2019.07.16 Tuesday

7月17日朝、山羊座で満月・部分月蝕です

0

    先日お目にかかった方がお話の中でしきりと言われていたのは「自分の本心に従って生きたい」ということでした。

    星の鑑定ではなく、メディアから請け負った取材だったのですが。

    お話を伺っていて、彼女にはひょっとしたら2週間前の蟹座日蝕の影響も大きかったのかなと思いました。そのタイミングで再出発を促すメッセージを受け取られたようですね。

    このところ、そんなお話をよく聞きます。

     

     

    東京では明日の午前6時38分ごろ山羊座で満月です、今回は部分月蝕となります。

    蝕は普段の新月満月よりもすこし大きな変化を伴うことが多いんですよね。

    寝耳に水、という場合も、どこかで予感していたことがやっぱり起こった、という場合もあるでしょう。

     

     

    明日朝の月蝕は、冒頭の方のことばを借りれば「本心」が見えるタイミングとなりそうです。見える。というよりはどうしても目に入ってきてしまう、無理やり意識させられることになるのかも。

    今日からしばらくはそんなことが続くかもしれません。それは嬉しいことかもしれないし、思いがけないことかもしれないし、パニックになるようなことかも。

    ただ一つ言えるのは、そのとき見えた本心もまた自分である、そのような思いや考えが(意外かもしれないけれど)自分のなかにあったんだ、ということでしょう。

     

     

    満月/月蝕となる山羊座の月は6ハウスにあって、ある意味我慢を強いられているのですが、12ハウスの隠された部屋から射す太陽の光に照らされています。

    環境に縛られてしかわたしたちは生きることができなくて、その重力の感覚はときどきつらいけれども、その感覚によって生きていることを実感できるところもある。

    月蝕の影は、わたしたちの暮らす地球の影なんですよね。月に映る影を通して、わたしたちは普段重力に縛られていて見ることのない地球の姿をちらりと見ることができるわけです。

    それが、いまの「本心」かな。

    いつもはなかなか見えない自分の「本心」の姿がちらりと目に入ったら、どんな気持ちになるでしょうか。

     

     

    満月と太陽には魚座の海王星がやさしい角度なので、このところ頑張りすぎている方は、少し自分をゆるめることもしてみてね。お風呂かお酒か音楽か……。アロマならばネロリ。あとは眠りがお薬になるはずです。忙しすぎてもう横になるなりバタンキューだよという方は、ピロケースやシーツなどを取り替えてみるといいかもしれません(^^)

     

     

    (写真は山羊座満月/月蝕のオーガニックグリッド。16日夜、満月時刻前に撮った写真を掲載していましたが、17日午前、自然光で撮ったものに差し替えました)

    2019.07.08 Monday

    7月3日蟹座新月・日蝕の印象と7月8日からの水星逆行のお話

    0

      わたしは占星術の人なので、星を読んで先を読むことが仕事です。

      簡単に言うと、天空の星の動きと、地上で起こっていることや人の心の中で起こっていることとを結びつけて考えるわけです。

      でも、家族や友人、周囲の人たちが、そのとき何を考えているか、どんなことに遭遇しているか、ということを先に聞いたり知ったりして、そこから、あとづけで星の動きを見てみるのも大好きなのです。

      あ〜、星の動きでは、このように表現されているんだな。という感慨は、「日本語ではこういうふうに表現するのが、○○語ではこうなんだな!」という発見に似ているんですね。

       

       

      先日の新月/日蝕のあと、いくつかの報告が寄せられました。音信不通だった人から連絡が来たり、頑張ってきたけどどうにも我慢できなくて恋人とお別れしたり……。たとえばこのふたつだとほとんど正反対のことが起こっているようなのですが、共通点もあるような。

      お話を伺っていると、今回の新月/日蝕は「詰まっていたものが通った」印象がありました。

       

       

      日蝕や月蝕はほぼ半年周期で起こります。前回の日蝕は1月6日、山羊座で起こりました。山羊座は、社会や組織、システムの目的を推進するために持てる力を注ぐところがあるサインです。今回の日蝕が起こったのはちょうど180度で向かい合う蟹座。家庭や家族、プライベートな領域あるいは心の奥底のにあるよりどころとするものを象徴します。

