2017.08.13 Sunday

古いものが剥がれ落ちると、下には

0

    一足先に、お休みをいただいて長野方面に旅してきました。親戚が所有するいつもの空き部屋に泊まらせてもらい、そこから車で行かれるお気に入りの場所を訪ねる。毎年、同じようなことをやっています。それでも毎年、緑の色は変わり、お天気も違い、わたしの心境も変わっている。同じだけれども同じではなく、変わるけれども違わない。同じところへ何度も旅するほうが、そういうことを深く感じられたりしますね。見知らぬところを訪ねるのも大好きですけれど。

     

     

    写真は、水眼の流れという清水で石を浄化したあとです。冷たい水に浸したので水晶が曇ってしまった(笑)。そのくらい水が冷たいんですよ!! この季節、冷たい水に触るだけでもほんとうに気持ちのよいものです。石も喜んでくれたでしょうか(^^)。

     

     

    旅から帰ってお風呂に入ったあと、ふと指で触れたら剥がれかかっていた右足の小指の爪がぽろりと取れてしまいました。

    忘れもしない、5月の双子座新月の夜。亡くなった友人のお通夜に履いていった靴が合わなくて、この爪の下が内出血してしまったのです。その後もなかなか痛みが治まらなくて。

    でもあるとき気づいたら、痛みは引いていて。ただ、爪の下が茶色っぽくなってしまったので、なんとなくペディキュアもしたくないなっていう感じで放置していたのです。

    ほぼ80日間ですね。若ければもっと早く剥がれたのかもしれません。おそらく爪の生え際が損傷してしまっていたんでしょうね。爪が死んでしまったらしいのです。なので、ぽろりと剥がれ落ちたときにはもう痛みは全然なくて。抜け殻のような、小さな爪が――というか、元は爪だった小さな欠片が手の中にありました。

     

     

    そして、剥がれ落ちた小指の先を見ると、なんと、不格好ではあるけれど、新しい赤ちゃんの爪が生えてきていました\(^o^)/

    ああ。古くてもう用済みになると、こんなふうに剥がれ落ちてしまうんだなあ。でも、それを押しやったのは、下から生えてきていたフレッシュな(笑)赤ちゃん爪だったんだなあ。と、しみじみしてしまいました。

    こうやってゆっくりとではあるけれど新しい爪が生えてくるのも、生きているからなんですよね。

    変わってしまうことや、新しくなることがちょっぴり怖いような気がすることもありますが、せっかく生きているんですから、生きていてこそ、な体験をたくさんしたいなあなんて思いました。

     

     

    さて、昨日8月12日から乙女座で水星が逆行しています。

    やり残したことをやり直す、忘れてきたものを取り戻しに行く、水星逆行期はそんなことにも使えます。やり直したり、取り戻したり、そんなことも、今生きているからできること。水星逆行にありがちなトラブルにばかり気をとられないで、この時期だからこそできるかもしれない大事なことに目を向けてみてはいかがでしょうか。

    ご参考までに、昨年の水星逆行期に書いた記事、ふたつリンクしておきますね。

     

    8月30日〜9月22日 水星が乙女座で逆行します(2016年の記事です)

     

    水星逆行について、短い(けれど大事な)補足(2016年の記事です)

