2020.02.23 Sunday

2月24日、魚座新月のオーガニックグリッド

0

    今年、東京では例外的に2月なのに春一番が観測され、桜の開花も例年よりもかなり早いと予測されていますね。スギ花粉の飛散も早まっているとか。

    春の予感なんていうものじゃなく、春そのものが早々とリアルに訪れているようです。やはり異常気象なのでしょうか……

     

     

    さて。2月23日から24日に日付が変わった直後、0時半頃に魚座で新月です。

    魚座新月のときはいつも「もうすぐ春分なんだな」と思います。なぜなら、たいていの場合、魚座新月の次は牡羊座新月となるから。牡羊新月は必ず春分のあとです。そんなわけで、どんなに寒い冬でも魚座新月と聞くと反射的に春のことを考えてしまうのでした。

    星の暦とも連動するように、2月になると花屋さんの店先には季節を先取りする花が並びますよね。その春らしい色合いに、つい足を止めて見とれてしまいます。わたしは特に、春咲き球根の花が好きなのです。

    この間は、ふと思いついてチューリップを1本だけ買ってきました。

    その花が昨日、開ききって散ったので、花弁を今日の魚座新月のオーガニックグリッドに使ってみました。春分に向けてカウントダウンを始める感じ、伝わるでしょうか(^^)

     

     

    花びらの根元あたりに置いた縞入りの水色は、ラリマー。癒やしをもたらす石です。その斜め右下の大きなクラスタはアポフィライト。和名が魚眼石なので、魚座新月に合わせて。

    霞みがかったような魚座のイメージに合わせてソフトフォーカスにしてみました(笑)

     

     

    そして24日の魚座新月図。

    魚座の新月(太陽と月のセット)は、地のエレメント(山羊と牡牛)にある火星と天王星を現実的に動かしていく配置です。

    現在の天空では山羊座と魚座に天体が集中しており、地と水が強調されています。水のエレメントと地のエレメントはなじみがいいんですよね。気持ち(水)を器(地)が受け止めるという関係です。もやもやして形のない気持ちが、形ある器の中に収まっていく。そして飲み水や、花を生ける水や、防火用水として使えるものになるんですね。

     

     

    新月セット(太陽と月)は、ホロスコープでいうと「自分の奥底」の近くにあります。ローカルな地元。なつかしい方言の通じる地域。くつろげる自分の部屋。居心地のいい場所。

    魚座は混沌を表すサインなので、部屋の掃除をさくさく始める新月、とは行かないでしょうね。むしろ、3月10日の乙女座満月に向けて、片付いた部屋のイメージをぼんやり思い描くくらいのほうが向いているかも。

     

     

    水星が逆行していることもあり、これまで来た道を振り返る機会が増えるかもしれません。過去を顧みて精査して、手持ちのなかから使える材料を取りだしてどんどん現実に生かしていくような配置です。

    過去を振り返る逆行水星は新月セットとともに「自分の奥底」にあるのですが、逆行している天体は反対側をめざすとも読みます。

    この新月図の場合、水星は滞在中の「自分の奥底」の反対側にある「社会」にフォーカスしていますし、キャリアと社会活動の10ハウスを支配しているので、仕事が予定通りには進まずジグザグ道を行くのと、過去を振り返ったりもやもやしたりすることが社会的な活動をする上でいずれ(あるいはいますぐ)なんらかの意味を持つ、という両面がありそうですね。

     

     

    瞑想や妄想や夢見によさそうな魚座の満月ですが、星の配置的には現実的に動かすきっかけとなりそうです。

    連休中ということもあってすぐに動けないかもしれないので、新月の日(24日)は、これから向かうところのビジョンを描く、具体的にしたいことのリストアップ、マインドマップみたいなものを作る、といったことに使えるでしょう。

     

     

    特別企画の期間限定リーディング、星写詩ん。26日の午前8時でいったん締め切らせていただきますね。

    詳しくはこちらをご覧ください ▶NEW! 期間限定チャリティ企画のお知らせ 

     

    お申し込みは、メール、ツイッターDM(どなたでも)、インスタグラムDM(どなたでも、でもちょっと気づくのに時間がかかるかもしれません)、FBメッセンジャー(お友達のみ)で受け付けております♪ どうぞよろしくお願いいたします。

    2020.02.22 Saturday

    魚座で水星逆行中のちょこっとtips

    0

      水星が逆行しているときに、「水星が『絶賛』逆行中」って書いてしまうのはなぜなんだろうと訝しむ藤井まほです。そして、いまは水星が魚座を絶賛逆行中です。

      水星逆行って何か、水星逆行中って何に気をつけたらいいかについては、昔の記事をご覧くださいね。

       

      水星逆行期に効くかもしれない呪文 

       

      今日は、魚座で水星が逆行する3月4日まではこんなふうかもね、ということを書いてみます。(3月4日に水星は水瓶座に入り、10日に順行します。3月12日まではちょっとゴタゴタするかと)