      これまでの半年間は、外側の目的を遂行するために、自分の奥深くにある何かを見ないようにしていたのかもしれません。あるいは、見てはいたけれど、脇に置いていたとか。そうしないとどうにも進まないところがあったからです。

       

       

      7月の蟹座の新月/日蝕では、脇に置いていた本心に立ち返るようなことが起こった方もあったのでしょう。

      6月17日の射手座満月〜6月22日の夏至〜火星の獅子座入りと続けざまに変化を促す流れが来ていたこともあって、急な鑑定のご依頼を受けたりもしました。

      何かのために抑えていたほんとうの気持ちをもう一度確認してしまったとき、人はもう動かずにはいられない。それが、「詰まっていたものが通った」形になったのではないでしょうか。

      みなさんはいかがでしたか?

       

       

      さて、おなじみの水星逆行、今日7月8日からです。今回は獅子座の初期度数から逆行を始め、蟹座に再突入していきます。

      「自分らしさの表現」と思っていたやり方に疑問が湧いて、「気持ちの伝え方」から立て直す、という感じでしょうか。

      天体の逆行期は「やり直し」「見直し」期間。忘れ物を取りに引き返したり、期限が来ちゃって出せなかった宿題の提出期限が(ありがたくも)延びたり、ちょっと懐古的な気分に浸ったりする時期。

      水星逆行期はスケジュールや交通機関、通信などに影響が出やすいので、余裕を持って、カリカリしないでいるのが吉ですね。また、PCやスマホなどはまめにバックアップを取ることをオススメします。調子が悪いなと思ったら早めのメンテナンスや手当を!

       

       

      せっかく詰まっていたのが通ってスッキリしたのに、またもやちょっと振り返りのシーズンでやり直し見直しがあるかもしれません。今回の水星逆行は8月1日まで。逆行が始まる7月8日から2日くらいと、終わる8月1日の前後4日間くらいはガタピシしやすいのでご注意を。心にゆとりを持って過ごしましょうね。

       

       

      ◎4つのエレメントを語るお茶会=★、先週7月6日無事に終了いたしました。参加してくださった方ありがとうございました♪

      今回は少人数制になったので、個人鑑定も加味しつつみっちり学んでいただきました。チェリークラフティ、おいしいと言っていただいて嬉しかったです♪

       

       

      ◎火星サイクル手帳についてニコプラネットのみなさんに取材していただきました=わたしの火星サイクル手帳★

        火星ワークについてのnoteはこちら=わたしの火星ワーク★

       

      2019.07.03 Wednesday

      7月3日、蟹座新月・日蝕のオーガニックグリッド

      0

        蟹座は真珠を支配するので、祖母の真珠のリングも入れてみました。女性に限定するのではなくすべての存在の中にある女性性を賛美し、そのサポートを願うグリッド。
        蟹座とか月というと必ず母性で、リリスや金星などと別っことされますけれど。あんまり細かく分けるのもどうなのと射手座木星と魚座海王星が言ってます。乙女座に何か天体が入るまではあまり細かく言わんとこ。
        今日はグリッドだけお見せして、この頃の天体模様についてはまた近々書くつもりです。日蝕、ちょっとがたがたしがちです。昨日、火星は獅子座に入り、来週からは水星も逆行し始めます。パニックに陥りそうになったら、手を胸に当てて自分を落ち着かせて、深呼吸しましょうね♪
        2019.06.23 Sunday

        7月蟹座の季節(6月22日夏至図をチラ読み)

        0

           

          昨日、6月22日は夏至でしたね。あちこちで夏至にまつわる素敵なイベントがあって心惹かれたのですが、そういうときだからなのか、主にパーティ料理をお届けしている別業のほうもご注文が重なってしまって夏至を感じている余裕がありませんでした。まあでもそんなふうにして忙しく時を過ごすのも、悪いことじゃありませんけどね。

           

           

          一夜明けようやく夏至の図を見ています。東京で作った夏至図のアセンダントは牡羊座。ルーラーの火星は水星とコンジャンクションして4ハウスの頭、蟹座にあり、山羊座の冥王星と向き合っています。

          居心地がよい場所、自分が属しているところ、そこから何かを外に出していく、表明していく、というベクトルと、社会からの要請に対して(あるところで「しゃーないな」と諦めながらも)気持ちを注いで応えていこう、というベクトルのふたつが目立っています。