    *****

    きっとまだ夏休み、お盆休みの途中の方も多いはず。楽しい夏をお過ごしください♪

    わたしは明日から仕事で〜す♪
    2016.07.21 Thursday

    浄化の力

    0

      こんにちは、藤井まほです。いつもアクセスありがとうございます☆
      数日間長野の蓼科というところに滞在して、先週末に東京に帰りました。毎年2回、仕事と休暇を兼ねて行ってくる、なじみの場所です。
      写真は、北八ヶ岳にある白駒池の周辺の、苔の森。今年は雨が少なかったようで苔の勢いがあまりなかったのですが……。でも、森の中の空気を吸ってリフレッシュできました。苔の森の中をお散歩すると、白駒池に辿り着くという具合です。池は、こんな感じ。
      ほとんど毎年訪ねる場所なので、「まほさんのその写真、もう見たよ」とおっしゃる方もあるかもなのですが、定期的に訪れていると変わらなくてほっとするところと前と違っていてはっとさせられる風景と両方あるので、定点観測みたいで面白いですよ。去年はなかった倒木があったりとかね。それだけで、風景がずいぶんと違って見えるものなのです。
      いつもお参りしている小さな神社には、巨木がたくさん生えていて、そんな木を見るだけでもずいぶんと気分が変わります。
      オーラソーマのボトルに"Go Hug A Tree"(行って、木を抱きましょう)というのがあるんですよね。わたしはこのフレーズが好きで。木を抱くと、木に抱かれている気がする。そんな安心感がとっても好きです。
      タロットで4のカードは「お休み」と読むこともできて、小アルカナ、ワンドの4は「自然の中に行って開放的な気分になりましょう」みたいな「お休み」カードとして出ることがあります。山や海に行くのは、そんな感じですよね。
      そして、自然に触れることはそれだけで、浄化につながると思うのです。
      わたしが現在ご提供しているメニューはさまざまなのですが、最近またちょっと浄化ブームのようで、浄化ミストのご依頼が増えています。
      天空の木星は、9月9日に天秤座に入りますね。ということは、いまは乙女座木星の仕上げ期間です。乙女座は、身だしなみを整える、デビュー前に鏡で自分を総チェックする、そんなサインでもあります。
      そういう星の動きをなんとなく感じ取って、ご自分の周りの空気を整えておきたいと感じられるのは、自然なことかもしれません。
      自分が澄んでいないと、なかなかひとさまのお役にも立てない。だから清めておこう。
      改めて、そんなことを感じている今日この頃です。
      お問い合わせ、ご依頼はメールで受け付けております。現在、少しお仕事が立て込んでいて納品まで少しお時間を頂戴するかもしれませんが、お気軽におたずねくださいね。詳しくはプロフィールページをどうぞ。→★
      2016.04.01 Friday

      春をどうぞ

      0


        いつもアクセスありがとうございます、藤井まほです。
        なんだかずっとぱつぱつでやっている今日この頃なのですが、こちらは散歩中にゲットした春色の写真です。忙中閑あり^^
        ソメイヨシノではなく、もう少しピンクの濃い品種。名前はわからないのですが。
        東京でも桜が満開ということらしいですね。みなさまのお住まいの地方はいかがでしょうか。


        桜と言えばやっぱりピンク。この間組んだ石のグリッドでも、ピンクの石をいくつか使っていました。
        あの記事では、ピンクダンビュライトのこと、書きましたよね。ホロスコープの形に並べたときに、1ハウスに当たる場所に置いた石です。
        ピンク(ハートチャクラの色)で条線が入っているので、「ハートを伝える」みたいな感じかなと思ったって、あの記事には書いていました。あまり深くは考えてなかったのですが。


        そのあと、いろいろ考えてみたところ。
        わたしの出生図(生まれたときの天体の配置を表すホロスコープ)では、1ハウスに魚座の土星があります。魚座ってぽわぽわっと曖昧でどんな色もパステルカラー化しちゃうようなところがある。そして、ハートに関しては、境界線がなくて全部融け合っちゃって「みんな一緒の気持ち」みたいな感じだったり。だけれどもそこに土星です。土星は規律を重んじ、抑制的で、冷やす天体。ルールに従ってきちんとしていることを要求します。ぽわぽわとか曖昧とか境界がないとか融け合うとかみんな一緒とかありえない(笑)。
        わたしの1ハウス(わたし自身を表す部屋)の色は曖昧なのに、そこに「きちんと」を求める星が在室している。
        それがときどき便利だったり、分裂してしまったり、苦しかったりします。


        便利なときは便利なのでいいんですけどね。
        そうじゃないときのために、わたしはここにピンクダンビュライトを置いたのかなと思いました。抑制したり、形を整えようとかしこまったりしないで、ハートを伝えてみる。そもそも曖昧なものなんだけど、とりあえず、曖昧なまま、伝えてみる。
        拾ったピンクの桜の花を、そのまま写真に撮って、見せてみる、という感じで。
        「いやーん、ピンクなんて似合わないから」とか「花を拾うとか柄じゃないし」とか、そういうのは置いておいて。
        きれいだなって思ったから拾っただけなんです、似合わないかも知れないけど、きれいだから見て!って。
        それだけでいいときも、ありますよね?


        春だから。ピンクもいいんじゃないでしょうか^^
        2014.11.26 Wednesday

        もっと伸びる!