       

       

      まず、おさらいですが、水星は思考、ことば、コミュニケーション、交通、通信、移動などをつかさどる天体です。

       

       

      ☆魚座はぼやーん、もやもやっとした状態を象徴するので

      ●ボケる

      ●正確さを欠いてしまう

       ▶主語述語などが曖昧になる ▶自他の境界が曖昧になる、など

       

      ☆魚座は自分を犠牲にする傾向を象徴するので

      ●必要以上に献身的になってしまう

      ●必要ない見当違いな愛情を注がれてしまう

       

      などの可能性があります。

      コミュニケーションにおいては「正確な表現を選ぶ」「自他の境界をきちんと引く」などを心がけましょう。

       

       

      ところで、水星が逆行しているときは、過去を振り返るいい機会だったりもします。

      魚座はすべてを溶かし、混ぜ合わせる性質のあるサイン(星座)なので、これまで白か黒かと決めつけていた過去の出来事が溶け合って「全体」として受け止められるようになるかもしれません。

      ほかの時期なら「そんなの論理的にキモチワルイ」と感じられることも、この時期ならではの感受性で受け入れられるかも。

       

       

      魚座は「火地風水」の4元素では「水」のサイン。水は、情緒や感情が豊かなエレメントです。エモいとも言えますが、癒しという意味合いもあります。

      タロットカードで「水」はカップで表されるので、魚座にある水星はカップのナイトみたいなイメージだなと思いました。

      過去の傷ついた感情を癒やすメッセージを携えた騎士なのですが、そもそも乗っている馬が並足(笑)。ゆっくり来ます。水星が逆行してると、いろいろ寄り道したりしてさらに到着が遅れるかもしれません。

      でも、きっと遅れることにも意味があるんですよ。

       

       

      魚座逆行期の、おみくじ的なメッセージともいえるリーディング「星写詩ん」(星とカードからのメッセージ+写真)を、2月26日早朝までの期間限定で承っております。メール、ツイッターDM、インスタグラムDMにて受付中です♪詳しくは昨日のブログをご覧くださいね ▶NEW! 期間限定チャリティ企画のお知らせ 

       

      23日から24日と日付が変わってすぐに、魚座では新月も起こります。よい魚座の季節となりますように。

      2020.02.09 Sunday

      2月9日、獅子座満月のオーガニックグリッド

      0

        満月図のお話の前に、今日はふたつお知らせを。

         

         

        2月の木曜喫茶室@東神田は2月20日 16時〜19時の予定です

        焼き菓子はまだ決めていないのです……。

        この間自家用で焼いたクランペットを使ったバナナブレッドのプディングがおいしかったので、喫茶室で温めてお出ししようかなとか。そろそろ紅玉が終わるから林檎の焼き菓子にしようかなとか、いろいろ。もうちょっとお待ちくださいね。

         

         

        木曜喫茶室@東神田はお客さまのプライバシーに配慮して、30分ごとのゆるい予約制となっております(当日空きがあれば飛び込みも大歓迎です、ピピッと来たらご連絡ください!)。

        16:00〜 16:30〜 17:00〜 17:30〜 18:00〜 18:30〜

        から、ご希望の時間帯をご指定くださいませ。30分以上の鑑定をご希望の方は連続枠のご予約が可能です。

        お問い合わせやご予約は、ツイッターDM @majomaho か、メール fujii.maho@@gmail.comまでご連絡くださいませ(メールは@マークをひとつ抜いて送信してくださいね)

         

         

        木曜喫茶室については、ちかぢかまたこちらのブログでお知らせします。

         

         

        ★トーキングアバウト青い鳥のタロット、「XX JUDGEMENT 審判」篇が公開されました!

         

         

        前回の更新からだいぶ間があき、お待たせしておりました。

        審判(ジャッジメント)のカード、お好きな方も多いのではないでしょうか。青い鳥のタロットの審判は、ベースとなる別作品があってそこからの展開が興味深いのです。

        青い鳥のタロットファンの方にも、タロットが好きという方にも、お楽しみいただけるのではないかと思っています(^^)

         

         

        以上、お知らせでした♪

         

        **

         

        さて。2月9日は獅子座で満月です。日本時間では16時半過ぎ。

        東京で作成すると獅子座の月は1ハウス、水瓶座の太陽は7ハウス。「パートナーと自分」問題がフォーカスされるタイミングです。

        パートナーと自分、なぜパートナーが先に来ちゃうのか? それは水瓶座と獅子座の関係からなのですが、理由はともかく。

        今回の満月は、自分を明け渡しているような、だけれども明け渡しきれずにとどめておくものもありそうな、そんな葛藤もある(満月は月のサイクルのひとつの完了タイミングであるのと同時に、太陽と月が180°で向かい合い葛藤する形です)。

         

         

        自分の進んでいくべき目的地、はあるんですけど。それは尊いものだし、自分にしか達成できないものではないかと思われるけれど、それに向かってガンガン進めない理由がいくつかあるのかも。たとえば前人未踏だから手探りにならざるを得ないとか?(^^)