           

           

          春分、夏至、秋分、冬至……これらは太陽が活動宮に入るタイミングです。夏至は、太陽の蟹座入り。(どうでもいいけど「○○座入り」って書くたびに「土俵入り」と声なきこだまが聞こえてしまうのはわたしだけでしょうか)

           

           

          夏至図。ここから次の秋分までの期間を読むことができます。

          セクスタイルが多めなので、何かしら動きがあります。

          このところずっとノーアスペクトだった牡牛座天王星に対しても、夏至で蟹座に入った太陽がセクスタイルを組んでゆく。牡牛の天王星、何かを変えたい変わりたいと思いながらも発散する術を持たずに、自分のなかでぎりぎりと歯がみしていたような気がしていたとしたら、この夏至の頃を境にやり方が見えてくるのではないかと思います。

          キーとなるのは、自分の気持ちを確かめること。野心とか展望とかよりも、自分の気持ち。個人的な、内側の、大事にしていること。人には敢えてさらけ出したくないような弱々しい自分の声に、耳を傾けてみてください。

          牡牛の天王星は「『持ち物』を変えたい」。断捨離、ワークアウトやジム通い、ダイエットなどを始めるのにもいいですね。体や健康にまつわる悪習を絶つのにも使えるし、客観的に自分を知るために専門家に相談してみてもいいかもしれません。

          蟹座太陽と牡牛座天王星は、気持ちから立ち上げた目標を身体や身の回りの現実に落とし込むセクスタイル、と言えるでしょうか。太陽と天王星がきっちり60度を組むのは6月28日です。

           

           

          毎年この時期は、近い天体が蟹座に入ったり通過したりと蟹座が賑やかになる季節。蟹座は情で価値判断をする傾向のある水エレメントのサイン。この時期はともすればエモくなりがちな季節でもあり、心が揺さぶられることも少なくありません。

          蟹座の支配星は月。新月から満月へ、そしてまた新月へ。毎日その相(見え方)が変わります。そのことで、月ってブレブレですね、ということもできるけれど、その移り変わるという本質がブレていないと言うこともできるんですよ! それに、揺さぶられることで見えなかった本当が見えてくる場合もあるのです。

          うまいことこの性質を使えたらいいですよね。

           

           

          7月4日には金星が蟹座に入り、9日に天王星とセクスタイルを組むので、気持ちを探って確認するモードはさらに強まり、自分をより肯定できたり自分の目標を好ましく感じることができるでしょう。

          7月8日から逆行する水星が19日から蟹座に戻るので、さらに蟹座の季節は続きます。そんなことはまた次の機会に書けたらと思います。

           

           

          さて。最後にお知らせです。

          7月6日午後、4つのエレメントを語るお茶会をいつもの東神田の部屋で開催します(そのため、7月の木曜喫茶室はおやすみいたします)。

          久しぶりの休日開催となります、詳しくは次の記事でお知らせしますね。

           

           

          VOGUE WEB【真夜中の占いの館】ほぼ毎週火曜日更新です(取材構成を担当しております)=★ 

          2019.06.17 Monday

          6月17日射手座満月のオーガニックグリッド

          0

            今日、6月17日17時30分頃、射手座で満月です。東京の満月図ではアセンダントも射手座、自分を象徴する1ハウスに木星と満月。木星は射手座を支配しますから、何というか、射手射手な、満月。ここではないところへの遠い旅。あるいはそのはるかな地点を見つめるまなざし。

            この射手座の月が、反対側の7ハウスにある双子座の太陽ときっかり180度で向かい合うのが満月という配置です。

             

             

            前回の双子座新月の記事=

             

             

            木星は育てる力。月は母を象徴することもあるけれどここではどちらかというと「育てられる」ほうの存在。というわけで、この満月は自分育てに使えます。ただし、自分を育てつつ、自分に育てられる、という双方向的な。双子座も射手座もダブルボディ星座ですしね。

            木星が育てるというと「いいねいいね」と褒めて育てるイメージが強いのですが、本気で美しく育てるには枝を剪定したり、大きな果実を楽しみたいなら育てる花芽を摘んで実の数を限定するといった作業も必要なはず。全部「いいね」のわけがありません。