        0
           
          先週土曜日の射手座新月が、ネイタルの金星の上で起こった藤井まほです、お久しぶりです♪
          せっかくの素敵なタイミングなので、ぼさぼさになっていた髪をばっさり切りました、というかまた刈り上げました(笑)。
          実は夏以来、そういうお年頃なのか、めずらしく不元気な日々が続いていて、髪もなんとなく切りそびれていたんですが(いつも行くヘアサロンが臨時に休暇に入っていて予約が入れられなかったなんてハプニングもあって)、金星の上で新月(出生の金星は外から見えやすい配置なのです)ということで、見た目から変えると気分も変わるかもと思ったのです。
          といっても思い立ったのが遅くて、いつもだと2週間後とかにしか予約を入れられないからダメもとで前日に電話してみたところ、ちゃーんと新月当日の予約が取れました。こういうのって天から「OK」といわれているようで嬉しい♪

          で、何をそんなにぐちゃぐちゃ落ち込んでいたかというと、実は誰もが通る加齢の悩みなのですが(笑)。これはある意味、根本のところでは解決しようのないものなので、まあ、とどまるところを知らないというか落としどころがないというか、悩まないで寝ちゃうしかないという形でしか終わらないものなのでした。
          こういう、長いトンネルってありますよね。
          ところで占い師をしていると非常によくあることなんですが、そういうときに拝見するチャートというのがどこか自分の抱えている課題ことと似たものを示している(さすがに加齢が悩みという方はいまのところいらっしゃらないのですがw)。リーディングを通して、自分の深いところにも触れるような経験が続いています。このところ拝見するチャートは、その方の「成長していこう」というテーマがはっきりと読めるものが多いんですね。
          ノエル・ティル氏が、一般に困難な相といわれるハードアスペクトを「成長のための緊張のアスペクト」と呼んでいて、わたしもそのとらえ方にすごく共鳴します。加齢の悩みというのは、どんどん衰えるほうにフォーカスしているから悩みになるのですが、同時にそこには成長する可能性だって含まれているんですよね。衰えだけにフォーカスしていたら、絶対に見えてこないんですけど。
          そもそもわたしは射手座オンナ(太陽と金星と水星が射手座)なので、年甲斐もなくアホの一つ覚えみたいに大人になることや成長することや伸びることばっかり考えてきたわけです(射手座人というのはたいてい足下を見ないで、遠くばかり見ているんですよ)。で、衰えという壁(老眼とかね)にぶち当たって珍しく落ち込んでたんですが……。こういうのは「らしく」ないっていうんでしょうね。自分でも居心地が悪い。
           
          来月には誕生日でまた一つ年をとるし……というわけで、自分の出生図にある「成長のための緊張」をちらちら眺めながら、それならどっちのほうに伸びようかなと考え始めたところです。こうじゃなくっちゃね!(笑)

          追記:髪を切ったら、ウソのように気持ちが晴れました。たぶん、伸ばしすぎはよくないんです、わたしにとって。
          2014.04.23 Wednesday

          紀州の旅から帰りました

          0
            世間では、活動宮のグランドクロスが猛威?をふるっているとかいないとか。これは、活動宮=牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座という四つのサインを運行する天体がクロス=十字の形をつくり向かい合う、という動きのことです。
            活動宮の四サインは、その名の通り、「活動」を始める、始めたがる性質がある。そこに天体が滞在することでその性質がきわだって、がちゃがちゃと動きが始まる気運が高まるというのが影響といわれます。(ちょっとざっくり書きすぎですね)
            十字を作る天体のうち、二つは現在逆行中なので、修正が入ったり、見直しの動きが出てきたり、一筋縄ではいかないかもしれません。

            そんななか、わたしも親戚(オットのいとこ)の結婚という、(わたしの感覚からすると)相当なよそごとに巻き込まれてオットの一族が暮らす紀州まで旅をすることになったのでした。(これもわたしの感覚からすると)東京から相当遠い紀州まで行くので、ただ結婚式のためだけにとんぼ返りするなんてイヤ。ということで、式の前に紀州入りし、温泉に泊まったあと、昨年訪れてすばらしかった玉置神社にまた寄らせていただくことにしたのでした。

            着いた当日は雨だったのですが、温泉に入った翌朝にはきれいに晴れて、散歩の途中で美しい朝露をたくさん見ることができました。

             

            そして、温泉をあとにして、奈良県吉野郡の玉置神社へ。日中はよく晴れて、暑いくらいでした。
            もともと修験道の盛んだった地域の神社なので、山のなかにあります。
            巨大な杉が何株も立つ、荘厳な雰囲気のところです。