        具体的に、それを阻んでくる人がいる場合もあるでしょう。

        そういう場合は、相手も自分と同じ人間だしね。限界あるよね。という別次元の視点を持てるとちょっと楽になれるかも。あとは協力者ですよね。誰か、サポートしてくれる、頼める、頼れるひとを探すこと(それから、誰かがあなたの技術や才能を必要としていないか、ちょこっと周りを見てみてね)

         

         

        獅子と水瓶の葛藤に落としどころがあるとすれば、射手座を運行中の火星でしょうか。

        社会がこういう感じだと、とかく災いの象徴と読まれやすい火星です。占星術的には、とりあえず、いちばん厄介な海王星とのスクエアは過ぎたんですよ。やれやれ。

        この火星、満月図の月と太陽とは調和的な角度を結んでいます。射手火星が象徴するのは遠くにあるもの(海外とか宇宙とか)。フェアプレー精神で盛り上がるスポーツとか、ぱっと燃え尽きてさっぱりするような、あとに遺恨を残さない潔い感じの何か。5ハウスにあるので、楽しいこと。ゲームとか。子どものような気持ちで夢中になれること、何か探すか、思い出してくださいね。

         

         

        今日のオーガニックグリッドは、石多めになりました。でも軽やかさを出したつもり。

        1月下旬から2月にかけての水瓶座の太陽は占星術ではちょっと力を落とす時期と言われているのですが、射手座〜山羊座(11月から冬至を挟んで1月末)の太陽を観察していれば、太陽がだいぶ力を取り戻しているってわかりますよね。

        というわけで、今回のグリッドはお日様の下で撮りました。

        石にプラスしたグリーンは、ベランダで育てているオキザリスの葉っぱです。かわいい形と思いませんか? 少しだけ、春を先取りしてみました。立春も過ぎましたし。

         

        獅子座の月。この半月あまり、ちょっと頑張っちゃってる気がするんですよね。でも獅子座に何かことばをかけるとすれば、「休めば?」よりも、「頑張ってるあなたがカッコいいよ」だろうと思うのです。もちろん、もっとガンガンやれと無責任にハッパかけるのではなくて。

        水面下で必死に足をばたつかせているのに、そんなことは毛ほども見せず優雅に湖面を滑っていく白鳥が獅子座だったなら、この満月には水面下のばたばたが丸見えでも敢えて見ないふりをしてあげましょう。

        今日までこの半月、頑張りましたね。素敵だったよ。見直しちゃったよ。

        そんなことばを、自分自身に、あるいは大切な誰かに。

        2020.01.28 Tuesday

        月と土星のセットで成長する

        0

          今日は火曜日、赤タグの日です。

          ソーシャルメディア(いまんとこ、ツイッターとInstagramとFBかな?)で、#火曜火星の赤 #火曜日は火星の日 などのハッシュタグをつけて、みんなが思い思いに、赤いものの写真を投稿しています。

          そのことで、空の火星に思いを馳せたり、自分のなかの火星エネルギーを意識しましょうね、という地味な活動なんですが。

          7日間に1回、火星のことをリマインドするのはいいなと思って続けています。

          今日の写真は、近所の公園にある手水鉢。ここにはよく、遊びに来た子どもたちがそのへんでひらった好き勝手なものを投げ込んで面白いことになっているんです。この日は赤い実がぽつんと一個、投げ入れられていました。

          赤い実、かわいいですよね。

           

           

          でも今日は火星のお話ではなくて。

          (文章の内容にうまいこと合うイメージ写真が見つからなかったので、画像だけ赤タグ活動に便乗しました。ちなみにこの活動、どなたでも参加できるので、何か赤いものを見かけたら是非写メをタグ付け投稿してみてくださいね!)

           

           

          先日、わたしがいつまでも子どものように楽しいことをして遊んでいる5ハウス蟹座の月の人だということを書きました▶5ハウス蟹座月のわたくし 

          でも、占星術で使う基本セットは10天体。月のほかに、太陽など9天体があります。

          月は本来の性格(の一面)や、無意識の反応、習慣化された行動などを表すとされるんですが。それを野放しにしたら、本当にただの子どもというか、赤ちゃんです。

          先日の例で言えば、楽しくのびのびとインタビューをしていても、決められたインタビュー時間内に必要な情報を得なければならない。

          それを持ち帰って、たとえばですが「15字詰め180行、途中3行取りで9字×2行の見出しを、改段落に引っかからないように2本入れた原稿」を「○月○日までに仕上げてくださいね」というのが仕事の全容です。

          楽しくのびのび取材をするのはいいんだけど、それには枠や期限がありますよ、というわけです。

           

           

          どんな勉強でもお仕事でもそうだと思うのですが、この「のびのび」と「枠」の両方がなければ進まないし、形あるものを作れません。

          のびのびが過ぎれば締切に間に合わないし、枠を意識し過ぎたら自分の感覚が萎縮していい原稿は書けない。

           