            こんなときに大切なのはヴィジョンを持つことではないかと思いました。どんな木に育てたいのか、どんな木に育ちたいのか。枝振りを愛でたいのか花を愛でたいのか果実を味わいたいのか。森にしたいのか。その未来図を、どうか心に描いてください。

             

             

            先ほどリンクした前の双子座新月の記事では、ちらっと7月3日の蟹座新月=日蝕についても触れました。

            来月の新月=日蝕は、前回の山羊座日蝕(1月6日)からの半年間にやってきたことをリフレッシュして、新しい流れのなかで目覚めるタイミングです。リフレッシュと言っても、過去の蓄積は残ります。ただ、日蝕でいったんリフレッシュしていこうと自覚的であるほうがさらに先へと進めるでしょう。

             

             

            今日の射手座満月からの半月は、そのポイント切り替えに向けての調整期間です。でも、満月には90度でもやもやした魚座の海王星がかかっているので、本当にぼやけやすいんです。

            ヴィジョン、未来図をくっきり描ける方のほうが少ないかもしれませんね。理想がややふくらみすぎるのは2019年に入った頃からの長いトレンドです。ふくらんでしまっても調整していこうというのが今回の満月のひとつのテーマのようです。ちょっとがっかりなこと、力を失わせるようなこともあるかもしれません。

             

             

            目標とするところに向けて必要なくなったものを見極め、切り捨てる一方で、目標や理想、ヴィジョンそのものを信じ続けることも大切です。

            いまは山羊座の土星と冥王星が蟹座の水星火星と向き合って、社会のシステムや現実の流れと周囲の人々の渦巻くやる気や思惑が対立したり、一見対立しているようにも見えたりします。その緊張を、海王星の存在が調停してもいるのです。

            現実的な理想、というともうほとんど言語矛盾ですけれど、そんな難易度の高いピークをめざす動きもある。

            そんななかで自分を過度に甘やかさない、でも育てる出費は惜しまない、自分を過小評価しない……、そして、自分の夢や理想や、こうなりたいというヴィジョン、自分をこう育てたいという姿を、自分だけは見失うことはないと信じる。

            霧やもやがかかっても、いつかは晴れるから大丈夫です。

             

             

            射手座満月のオーガニックグリッドは少しやさしめな色を入れています。双子座の太陽がよりクリアに輝くように、その太陽が射手座の月を眩しく照らし光らせるように。もう今週末は夏至なんです。暦の節目に向けて穏やかになれるといいですね。

            よい満月の夜をお過ごしください。いまは満月の近くに力強く光る木星も見えます。もしも晴れていたら夜空を眺めてみるのもいいですよ(^^)

            2019.06.03 Monday

            6月3日双子座新月のオーガニックグリッド

            0

              今日、6月3日19時過ぎに双子座で新月です。新月はホロスコープ上の「相手方」の部屋、7ハウスで起こります。

              「自分」側の1ハウスには射手座を逆行している木星があり、その木星が1ハウスを支配しているので、自分のイメージがずれやすいというか。それも自分に甘い方向に(よく言えば自分を肯定する方向で)大雑把になりやすい。ぼやかす天体海王星がスクエア(90度)をかけていて、さらにぼけぼけでふわーんと広がっている自己イメージ。

              それに対して新月が向かい側から、「一個ずつ切り分けて考えてちゃーんと言葉にしてね」と言ってきてます。

              1ハウスと7ハウス。わたしとあなた。これが新月のメッセージの大枠ではないかと思います。「あなた」はパートナーであり、取引先であり、お客さま。場合によっては係争中、テニスやバレーボールで言えば向かいのコートにいる相手。何か思い当たることがありますか?

               

               

              木星的に自分を肯定するの、全然悪くないです。ただ、そこに正面から突っ込みを入れてくるのが双子座新月、風のエレメントですから、いい悪いじゃなくて全部並列させてみて、ニュートラルな視点で客観的に眺めようね、という感じです。自分が悪いとか誰のせいとかではなくて。マルかバツかではなくて。それを見極め必要な手立てがあるならそれを講じていくところからこの新月のサイクルをスタートさせるとよさそうです。

               

               

              未知数なワイルドカードもあるのですが、対人関係、コミュニケーションは活発化する配置です。自分はそうでもなくても、ぐいぐい引っ張ったりわっしょい押してくれる力が働いて、気がついたら盛り上がってました、ということがあるかもしれません。巻き込まれ型、というのかな。