            吉野の桜は今頃が見頃とのことでしたが、さもありなん、吉野と呼ばれるエリアよりはだいぶ南にあたるこのへんでも、山桜がたくさん咲いていました。山桜って、花びらが丸くて小さくて、ソメイヨシノよりも小ぶりでとてもかわいらしい花なんですよね。
            その花が残っている一方で、散ってしまった桜の木は、葉桜になったり、萼だけが残って木全体がぼわっと赤っぽかったり。それぞれの木がそれぞれの色になって、山がパッチワークのようでカラフルなのです。色だけでにぎやかです。
            お天気がよかったので、昼頃までウグイスを始め、いろいろな野鳥がさえずっているし。人里離れたところだし(といっても、わりあいと近くに十津川温泉郷があります)、杉木立のなかは光と影のコントラストが強く怖い感じもしますが、ちょっとしたパラダイスな気分も味わえるんですよ。

            去年訪れたのは5月末で、今回はそのときほどカナヘビは見なかったけれど、一匹のシマヘビは見ました。あとは、車で走っているときに猿を見ましたね。そのあたり、「猿飼」という地名らしいのです。

            紀州出身者とメオトになったために、何度も訪れていますが、なんというか、自然の濃さが違います。町はいいのですが、そこから離れてちょっと奥に入るときは「お邪魔します」とご挨拶しないといけないところです。以前、オットと結婚する前にとある滝まで林の中を歩いていたとき、素敵な木を見つけて思わず抱きついたところ、上から何かをぶつけられました。たぶん猿が何かを投げたんでしょう(笑)。猿のイタズラといえばそれまでなんですが、いろいろな形で結界?が張られていて、人間はそこに「お邪魔」しているだけの存在なんですよね。そんなことを感じる土地はそうたくさんはありません。

            あ、話がそれてしまいました。そんな紀州の玉置神社で、今年も「神砂」をいただいてきました。お住まいの浄化に使えます。鑑定のミストやソルトと一緒に少しずつですがおわけできますので、ご希望の方はお申し込みのときにおっしゃってくださいね。
            2014.03.29 Saturday

            桜をどうぞ

            0
              今日は思いつきで、ちょっと短い記事です。
              日本国内でも南のほうでは早くから咲いていたみたいですが、東京も昨日ぐっと気温が上がってから、ソメイヨシノがどんどん開き始めています。というわけで、寒い国の方々にささやかな画像でお裾分けです♪ これはソメイヨシノではなく、しだれ桜の花です。



              こちらは、吉祥寺の駅ビル、アトレの地下に生けてあったたわわな八重桜。室内なので完全に人工照明だけに照らされていて、昼間なのに夜桜気分でした。

              花屋さんにも大振りな桜の枝ものがたくさん入荷していますね。買うところまではなかなか行かないけれど(収められるほど大きな花器がないので)、見ているだけで気分はよくなるものです。

              卒業式や送別会のシーズンだし、春咲き球根の花(チューリップやラナンキュラス、アネモネ、水仙、フリージア、ムスカリなどなどなど!)で花屋さんはにぎやかですね。お店の外にも鉢物が並べてあったりします。そして、その前を通る人たちの顔が、きれいなんですよね。


              世間で言うお花見というのをわたしはあまりしないのですが、桜が咲いているのを見るのは好きです。桜並木の下を通るときも、人の顔には華やかな色が差します。
              これは、花のレフ板効果なのかもしれないし、花というもののエネルギーがふわっと投影されるからなのかもしれません。多くの花には実を結び、子孫を残すために虫を集めて受粉・授粉するという役目があります。エネルギーが高いのも当然ですよね。

              で、ピンク色の話なんですが。ピンクはハートチャクラの色。愛の色。女子力の色。
              子どもの頃からわりとピンクという色が単体では苦手でした(例外的に、薄いグレーとペールピンクの組み合わせだけは好きだった、なぜか)。でも最近、ようやく好きになってきたんですよ。なぜかなあ??? 自分でもよくわかりません。
              ピンクが苦手っていう女子の話はよく聞きます。

              でも、身にまとうのに抵抗があっても、見ることによって目から取り入れたり、花の近くに行ってその照り返しを受け取るなら意外と平気なんじゃないのかなあ。
              ピンクがちょっと苦手な方、花屋さんやお花見スポットに出かけて、ちょっと女子力補充をしてみたらいかがでしょうか? 何しろ、花が横にあると顔がきれいに見えるんですから^^
              2014.03.21 Friday

              春のはじまり

              0
                今日は春分の日でしたね。東京では(そして北日本ではもっと激しく!)春の始まりにしては、強風の吹き荒れる寒い一日となりました。

                西洋占星術では今日が一年の最初の日です。牡羊座から始まる一年のサイクルが、また新たに始まるのです。


                そんなわけで、今日こそブログを更新しなくては!というプレッシャーがどすどす肩にのしかかってきたのですが、そんな日に限って遠方まで夫とやっているケータリング屋さんの配達の仕事が入っておりそれどころではなく^^;;

                あ〜あ、と思っていたら、なんと配達先のお客さまからおみやげをいただきました♪

                とらやの季節の棹菓子、「新・春の野」!