           

          この「枠」を担当するのが、占星術で言えば土星です。

          月は蟹座の支配星ですが、それを厳しく躾けるのがちょうど180°反対側の山羊座を支配する土星。という構造になっています(面白いですよね)。

           

           

          月は無意識や感情、肉体。ある意味でわたしたちが「自然」とか「自然体」とか「天然」とか「自分らしさ」とみなしているものです。

          土星は、枠組みであり形式であり、規格であり仕様であり、ルールであり型であり、伝統であり格式であり、スケジュールであり納期であり、事と次第によっては「窮屈」で「押しつけられた」「不自然な」ものに感じられるかもしれません。

          でも、洗練やクォリティというのは、そうしたものなくしては生まれないことをわたしたちはよく知っています。もちろん、生産性や効率も、枠や形があってこそ手に入るものですよね。成長するためには月も土星も必要なのです。

           

           

          現在、天空では土星が支配する山羊座を、木星、土星、冥王星と、個人のレベルを超えて社会全体に働きかける遠くの星が運行中なので、「枠」とか「形」、あるいは行動するときのスケジュールやタイミングが強く意識されています。それをなんとなく感じとっていらっしゃる方も多いみたいですね。

          やりたいことがあるけれども、いつ仕掛けたらいいのかタイミングがわからない。やりたいことがあるみたいなんだけど自分では適性がよくわからない。といった方のために【先読み波読み】というコンサル型の鑑定メニューを設けています。

          適性や現在を知って先を見通す「先読み」と、波に乗るタイミングを計る「波読み」がセットになっています。

          30分〜40分のセッションで現在の状態や先に向けての願望をうかがったのち、詳しい鑑定書とタイミングリスト(3ヵ月or6ヵ月分)をお送りします。詳しくはプロフィールページをご参照ください▶プロフィールと鑑定メニュー 

           

          ●【先読み波読み】6ヵ月

          40分のセッション+鑑定書(6ヵ月間の先読みと使えるタイミングリスト)+フォローアップ 22000円(税込)

          ●【先読み波読み】3ヵ月

          30分のセッション+鑑定書(3ヵ月間の先読みと使えるタイミングリスト)+フォローアップ 16500円(税込)

           

          詳しい資料をお送りしますのでfujii.maho@@gmail.comまでご請求ください(@マークをひとつ抜いて送信してくださいね)

           

           

          さて。木曜喫茶室@東神田は今週の木曜、1月30日です

          16時からひと枠ご予約いただきましたので、16:30から19:00まで、東神田の静かなお部屋でスパイスの香るチョコケーキをご用意してお待ちしております。

          30分ごとにゆるい予約制となっております、詳しくはこちらのご案内をご覧くださいね。▶http://majomaho.jugem.jp/?eid=487

           

           

          また、先日徳島まで取材に行ったサステナブルファームの記事が掲載されたVOGUE JAPAN 3月号「特集 All Natural あなたと自然とその未来」も発売になりました。この号は、今後の世界を展望しつつ、米国をはじめとする世界のVOGUE、全26エディションの編集長が共同で提案する「VOGUE VALUES 2020」と題された巻頭特集の一環です。ご覧いただければ幸いです。

          VOGUE JAPAN 最新号 ▶ https://www.vogue.co.jp/magazine/latest-issue

          2020.01.26 Sunday

          1月25日水瓶座新月のオーガニックグリッド

          0

            遅くなりました! 昨日は早朝に水瓶座で新月でしたね。新月時刻は1月25日朝6時42分ごろでした。

            今回の新月図は東京で作成すると1ハウス、12ハウスに天体が集まっています。

            ホロスコープを見ると、10の天体が左半球に偏っている感じです。エネルギーの流れを支配星を追って見てみると、きっぱりふたつに分かれるのが今回の新月図の特徴のひとつ。

             

             

            射手座の火星、山羊座の木星冥王星のエネルギーは山羊座の土星に流れ込む。水瓶座の太陽、月、水星、牡牛座の天王星、魚座の金星のエネルギーは魚座の海王星に流れ込む。

            という感じになっています。

             

             

            新月のセット、太陽と月は水瓶座で自分自身を象徴する1ハウスに。近くに水星もあって、自分のユニークさとここにいる意味が合わさってことばになるような。水星の思考力、コミュニケーション力は射手座の火星と調和して、理想に向けて燃えやすい。

            こちらが新月をはじめとする魚座海王星に流れ込むチームで、「自分」を主張し確立していこうとしています。マニフェストにいい新月です。

             

             