               

               

              新月のサビアンシンボルは「自分のピアノの前にいる偉大な音楽家」。生まれ持った才能、あるいは培ってきた技能を発揮するパフォーマンスの機会が待っています。最初から自分の全体像を評価しようとするのではなく、手持ちのパーツここにある材料をぱぱっと並べてみて、それらをうまく使ってどんなパフォーマンスができるか考えてみる。ステージがすべてではないので、それまでの過程も楽しみましょうね。

               

               

              この新月でスタートすることのピークは17日の射手座満月の頃にやってきます。満月は、自分を象徴する1ハウス、射手座木星の近くです。

              満月のときも引き続き自己イメージをほわんとさせちゃいそうな木星が目立ちます。

              相手方7ハウスの始まりには双子座金星、月の180度反対側には双子座太陽。やっぱり、「わたしとあなた」をテーマとする双子座からのメッセージが対岸からやってきます。パートナーシップ、お客さまとの関係。この先半月で、何か進めておけるといいですよね。

              また、この月のサイクルは双子座と射手座ですから、この先ひと月は学びとコミュニケーション、旅がキーになるでしょう。

               

               

              Twitterでも一言呟いたのですが、現在火星は蟹座でノーアスペクト。

              蟹座火星、防衛のための攻撃に転じやすい配置なので自分の怒りに気づいたら深呼吸しましょう。人のことは徒に刺激しない、防御的攻撃をもらっちゃわないように気をつけましょう。煮詰まっている自分に気づいたら、体を動かす、スポーツや格闘技観戦、好きなもの食べる、料理を楽しむ、気楽なお喋り、抱きしめる、泣きたいときは泣く、などで上手く発散させましょうね。

              ちょっとのスキマ時間に自分のペースで自分の好きなことするのがいいと思います。出かけたくないなら無理に出かけずおこもりするのもアリです。わたしがもし煮詰まったらたぶん包丁か肥後守を研ぎます(笑)。火星は刃物なので、刃物メンテナンスにエネルギーを費やすのです(刃物を使ったり研いだりするのが好きなのです)

               

               

              ちょっと先走りますが、来月7月3日に蟹座で起こる新月は日蝕となります(次回は自分を象徴する1ハウスで)。

              日蝕月蝕は通常の新月満月のように28日サイクルではなく、日蝕月蝕ごとの長いスパンで流れを区切っていくのですね。この前の日蝕はというと、今年の1月6日でした。

              この先1ヵ月はその長い半年スパンの一つの節目に向かっていきます。今年のお正月頃、どんなことを考えていましたか? 5ヵ月で自分なりに進めたところ、あったんじゃないでしょうか。この新月をきっかけに自分の来し方、成長ぶりも客観的に評価して、その上でいいところ、できたことは肯定できたらいいんじゃないかなと思います。

               

               

              今日の双子座新月のオーガニックグリッドは、双子座っぽい爽やかな色合いや透明感のある石、風のエレメントを象徴する羽根などで組んでみました。軽やかに過ごせますように。

               


              noteで火星のこと書き始めました→ 第1回

              2019.05.19 Sunday

              5月19日蠍座満月のオーガニックグリッド

              0

                5月19日、日本時間では早朝6時11分頃、蠍座で満月が起こります。今回の満月については5月5日の牡牛座新月からの流れで以前に書いたので、今日はコンパクトに書きますね。

                 

                 

                何か、自信になること、自分が自分を受け入れたり、肯定する支えとなるようなことが感じられてくるのではないかと思います。

                修行の日々はまだ続くのかもしれませんが、ここまでやってきたことが自分のなかで腑に落ちる感じ。それが、人によってはちゃんと形になるのかもしれません。でも、形にならなくても心配しなくていいのでは……?

