年続けてるわ〜)。

                フリーランスというその日暮らしなので年間計画とか月間計画とはなじまない生活なのですが、占星術を勉強し始めてからは少しずつ変わってきたような気がします(そういう意味でも占星術、使えます!)。そして、振り返ってみたら毎日することや週イチと決めてやることはできるんだなということがわかって(この年齢でわかるなんて相当遅いですよね)。

                 

                 

                それで、週イチですることを曜日ごとに決めてみたら、わたしのような人間にはいいんじゃないかなーと思って、ざっくりとだけ決めてみました。

                ざっくりと、にしているのは、体調を崩したり、どかっと複数の仕事が集中してしまったときにはできなくなるし、目先の締切や現場仕事が一番大切なので、それを損なわない程度のゆるい目標値として、という意味です(←要するにいい加減な性格なのです笑)。

                その日にしなければならない仕事が見つからなければ、このテーマに沿ってやることを見つける/思い出して手をつけてみようという程度です。

                 

                 

                月曜日→月は日常生活を表すので、家事。やり損ねていた片付けや掃除や気になっていた繕い物なんかもしてみたらどうか。

                火曜日→火を使う料理。料理は仕事としても自分たちのためにもほぼ毎日するけれど、火曜には販売する保存食(ジャムなど)をつくってみたらどうか。

                水曜日→水星はコミュニケーションなので、原稿書きと読書。

                木曜日→木星はジュピター。いちばん偉い神さまなので、ここは決めません。

                金曜日→金星は楽しみごとなので、楽しいことをしてもいいけど、将来楽しいことをするために経費の精算とか請求書書くとか帳簿付けとか面倒なこともしましょう。

                 

                 

                わたしのような仕事の場合、土/日は比較的仕事が入りやすいので、決めていません。ゆるいでしょ?(笑)

                で、このゆるい規則を頭の隅に置いておくと、「今日は何しよっかな〜」の答えがすぐに出る。曜日で決めたことをするか、そうじゃなくて目先の大事なことをするか、どっちもやらないで好きに過ごすか、決められるわけです。<ほんとにゆるいなww

                そして、ジュピターの日、射手座の支配星木星の日には月イチで木曜喫茶室を始めてみたわけです。それが、つい先月の話。

                 

                 

                そんなわけで、自分は生まれつき予定や計画についてはダメダメなやつだと思ってたけど、少なくとも、曜日で決めて何かをするのはそこそこできる、ちょっとはえらいやつなんやなって思ってたところに、「火曜は火星の日だから、赤いものを身につけよう。赤を見て火星を意識しましょう」という火星ワークチームさんからの情報が入ってきました。

                というわけで、今日はこれ。

                 

                 

                伝統的に、赤は火星の色と言われてきました。

                昨日、東京では木枯らし1号が吹いてすっかり空気が冷えてしまったので、そろそろ冬の装いですね。ずいぶん前、チチカカで買ったアルパカ/モヘアの赤いプチマフラーに、ターコイズのブローチを着けて出かけることにしました。

                ツイッターの、ハッシュタグあります。みなさんも、火星の赤、気にしてみるといいかもしれませんよ♪ 火曜に赤い色を見て行動力に火をつけましょう。

                 

                #火曜日は火星の日 #火曜火星の赤

                 

                火星ワーク関連の過去記事はこちら。

                http://majomaho.jugem.jp/?eid=297

                http://majomaho.jugem.jp/?eid=304

                http://majomaho.jugem.jp/?eid=320

                http://majomaho.jugem.jp/?eid=325

                 

                **

                 

                藤井まほの木曜喫茶室についてはこちらをご参照ください。

                来月の木曜喫茶室は11月9日です

                http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

                 

                木曜喫茶室カテゴリ全記事

                http://majomaho.jugem.jp/?cid=24

                 

                 

                2017.06.22 Thursday

                蟹座火星太陽水星に思うこと。

                0

                   

                  どうも外からはそう見えないらしいのですが、わたしは気が弱いし未熟者なので「ひょっとしてわたしは間違ったんじゃないだろうか?」と悩むことがよくあります。

                   

                   

                  (この悩みがひどくなると、「ひょっとして、今までのこと全部間違っちゃったんじゃないだろうか?」になっていたりします。

                  ご参考までに書いておくと、「今までのこと全部」というのは必ず妄想です(笑)。1コずつ確認していけばわかることです。でも弱っているときは、1コずつ確認する元気がないのでうっかり「全部」ってくくって片付けたいと思いがち。そういうときは、今自分は弱ってるので、1コずつ確認できる体力がつくまでは「全部間違ってるかどうか」という問いは棚上げにしようねって切り替えましょう)