            一方、木星土星冥王星は「見えないもの」を象徴する12ハウスに。見えないところに大いなる力があって、1ハウスチームの「自分」をサポートしてくれている。

            折しもこの新月は旧正月でもありました。次の満月までの間は、ぜひいつもよりたっぷりと、祖霊、ご先祖さまや見えないサポートへの感謝も忘れないでくださいね。

            また、「見えないもの」とは自分自身の内なる声のことでもあります。この時期、自分が本当は何を願い、何を望んでいるかを訴える小さな声に耳を澄ませるとよいでしょう。あるいは、一見それとは関係ない出来事がきっかけで自分の内なる声が聞こえてくるのかも。

             

             

            ところで新月図や満月図のエネルギーは、あなただけでなく他のひとにもあまねく降り注いでいます。

            今回はみんなの「自分」がサポートされて、自分を際立たせようと立ち上がる新月なので、当然利害や主張がかち合ってしまうケースもあるはずです。

            その一方で、たとえかち合ったとしても、その相手の隣の人や、自分の隣の人やそのまた隣の人を見てみると、何かふっと緊張がほどけていくような配置に思えます。

            水瓶座は、対象をひとつに絞ると固定化してしまい、自分で自分の首を絞めて息苦しくなる傾向があるので、あちこちに目配りし視点をたくさん持つことで呼吸が楽になり、自分らしさが戻ってくるでしょう。

             

             

            今回のグリッドは、見えない世界(上)からの力を受け取り、自分を通過させて地面に下ろしていくようなグリッドに組んでみました。

             

             

            さて。木曜喫茶室@東神田は今週の木曜、1月30日です。

            16時から19時まで、東神田の静かなお部屋でスパイシーなチョコケーキをご用意してお待ちしております。

            30分ごとにゆるい予約制となっておりますので、詳しくはこちらのご案内をご覧くださいね。▶http://majomaho.jugem.jp/?eid=48

            2020.01.11 Saturday

            1月11日、蟹座満月のオーガニックグリッド

            0

              1月11日午前4時21分頃、蟹座で満月でした。今回は半影月蝕。昨年12月26日の日蝕とセットで、これまでの半年の締めくくり、これから半年のスタート地点となります。

               

               

              東京でチャートを立てると、アセンダントは射手座。先日火星が射手座入りしたこともあるのでしょう。射手座の支配星の木星は牡牛座の天王星とゆるく120°の調和角を組んで、新しいアイディアをたずさえて現実に働きかけようとしているようです。

              満月セットとして180°で向き合う山羊座太陽と蟹座の月は公私の間の葛藤と読めますが、魚座の海王星によってその緊張が緩和されてはいる。

               

               

              一言で言うと発想は豊かになりやすい。公共の利益や理想や慈悲の精神も拡大しやすい。けれど、現実というもの、肉体というもの、目に見えるものの縛りをわたしたちは感じざるを得ない。という形だと感じました。

              何かがひとつ終わるとすれば、それは(短くても)この先半年を見据えた始まりでもあります。理想や希望、誰かと、みんなとともに何かを享受するために動きたいという心があるなら、そしてそれがいま目前で折られたとしても、その思いの強さを未来に注いでいきたいものです。

               

               

              半影月蝕となる月は8ハウスに。先月の日蝕が起こったハウスと同じですね。そのときにはこのように書きました。

               

              「8ハウスは他者の財産、共有財産、よくも悪くも他者から引き継ぐものを象徴します。単純化すると、「自分ではどうにもならないもの」」

               

              今回は満月=月蝕なので、他者の財、譲られたもの、引き継ぐものが終わることの象徴です。自ら始めたのではなく(成り行きで)誰かから引き継いだ業務が完了する、みたいな感じかもしれません。

              ままならないハウスなので「あ〜あ」というところもあるでしょうが、太陽はコミュニケーションを象徴する水星と重なっています。この時期、大切なのはことばと会話。

              ただ呆然と起こったことを傍観するよりは、ことばを尽くして天命を待つ――いえ、待つと言うよりは、ことばを尽くすことで少しは状況を改善できるのではないでしょうか。土星、冥王星も近くにあるので、粘り強く、でも穏やかに。

               

               

              さて。今日のオーガニックグリッド。今日はちょっと小さめです。

              いちばん底に置いたのは、わたしが泉/井戸と名づけたグリーントルマリン。つなぐ石です。

              両側のオレンジ色の石は肉体(リアルな世界)を意識していて。その次の両側の、ちょっと濁った感じの石は、小学生か中学生の頃、どこか(たぶん山梨)に行ったときに河原で拾った石英です。六角柱ではあるけれど、透明度が足りなくて水晶とは呼べない。でも、地元感(笑)があるので、蟹座(ローカリティを象徴)の月蝕にはよさそうですよね。

              中央のグリーンアメシストはハートの形に見えなくもない(笑)破片です。いろいろあっても、自分のなかの癒やす力を信じることが大切かなという昨日の気づきを込めました。

              グリーントルマリン〜グリーンアメシストが、心からのコミュニケーション、ことばを伝える通路と考えていただいてもいいかも。

               

               

              さて。一部の方にモニター鑑定をお願いし、ご好評いただいている【先読み波読み】メニュー。(プロフィールページで簡単にご説明しています)