                というようなことを耳元で囁いてくれる誰かがいます。それはあなたの身近な誰かかもしれないし、目に見えない天使かもしれません。あるいは、人を介さないでやってくる、ヒラメキのようなもの。あるいは、日常のなかで目にするいつもの風景が、いつもとは違う何かを教えてくれるのかも。

                 

                 

                聞こえてきたそのことば、目にした光を否定しないで。

                ちゃんと聴いて、明日からの「続き」に生かしましょう。小さな安心や、これでいいのだという満足や、喜びが、これからも続ける「やる気」につながります。

                 

                 

                いまは「怒り」を自分のうちに溜めやすい時期。でも、「怒り」も肯定的な形で見直せば前に進むエネルギーに変換できます。

                もしも怒りを抱えているなら、「なぜ、わたしはこんなに怒っているのかな?」「自分の怒りの底に隠されている感情は何?」と自分に問いかけてみましょう。もしかしたらそれは本当は怒りではなくて、悲しみや淋しさや愛かもしれないので。

                 

                 

                短時間でいいのでスマホの通知を切って、ちょっとだけ独りの時間ももってみてくださいね。天使からのお知らせが届くように。

                 

                 

                蠍座満月のオーガニックグリッドはこちら。

                 

                 

                茶色く枯れて見えるのは、本当はもっと深い深い赤のバラの花弁です。光の加減でちょっと暗い色になってしまいました。

                これらはたしか一昨年の誕生日に買った花束に入っていたバラをドライにして瓶に詰めていたもの。瓶を開けると、いまも素敵なローズの香りがします。

                蠍座満月。瓶に閉じ込められ奥深くに残っていた何かに感謝したい日。そして、羽根のようにふわふわ舞っているたくさんの素敵なことに気づきたい日。

                 

                 

                よい満月の日となりますように。

                 

                 

                **

                お知らせ。5月の木曜喫茶室@東神田は、30日15時〜18時の予定です。お客さまのない時間帯に個別対面鑑定をご希望の方は、fujii.maho@@gmail.com(@をひとつ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。

                2019.05.04 Saturday

                トーキングアバウト青い鳥のタロット更新のお知らせと、5月5日牡牛座新月のグリッド

                0

                  前回の「XVIII The MOON 月」からだいぶインターバルがあいてしまったのですが、トーキングアバウト青い鳥のタロット、「XIX The SUN 太陽」篇が公開されました! いつものように取材・構成を担当しております。

                  「XIX The SUN 太陽」篇

                   

                  シンプルな絵柄に反して(?)ややマニアックな内容ですが、ご興味ありましたら是非ご覧くださいませ♪

                   

                   

                  さて、明日5月5日の午前7時45分頃、牡牛座で新月が起こります。ということで今夜は、牡牛座新月のグリッド。

                   

                   

                  牡牛座の支配する色は、支配星が金星ということもあって暖色系、あるいはパステルカラーなどとされます。

                  それで普段は牡牛座と関係するものの配色ではピンクを強調してみたりするのですが……。

                  このグリッドで使った石のほとんどは、光の加減によっては黒っぽく見える石が多いのです。今日は写真を撮るときそこに光を入れて、少しリタッチもして、それぞれの石の色(個性)がきわだつようにしてみました。

                  黒に見えるトルマリンも、黒の中の緑が感じられるように。ふちに赤い模様の入った瑪瑙はその赤がよく見えるように。光が入ると角が青く輝くラブラドライトはその青い輝きが出る角度に置いてみたりしています。

                   

                   

                  わたしたちが色を見るのはそこに光があるからで、たぶんこれらの石を暗い部屋に置いたら全部が黒っぽく見えるだけでしょう。

                  明日朝の牡牛座新月のあと、月は5月19日の蠍座の満月に向かっていきます。手でさわれる、目で見えるものから、心で感じる世界への旅、とも言えます。

                  新月の今は、まずしっかり目で見て手でさわって、そこにあるものを確かめる時期なのかも。

                  また、これが自分の性質や個性だと思っているものとは違う何かが自分のなかから引き出される「場」や「光の当たり方」もあるかもしれませんね。

                   

                   

                  新月が起こる牡牛座15度は、寒さに備えマフラーでぐるぐる巻きになって洒落たシルクハットをかぶった男がシンボルです。洒落心は忘れずに、でも持てるものすべてで寒さに挑む人。

                  満月が起こる蠍座28度は、自分の王国に帰還する妖精の王。何をもっているか何を身にまとっているかは関係なく、帰れば自分を迎える王国が待っている王。そこに精神的なつながりが築かれているからでしょうか。

                   

                   