                   

                   

                  トランジットの火星が蟹座を運行中です。双子座でわいわいきゃーきゃーいろんな情報や意見が集まってきて、なんだか盛りだくさんでスゴイやって思ってたら蟹座という水のエレメントの「洗礼」なのか、いきなり冷や水を浴びせられてしょぼーんと濡れそぼってしまった火星プロジェクトもあるかもしれません。

                  牡羊座に入った1月末から始まった火星の旅、蟹座の次の獅子座(火のエレメントですね)に入って再びぼーぼー燃えさかる前に、外側から見るとちょっとした停滞期のようなところに入っていてもおかしくありません。

                  蟹座は最初の牡羊座から数えて4番目の星座。ちょっとした「休憩・休息」をとったり、前と同じことをして安心感を得たり、自分の落ち着くところを探ったり、という側面もあります。

                   

                   

                  「ひょっとして間違ったんじゃないだろうか」という不安は、最初にプロジェクトが孕まれたときに想定していた軌道に、自分はちゃんと乗っているんだろうか?と思ったときから始まります。

                  でも、想定していた軌道って、要するに想定に過ぎません(笑)。

                  大事なのは、最初に孕まれたときの「これをやりたいんじゃーっ」という思いだったことを、もう一度思い出すべきときなのかも。

                  冷静に振り返ってみてもどうやら間違えたようだと思ったら、ちょっと休んで軌道修正を図るのもひとつの手です。

                  反対に、想定した軌道のほうが間違ってて、目標のためには今の自分のいるところでOKと思えるかもしれません。

                   

                   

                  蟹座は活動宮なので、休みが必要でも先を急ぎたい、結果を出したい、という焦りを抱きがちな時期です。そうやって心の落ち着きどころや安心を得たいと思ってしまうのです。

                  それはそれで仕方のないことなのですが、そういうときに大事なのは焦っている自分を落ち着かせることのほうではないかと、蟹座に月のあるわたしはつねづね痛感します。

                  落ち着きを得たいから行動するのに、行動している限り落ち着きが得られない、というのがハマりやすい穴なのです(涙)

                  焦っている自分に気がついたら、「休んでもいいよ、次のリスタートまでの間なら」と自分に声をかけられるといいですね。

                   

                   

                  間違ったんじゃないかと不安に思っていたときに、しげしげ眺めていたのは写真の水晶で。

                  触りながらふと思ったのは、「ああ、間違いなんかないんだ」ということでした。しでかしたことを、「間違い」にしたいのは、自分なんですよね。

                  だから、「なーんだ、間違ってなかったじゃん」と思うのも自分の力でできることなのです。

                  大きな結晶と小さな結晶が90度の角度をなしていて、横槍を入れる角度です。たとえば牡羊座と蟹座。

                  でも、ホロスコープの12星座はぐるっと円をなしていて、横槍が入りながらも円を描いていく軌道があると考えることができます。

                  立ち止まること、不安に思うこと、疑問、悩み、休息。過去の失敗?を反省したり後悔したりすることもすべて、次のためにある。

                  蟹座の火星で最も強いのは防衛する力です。初期の目的といういちばん守るべきところを守るのに使いたいですね。そのために、自分が一番大切にしたいものは何なのか、もういちど考えてみませんか?

                   

                   

                  昨日は夏至で、太陽と水星が蟹座に入りました。これで、火星、太陽、水星という3天体がしばらく蟹座に滞在し、水のエレメントが優勢になります。

                  火星は、今年1月末に牡羊座に入って以来ずっと、太陽よりも一足先に次の星座に入るという動きでしたが、ついに獅子座の時期に太陽と火星が重なります(2017年7月27日)。それ以降、太陽は火星を追い抜いて毎月1星座ずつという着実なスピードで進み始め、火星は2018年の前半まではマイペースで進んでいきます。

                  このアスペクトも含め、獅子座の季節は動きがあったり物事が定着したりする可能性が高いので、蟹座の時期には無理をせず自分の気持ちや相手の気持ちを上手にケアしながら過ごしたいですね。

                   

                  **

                   

                  金星が牡牛座に滞在する7月5日いっぱいまで、鑑定ご依頼の方に牡牛座金星アロマミスト「受け取っています、ありがとうミスト」ミニサイズをおまけとしておつけします。対面鑑定の場合はその場にお持ちしますが、メールやスカイプの鑑定をご依頼の方は忘れずご住所もお知らせくださいね。定形外郵便で発送いたします。カスタムミストご依頼の方には同梱でお送りいたします。