                とらやですよ、とらや(嬉)

                ブログの記事は書けなかったけど、とりあえず春らしい写真をアップすることができました。ありがとうございます!

                これからはもうちょっとブログの記事も更新したいなと思っています。どうぞよろしく。<年初の誓いのつもり

                そして、4月1日のお申し込みから、鑑定料金を改定させていただくことになりました。ご予約日が4月以降であっても、3月一杯のお申し込みであれば現行のままで承りますのでどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

                みなさまにとって、今日からの新しい一年が刺激とインスピレーションに満ちた、元気なものになりますよう、それと同時に、安らぎの時間は平和で穏やかでありますよう、心からお祈り申し上げます!

                あ、そういえば、今日だけだと思いますが、googleの検索ページのロゴが、春分仕様のアニメーションになっていますね。すごくかわいいの。もし間に合ったら見てみてくださいね^^ →★
                2014.02.05 Wednesday

                立春の卵

                0
                  すっかりご無沙汰してしまった藤井まほです。立春が過ぎ、なんとなく気持ちが切り替わった方も多いのではないかと思います。かくいうワタクシ、お正月の山羊座新月から先週の水瓶新月までほぼ一ヶ月、SNSでだんまり状態になっていました。

                  ツイッターでもフェイスブックでも、飛び交う情報に圧倒されていた感じです。それに対して、ふだんはあんなにも饒舌というか喋りすぎの射手水星が、言葉を失っていたような状態。メール一通書くのにも腰が重い重い!

                  たまーにこういうこと、あるのです。わたしはアセンダント以外、風の星座に天体がありません(風=双子、天秤、水瓶の3星座です。ちなみに火=牡羊、獅子、射手。土=牡牛、乙女、山羊。水=蟹、蠍、魚となります)。
                  風の星座は情報やコミュニケーション領域をカバーしますが、まあ、わたしにはその手の何かが大いに欠落しているのです。要するに、情報処理性能がちょっとアレなんですね。なので、その分野でぼんくらさんというのがデフォルトなのですが、そもそも苦手意識があるのでその分野でスーパーマンになろうとして頑張りすぎてへたることもあります。
                  今回はその後者のほうだったのでしょうか。文章を書くのは仕事でもあるので、仕事のほうは仕事脳を使えばまったく問題がないんですね。どちらかというと、こういうブログを書いたり、ツイッターで気軽にお喋りしたり、ということがおっくうになってくる。もうちょっというと、ちょっと脳内ひきこもり?

                  そんなわけで、ひと月もの間、ウェブ世界では寡黙に過ごしておりました。半面、リアルの世界では、それでも結構忙しくしてたのですよ。ただ、それをブログに書いたりする気力が足りなくて^^;;
                  水瓶座で新月が起こり、暦上では立春を迎えて、ようやく、初日の出!というよりは啓蟄な感じです。そんなわたしの心境を表す写真がこちら。

                  ダイオプテーズという青〜緑色の鉱物が水晶の中に入っているものです。
                  わたしが石マニアだった頃、この手のショップで一目惚れしてしまって、分不相応だなと思いながらも「目が合っちゃったんだもん」と強引に自分に言い聞かせて連れて帰りました。不思議な形に磨かれているんですよね。わたしにはどうしてもこれが卵の半分に見える。そして、この割れた卵の片割れが、どこかにいるんじゃないかなーと思えてしようがないんです<物理的にあり得ない妄想。今こうして書いてみると、なんだか「ぼくをさがしに」みたいな妄想ですね(笑)。
                  春の卵というと復活祭ですが、なんとなく気分はリボーンre-born なのでした。

                  ひと月だんまりしている間に、ご縁があって、新しい企画に参加させていただけることになりました。公表できるようになったら、公表しますね。また、春までにはメニューを改訂、鑑定料も変更になるかと思います。そちらも決まり次第お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。
                  2013.12.25 Wednesday

                  merry christmas 2013 ♪

                  0
                    クリスマスおめでとうございます。ここ数日、みなさんはどのようにお過ごしですか? 文化の多様性にコンシャスな米国では、ユダヤ教やムスリムなどキリスト教圏でない人たちもたくさん暮らしているということで、必ずしも「メリークリスマス」と挨拶しない人もいるそうですね。