                  双子座の火星が逆行中の木星と向かい合って、もうすぐデビューなんだけどどうするよと密談中@オープンカフェ、みたいな感じですけれど。

                  双子射手の23度〜24度あたり、環境や相手に柔軟に合わせながら、そしてそれを楽しみながら着地点を探っていくような感じ、続きます。ざわざわ入ってくる雑多な情報を自分の理想とすりあわせたり、取捨選択したり、出したり入れたり、言ったり聞いたり、というのが裏のテーマかな。

                   

                   

                  今サイクルの火星はほんとに速いですね。次の満月を待たず、5月16日には双子座から蟹座に入ります。ここまでで12星座の最初の1/4、牡羊〜牡牛、双子が終了。満月に向けて、ちと気が早いですけれど今年上半期弱の振り返りもしておくとよいかもしれません。だって、なんだか忙しかったのではないかしら。3月6日に天王星が牡牛座に入ってからは、予想外の展開を迎えた方も少なくないはずです。

                  この新月でちょっと気持ちをリフレッシュできるといいですね。最後に、牡牛座っぽいピンクもつけておきますね。小さなアザミの花を俯瞰で撮りました(といってもアザミは棘があるので火星→牡羊座が支配しています、ほんとはね)

                  素敵な新月をお迎えくださいね。

                   

                   

                  ★こちらも取材・構成を担当しているVOGUE WEBの連載、連休中も更新しています♪

                  【真夜中の占いの館】→5月1日更新 

                   

                  2019.04.19 Friday

                  4月19日、天秤座満月のオーガニックグリッド

                  0

                    今日、4月19日20:11頃、天秤座の最終度数で満月でした。この時刻に月は牡羊座にある太陽と180度で向かい合ったあと、天秤座から蠍座に入りました。いまは蠍座を運行中です。

                     

                     

                    さきほどスターバックスでコーヒーを飲んでいたら、壁に掛かっているメッセージ入りの絵に気づきました。メッセージには、pour your heart into it とある。愛を注ぎ込め、というようなことかな。

                    フラットさをよしとする風サイン、天秤座から、ディープさを追求する水サイン、蠍座に移った月のテーマは、まさに「愛を注ぎ込め」。

                    風から水への移行は、 体が重くなったのか重力を感じさせるような感覚があるかもしれません。あるいは、足を引っ張られているような。

                    でも、愛があるから人は絶望しないで済むところもあって。今していることに愛を注ぎ込めば、形はないかもしれないけれど何かが返ってくるという、ほんとうはわたしたちがいつも体験していることを改めて感じさせてくれるでしょう。

                     

                     

                    今日は満月読みをお休みします。天秤座最終度数満月のオーガニックグリッドはこちら。ちぢれているのは、今年早春に買ってきたチューリップ、アンジェリケの花弁です。散ったあとも色がきれいだったので保存してありました。ピンクは、明日、太陽が入る牡牛座をちょっと先取りする気分(^^)

                     

                     

                    そうなんです、明日、太陽は牡羊座の次のサイン、牡牛座=地のエレメントに入ります。牡牛座と言えば、3月に天王星が入ったことで注目されていますよね(まあ、一部の人たちに、ですけれどw)

                    近々、牡牛座と地のエレメントについても書きたいと思っています。

                    短いですが、今日はこのへんで。

                    満月です、眠い方、エモーショナルな方、あると思います。連休前でいろいろ前倒し、忙しかった方も多いでしょうね。今夜はゆっくり休めますように。

                    2019.04.10 Wednesday

                    いまさらの新月図読み、講座御礼、木曜喫茶室@東神田のお知らせなど

                    0

                      ブログ更新は20日ぶりくらいになってしまいました、お久しぶりです♪

                      先週、4月5日は牡羊座の新月でしたね。関東では週末にかけてお花見に行かれた方も多かったのかしら。

                       

                       

                      新月図読み、あちこちでお読みになったかと思うのでいまさらなのですが……。

                      4月10日、太陽が土星とスクエア(90度)を組みました。4月5日はその前触れが感じられる新月だったので、そのアスペクトが印象的だったかもしれません。土星の近くには冥王星もあるので、土星冥王星から太陽にプレッシャーがかかる、という配置。