                  メニューやご依頼方法は、プロフィールページをご覧くださいね。http://majomaho.jugem.jp/?pid=01

                  2017.02.02 Thursday

                  魚座から牡羊座へ

                  0

                    いつもアクセスありがとうございます、藤井まほです。

                    現在太陽が運行している水瓶座の話をしたいと思っていたのですが、先日の新月読みに書いたように、新月の起こった1月28日に、火星は牡羊座に入ったのですね。

                    そのことを、いろいろな方が書いていらして興味深く読んだこともあって、今日は天体が魚座から牡羊座に移るときのことを書こうと思います。

                     

                     

                    冒頭の写真は、今日の分として引いた2枚です。「II The HIGH PRIESTESS 女教皇」と「XVII The STAR 星」(タロットはご存じ「青い鳥のタロット」)。

                    西洋占星術に詳しい方ならご存じと思いますが、12星座は牡羊座で始まり魚座で終わります。

                    たとえば、太陽が魚座から牡羊座に入るのが春分の日、西洋占星術の元日のようなものです。

                    一方、火星は約2年かけて12星座を一巡するのですが、その始まりである牡羊座にいるときがいちばんゴキゲンと言われています(蠍座にいるときも)。

                    1月28日は、火星が2年かけて元気の出る自分の場所に戻ってきためでたい日ということで、一つの節目であり、新しい2年サイクルの始まりでもあったわけです。

                     

                     

                    それまで火星は魚座を運行していました。総仕上げであり大エンディングであった。魚座の終わりはひとつの死であり、牡羊座の始まりが誕生だとされます。

                    火星はエネルギーの星ですから、それが本来ゴキゲンでいられる牡羊座に入って「わーい」となるのは当然なのですが。

                    今回、わたしはなんとなくその「わーい」になじめない感じがありました。

                    占い師ですから、「エネルギーの星が元気になれる場所に戻りました! この配置を上手に使って、云々」というようなことを言うのが仕事なんですが。いまいちその流れに乗りきれなくて。

                    (現在天空の土星がわたしの出生図の射手座水星=思考とコミュニケーションの星にプレッシャーをかけてきてめずらしく慎重になっているという個人的な事情もあります・汗)

                     

                     

                    それが、今日のタロット2枚に出ているなと思ったので、そのことを書いてみようと思ったのです。

                    魚座の終わりで1回死んで、牡羊座で誕生するということは、言うまでもなくこれは「生まれ変わり」であり「生まれ直し」です。人魚に足が生えちゃったり、足がなくなって人魚に戻ったりする、そういう感じ。

                    だから、おぎゃー生まれたバンザーイ、というふうに行かないこともあって。何しろ、大抵の生まれ変わりや生まれ直しでは、それまでのことを全部忘れてしまい、それまでのつながりをみんな失ってしまうのですから。

                    後ろが何もないから、前のめりに次のステージに入っていく、その前のめりの部分に光を当てればそれは牡羊座らしいスピード感や勢いです。

                    でも、半面、後ろに何もないというちょん切れ方に光を当てれば、ちょっと心許ない感じもあります。「ここはどこ?わたしは誰?」というような。

                     

                     

                    そこを経て、牡羊座に入ってそろそろ1週間になろうという火星。とりあえずこの世界になじんできたところです。

                    女教皇は、後ろがちょん切れたあなたも、実は大いなる流れに浮かぶ1枚の木の葉なんですよ、豊かな知恵はその流れの中にあるのだから読みなさいと教えている。

                    星は、衣を脱いで、遠い高みから降り注いできたこと、全身で感じたものを伝えなさい、と言っている。

                    ――ように、わたしには読めました。

                     

                     

                    星のエネルギーや配置を、ひとつのスイッチとして上手に生かしましょう、ということももちろん大事なのですけれど。

                    たとえば、天体が魚座から牡羊座に入ったときに……。

                    あれ、後ろが何もないな、いやーん、でもしょうがないからとりあえず前を向いていくしかないな(だけど前ってどっちよ?)エトセトラと感じることがそのベースにあってこそなんだなという気がしたのでした。

                     

                     

                    こういうの、占い師の文章としては、あんまりお役に立てなくて申し訳ないんですけれども(笑)。

                    今後、こうした役に立たないことも少しずつ書いていこうかなと思っているところです。おつきあいいただければ幸いです。

                    Profile
                                
                    Calendar
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    252627282930 
                    << November 2018 >>
                    Selected Entries
                                
                    Categories
                    Recent Comment
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    はらいそ
                    はらいそ (JUGEMレビュー »)
                    細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    幻視と瞑想のガムラン
                    幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
                    民族音楽,ティルタ・サリ
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Recommend
                    Links
                    Search this site.
                                
                    Archives
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM
                                             
                    PR