              いままでは6ヵ月の先読みでしたが、新たに3ヵ月の先読みのメニューも作ってこちらでもモニターさまを少し募集する予定です。決まりましたらまたブログにてお知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

              また、6ヵ月の先読みについては、1月15日までにお申し込みいただければ、2月(立春)以降半年間の鑑定書をお作りできるかと思います。1月16日以降にお申し込みいただいた場合は3月からの半年読みとなります。

              詳しくはメールにてお問い合わせくださいませ。

              2020.01.04 Saturday

              明けましておめでとうございます、2020年星座別一言アドバイスとか。

              0

                明けましておめでとうございます。

                毎年書いているような気がしますが占星術の暦ではグレゴリオ暦のお正月というのはさして大きな節目ではないので、わりと静かに過ごすことが多いのです。1月1日よりは、12月の冬至のほうが大きな節目とされています。

                2020年で言うと、このお正月前後で比較的大きなイベントは、昨日、1月3日の火星の射手座入りでしょうか。蠍座後半に機嫌よくごりごり押していた火星が、射手座に入るとなんか気宇壮大というか、どかーんとぶち上げるというか、ちょっと大風呂敷を広げたい気分になってあちこち飛び回るようになる。この調子いい感じは、2月16日に火星が山羊座に入るまで続きます。走った分だけ転ぶかもしれませんが、それも織り込み済みで。

                 

                 

                それでふと思いついたのです、今年最初の記事には、2020年12星座別のアドバイスをタロットで引いてみようかなーなんて。

                いつもなら、いやいやそういうベタな、いかにも占い師っぽいのは自分のやることではないのではないかなどと考えて、結局やらない方向に進むことが多いのです。何しろ自然に振る舞ってるだけなのになぜか正規の軌道をはずれやすい性格なので。

                でもね。今年は、火星はまだ射手座ですが、木星土星冥王星がどーんと山羊座にいる年です。

                山羊サインと言えば、定番でオーソドックスで伝統を重んじる傾向。それならわたしだって、占い師っぽいことやってみてもいいじゃんと思いたちまして。

                 

                 

                昨年12月にトークでご一緒したビューティープロデューサーの牧野和世さんは、山羊座に天体が集中する2020年に推すフレグランスとして、サンタマリアノヴェッラのオーデコロン、フリージアを薦めていらっしゃいました。BULYなども注目を集めていますよね。というわけで、定番というのとは違うのですが18世紀フィレンツェで作られたというデッキ「エトルリア」の復刻版、ミンキアーテの大アルカナを使ってみました。絵柄や振ってある数字が通常のタロットとは違うのですが。

                 

                 

                2020年の一言アドバイス

                 

                牡羊座:隠者(逆) 遠くへ行くなら急ぎすぎてはダメ。スケジュールやプランをしっかりと。

                 

                牡牛座:女教皇 信頼に足る情報が手に入ります。受け取るためには、心を静かに落ち着けて。

                 

                双子座:星(逆) 望みが叶うことを忘れていませんか? 長い目で見ることも大切です。

                 

                蟹座:正義(逆) バランスを取ることばかり考えていますね。あなたにとっての正しさって何ですか?

                 

                獅子座:悪魔(逆) 本当は自信があるのに。外からの意見やノイズに惑わされていませんか?

                 

                乙女座:月 暗いと思っているのは思い込みかも。自分のほんとうの気持ちに耳を傾けてみて。

                 

                天秤座:女帝 いままでに溜めてきたものがあふれ出す。自分が尽きぬ泉であることを思い出して。

                 

                蠍座:愚者 世間の常識に縛られず、子どものような心で。軽めの荷物で旅を楽しみましょう。

                 

                射手座:皇帝 冒険に出るのだとしても、効率化やパターン化も前進するためには必要な技術です。

                 

                山羊座:太陽 いま身近にある明るさや暖かさに感謝を。それがあるからのびのびと生きられるのです。

                 

                水瓶座:魔術師(逆) もうすぐスタートが切れます。必要なものが揃っているかチェックを。

                 

                魚座:法王 いまは遠慮する時期ではありません。あなたの話を聞きたい人はたくさんいますよ。

                 

                 

                以上。お役立ていただけたら嬉しいです。

                (ホロスコープスプレッドで展開しています。牡羊座が時計で言うと9時の位置、そこから反時計回りに牡牛座、双子座……と進みます)

                 

                 

                2019年はさまざまな形でお世話になり、ありがとうございました。

                TBP(トータルビューティープログラム)の僕セ劼気鵑砲誘いいただいて、奧渋・神山町で占星術初心者講座をさせていただいたり、長い記事をnoteで公開するようになったり、火星手帳ユーザーとしてインタビューしていただいたり、新しいコンサルメニュー「先読み波読み」を始めたり、『25ans』でフレグランスと占星術のコラボをさせていただいたり、代官山のCOCOMAさんの5周年記念イベントでトークショーに出演したり。