                      自分が目標に向かって進もうとしている(太陽)のに、目上の人やシステムからブレーキがかかるよ(土星・冥王星)、的な。

                      ただ、90度のアスペクトは葛藤でもあるけれど、成長を促す試練でもあるんですよね。目標に向かって進もうとしている意志(太陽)が葛藤(土星)やハッパをかけられること(冥王星)によって磨かれる、という意味では。

                       

                       

                      何より、4月5日の新月図の美しかったところは、天体が30度、60度のアスペクトで数珠つなぎのようになっていたこと。そのなかに90度の太陽・月、土星・冥王星も含まれるわけですが、こういう形はものごとを推進する力が強いとされます。

                      そこに当然、ツッコミや「もっとやれ」や「こんなわたしじゃダメだ」も入ってくるけれど、それでも歩みが止まるわけではない。止まっちゃうときは、それはわたしが止めちゃっているだけです(笑)。目標や、これをやろうと思ったときの意識は覚えていますよね? それでいいのです(^^)

                      空を見れば、太陽や月や星々が動いている。つまり地球は回っている。その動きに、自分も参加しているんだな、参加させてもらってるんだな、ということを知り、感じるために人は星を読むのかなと思うことがよくあります。

                       

                       

                      4月11日に木星が逆行し始めます。5日の新月は、どの天体も逆行しないでスムーズに進行していたステージの最後に起こった新月ということもできるし、太陽、金星、海王星、土星、木星と5個もの天体の品位が高まるサインにあって、それぞれのエネルギーをよりよいかたちで輝かせているとも言えます。プレッシャーを感じつつも、どこか伸びやかな動きを感じさせます。

                       

                       

                      4月です。スタートの時期です。自分が突っ走っていても、一息つくために休んでいても、やっぱり何かの動きにのっかって、何かが進んでいる。そのことの一部にいるんだ、と思えればいいんじゃないかなと思います。今週末には月は上弦となります。その頃にはそのことをもっと感じられるようになるのではないでしょうか。

                      一方、火星は3月31日に双子座に入りました。「自分って何?」「この感覚って何?」をちょっと抜け出て、周りの人はどうなの?自分は何を伝えたいの?とちょっと見渡す余裕が出てきたかな。この時期は自分の好奇心を掘り起こすのにもいいんですよ!

                       

                       

                       

                      さて、3月30日はトータルビューティープログラム(TBP)さまのお誘いにより、「初めてさんのための自分をもっと知るための占星術入門講座」の講師を担当させていただきました。春分を過ぎて、スタートの機運が高まったところでしたね。

                      参加してくださった方々、お声をかけてくださったyucoさん、ありがとうございました。関心の高いみなさんに参加していただいて、講師としてもやりがいがありました。星を読む面白さ、少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。

                      トータルビューティープログラムではヨガやフラ、着物の着付けやヒーリングなどさまざまな講座を、奥渋(渋谷区神山町)の神山離宮という素敵なスタジオで開催されています。定額の月会費で好きな講座を受け放題というめずらしいシステムがお得です。ご興味ある方はリンク先をご覧くださいね。

                       

                      トータルビューティープログラム https://totalbeautyprogram.amebaownd.com/

                       

                      (業務連絡です:3月30日の占星術入門講座、受講してくださった方には不定期でフォローアップメールをお送りしています。届いてないけれど送ってほしいという方はメールにてご連絡くださいね)

                       

                       

                      そしてそして、久しぶりの木曜喫茶室@東神田のお知らせです。

                      今月は、4月18日 15時〜18時に営業します。

                      お茶とお菓子のセット、もしくは、タロットリーディング10分で1000円。両方のセットで1800円です。

                      初めてご来店の方は、fujii.maho@@gmail.com (@を一つ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。喫茶室の場所と藤井まほの連絡先をお知らせいたします。ツイッターDMもたぶんフォロー関係がなくても受け取れる設定にしてありますのでご利用ください(もし反応ありませんでしたら一言メンションとばしてやってくださいませ)。

                      木曜喫茶室@東神田について→ http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

                      こちらについては、またお知らせさせていただきますね、今日はひとまずこのへんで。

                      Profile
                                  
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      Selected Entries
                                  
                      Categories
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      はらいそ
                      はらいそ (JUGEMレビュー »)
                      細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      幻視と瞑想のガムラン
                      幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
                      民族音楽,ティルタ・サリ
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Search this site.
                                  
                      Archives
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                                               
                      PR