                2018年から始めたVOGUE WEBの【真夜中の占いの館】E-COCOMAの「開運☆香水診断」メニューなども続けてきました。

                個人的には伝統占星術の濃密な講座を受講して新しいスキルを身につけようと頑張ったつもり……。

                 

                 

                まあ、こうやって書くとすごいねーぱちぱちっていう感じが自分でもするんですが(笑)、1年を振り返ると自分にとっては全然順調とかではなく困難な時期もありました(涙)。

                ただ、占星術で星の運行を眺めていたり、火星ワークに取り組んだり(名目上は火星ワークということになっていますが、それは月ワークだったり水星ワークだったり、土星ワークだったりします)することで、「ものごとにも、自分にも、いろいろとアップダウンがあるものだよなー」と少し達観できるようになって、前ほど泡を食わなったんですよね。いいことだ!(笑)

                 

                 

                2020年も、いろいろ始めたり仕掛けたり転んだり膝小僧すりむいたりすると思うのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

                2019.12.26 Thursday

                12月26日山羊座新月(金環日蝕)のオーガニックグリッド

                0

                  12月26日、日本時間で14時13分頃に山羊座で新月となりました。この新月は金環蝕。蝕なので、いつもの28日のルナサイクルだけでなく、来年の夏至6月21日に起こる蟹座の金環蝕まで半年スパンの幕開けでもあります。半年後、重要な日付として振り返ることになるかもしれませんね。

                   

                   

                  グリッドは、先日の冬至から間もないので同じ石を使いながら、少し明るさを加えてみました。

                  新月は東京チャートでは8ハウスで起こります。8ハウスは他者の財産、共有財産、よくも悪くも他者から引き継ぐものを象徴します。単純化すると、「自分ではどうにもならないもの」。日蝕は大きなリセット、リスタートですから、それがままならない場所で起こる感じです。

                  というわけで、グリッドの上部はオープンにして、受け取る形に組んでみました。

                  カルマの象徴でもあるドラゴンテイルも近くにあって存在感を示しているので、赤や黒の石で肉体を、青いカヤナイトやアパタイトでつなぐ動きを表現してみました。

                   

                   

                  わたしのオットは合気道を習っているんですね。彼の話を聞いていると、合気道ってなかなか興味深い世界みたいです。

                  たとえば、自分の力は使わずに、技をかけてきた相手の力を利用して投げる、というような技が多い。それって、8ハウスを考えるときに、ちょっと有効なような気がして。

                  自分ではどうにもならないもの。まあ、仮に「トラブル」としましょうか。

                  それが降りかかってきたときに、自分の力で技を「かけ返す」のではなくて、「トラブル」自身が持っている力を利用して、逃れる、というような。

                  (トラブルだから逃れると書きましたが、必ずしも逃れる必要があるケースばかりではないでしょう)

                  莫大な遺産を相続することになったら、やっぱり莫大な相続税を払わなければならない。それならばと、相続した遺産全額でまるっと相続税を払ってチャラにする、とか(まったく縁のなさそうな話ですがw)

                   

                   

                  最近気になるんですけど、自分ではどうにもならないことが降りかかってきたとき、「しょうがないんです、自分が悪いんです」と過剰に自分のせいにしてしまうひとをときどき見かけて。

                  たしかに「自分のせい」にしてしまえば、どうにもならないことを人のせいにして責めたりすることがなく、わりとすっきりできるんですよね。「誰かのせいでどうにもならないことに陥っている(かといってその誰かがどうにかしてくれるわけではない)」という状態ほど、力を奪うものもないので。

                   

                   

                  8ハウスの新月(日蝕)が起こるのは山羊座。このところずっとフォーカスされていますよね、山羊。

                  山羊というサインは自分の土台部分であって、ただ一人の個人のものではないところを表します。何らかの形で、誰かと、社会とつながっています。そりゃ、個人の力でどうにもならないこともあるでしょう。

                  だけれども、いろいろ七面倒なことを避けるために「自分が悪いんです」とすぐに引かないでもいいんじゃないかと思うのです。

                  悪いとか誰のせいとかじゃなくて、トラブル自体の力を利用することを考えてみたらどうかなぁと。

                  台風のあとに窓ガラスの拭き掃除をするような感じで。

                  なぜかというと、本当は自分のせいではないことを「自分のせい」にすると当座はスッキリするのだけれど、結局はとても遠回しにじわじわ自分を傷つけることにもつながりかねないからです。

                   

                   

                  山羊座の新月、度数も初期度数で力強いサビアンシンボルですから、このタイミングを利用して強く出ていくことができます。

                  ただ、自分はそうできないなぁとちょっと気弱になっている方は、自分を少し力づけることにこの新月を使ってください。

                  まずは「土台」作り。身体と心の健やかさを第一に。年末年始に少しでも休める方は1年の疲れをとりましょう。

                  もし抱えているとしたら、「自分のせい」を少し手放してみませんか? だってそれはどうにもならないことかもしれないのですから。どうにもならないんだと自覚するところから何か方法を思いつくのかもしれないですし。

                   

                   

                  少し自分責めが続いているなぁと思ったら、バッチフラワーレメディの「パイン(松)」を摂ってみるのもいいですね。

                  アロマでも、パインの精油は心を元気づけ、リフレッシュしてくれるのでおすすめです。部屋の空気が浄化されて、呼吸も深くなります。

                   

                   

                  今年も残すところあと数日。みなさま、素敵な新月の夜を。

                  今年最後の【真夜中の占いの館】更新されました。今回はスペシャル版、マダムの独り占い独り語りです
                  2019.12.22 Sunday

                  2019冬至のオーガニックグリッド

                  0

                    こんにちは♪ 今日、12月22日日本時間の13時19分頃、太陽が山羊座に入ります。これが冬至。春分から始まる占星術の1年が、最後の1/4にさしかかりましたよというお知らせタイミングですね。

                     

                     

                    今日の天体配置だと、山羊座に太陽、木星、土星、冥王星と4つの天体が集合し、とても山羊っぽい景色。クリスマスを過ぎて、26日は山羊座で新月(金環日蝕)が起こり、29日には水星も山羊座入りして、ザ・山羊な2020年のお正月を迎えます。

                    例年以上に山羊ヤギしたクリスマス〜お正月になります。

                    14日のCOCOMAさまでのトークショーでもいろいろお話ししましたが、山羊座に木星が入った2019年末〜2020年12月はスキンケア、ヘアケア、オーラルケア、姿勢を美しく保とうという意識が高まりやすい時期。いろいろケアやメンテナンス、心がけましょう。

                    個人的には骨盤のあたりを意識していろいろしようかなと思っているところです。

                     

                     

                    今日のオーガニックグリッドはこちら。

                    冬至は1年でいちばん夜が長い日なので、ちょっと暗めに仕上がりましたが。ある意味で、ここで底を打つという意味でもあるんですよね。陰極まって陽と転ずる、というやつです。そんな明るい兆しも感じていただけたら嬉しいです。

                     

                     

                    さて。今年も無事に誕生日を迎えた藤井まほなのですが、例年通りこの前後はたいへんにばたばたしております。たぶん、30日まではこのまま走り続けて31日から寝正月ということになりそうな……。

                    というわけで、ソーシャルメディアではほぼなりを潜めております、すみません。

                    年内、新月の頃にもう一度投稿できたらと願っています。ではみなさま楽しいクリスマスを!

                    2019.12.11 Wednesday

                    12月12日双子座満月のオーガニックグリッド

                    0

                        
                       

                       

                       

                      12日は取材で四国方面に出張なので、満月図読みはお休みしてグリッドだけになりました。

                       

                       

                      手前に置いてあるのは金泥?で花の描かれた石なのですが、わたしの薬指の爪くらいの大きさです。祖母が亡くなったあと、だいぶ経ってから出てきた祖母のジュエリーボックスに入っていました。

                      台座もないし、何に使う何なのだか全然わからないけれど、美しいのでもらってしまったもの。石はターコイズ色なんだけど、染めてあるような感じもします。

                       

                       

                      双子座満月を前に、ふとこれが目に留まったのでグリッドに使うことにしました。

                      描かれているのは双子の花。分かれて咲く2輪の花も元を辿ればひとつ、と見てもいいし。同じ根元からふたつの異なる花が咲くんだよ、と見てもいいし。

                      そんな感じが双子サインでしょうか(^^)

                      羽根3本は、双子が3番目のサインだからというシンプルな理由で。

                       

                       

                      満月時刻は東京であれば14時12分頃。よい満月の日をお過ごしくださいね。

                      最後に、14日のトークショーのお知らせです。
                      ★お席が限られていますので、参加ご希望の方はお早めに♪

                      「2020年COCOMA開運香水診断トークショー」

                      12月14日(土) 13:00〜 15:00〜 の2回(約1時間の予定)

                      場所:東京・代官山のCOCOMAさん2階にて。 http://fukubigin.com/shop/

                       

                      お申込み:メールのみ。先着順となります。

                      cocoma@fukubigin.com宛てに件名に「2020開運トークショー 申し込み」とし、

                      1  お名前

                      2 当日ご連絡のつくお電話番号(携帯)

                      ご記入の上、ご連絡ください。

                      その後スタッフより予約完了メールを送信いたします。詳しくはこちらのページをご覧くださいね。

                       

                      ▶COCOMA DAIKANYAMAショップ 5th Anniversary イベントのご案内

                      http://www.cosmetique-cafe.com/?p=3497

                      Profile
                                  
                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>
                      Selected Entries
                                  
                      Categories
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      はらいそ
                      はらいそ (JUGEMレビュー »)
                      細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      幻視と瞑想のガムラン
                      幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
                      民族音楽,ティルタ・サリ
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Search this site.
                                  
                      Archives
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                                               
                      PR