                    ユダヤ系の狭いコミュニティで育ったという知り合いの米人女性は、小学校に上がるまでクリスマスが何なのかを知らなかったと言ってました。
                    そう考えると、ほとんどの人がクリスマスづいている日本って全然違うなーと思わされます。

                    わたしはクリスチャンの家に生まれ育ちましたが、ミサにも行かず、オットが仕事で作った料理の「残り物(写真左)」をいただきつつひっそりとお祝いしていました。でも、その少し前に親戚や家族で集ったときにはちゃんとプレゼント交換などもしました。紙ものが好きなわたしには、毎年少しずつ買い集めるクリスマスデザインのカードや包装紙(写真右)を使える楽しい機会なのです^^

                     
                    12月は料理と配達でてんてこ舞いなので、ちょっとした息抜きは絶対に必要です。というわけで、横浜方面に配達のついでに、イルミネーションのきれいな横浜元町にちょこっと遊びに行ってきました。左は、夕暮れの元町イルミネーション。

                    元町って、昔からおしゃれな町として知られていますよね。だからなのか、イルミネーションもシックでクラシック。いまどきの盛大で豪勢なイルミネーションとは違って、心温まる
                    素敵な感じでした。歩いている人もどこかのどかで、ゆったりしているし。

                    元町には、このブログに何度も登場していただいているこだまあすかさんが働くカフェがあります。kaoris→★
                    このお店が、元町行きの目的でした。紅茶の種類が多くて迷うのが楽しい。そして、写真右は評判のボリュームたっぷりフレンチトーストです。ジェラートとマスカルポーネといちじくのジャムが添えてあって、ジェラートにかけるエスプレッソのソースまで! フレンチトースト好きの方にはおすすめです。自然光が溢れる店内はゆったりした雰囲気ですよ♪ このあとスコーンも注文して、相当ゆっくりしてしまいました。

                    以上、12月のワタクシでした。
                    忙中閑あり。何かと気ぜわしいこの季節には、ちょっと心を休めてくつろぐ時間を持ちたいですね。
                    ケータリングの仕事は31日まで続きますが、このあとはクリスマス前ほどには忙しくないはず。またブログ更新します!
                    2013.11.18 Monday

                    ありがとう懐かしい場所

                    0
                      自宅から徒歩数分という近さにあるため、大量のエッセンスやアロマのボトルを運ぶのに苦労がいらず、よく使わせていただいた某会議室が今年11月いっぱいで閉鎖になるそうです。
                      エッセンス(ダウジング)講座や、対面鑑定など、こちらでいろいろ(おっかなびっくり)初めてやらせていただいたことがたっくさんあります。遠方からもこちらにお越しいただいたみなさんのお顔を思い浮かべながら、あんなこともあったなこんなこともあったなと追憶に耽り。。。
                      とりわけ、いちばん好きだった部屋からは広い空が眺め渡せて、気分がよかったなあ、とか。
                      写真は、先日最後に借りたとき、その部屋から撮った夕空です。最後にこの景色が見られてよかったな。
                      春からは保育施設にリニューアルするのだそうです。素敵な建物なので、きっと長く活躍してくれるでしょう。お世話になりました!

                      さて。最後の訪問となったのは、とあるレッスンを受けるためでした。それは、なかむらかえるさん→★のタロット講座。なかむらかえるさん、またの名をなかえるさん。

                      なかえるさん、タロット講座なんかしてないじゃないの、とおっしゃる方。じつはこれ、わたしがなかえるさんのタロット読みに惚れ込んでごり押しでお願いしたもの。何しろ謙虚な方なので、「ほかにもっといい先生がたくさんいらっしゃる」などと辞退なさるのを暑苦しくもあれこれと言葉を弄していや言葉を尽くして説得し、「1回か2回だけなら」と受けていただいた貴重な時間なのでした。
                      内容はわたしのレベルに合わせていただいて、ピンポイントでわたしの知りたかったなかえるさんのタロットに迫る(予定でしたが、やはりここは読み手それぞれの個性ってもんもありますよね)、というもの。ご興味のある方は、直接なかむらさんにお問い合わせを。

                      わたしがいかになかえるさんのケルト十字に惚れ込んだかは、以前のブログに書いたとおりです →★

                      今週木曜日の占星術ブラッシュアップ講座は満席だそうですが、金曜日には西荻の「ていねいに、」さんでのタロットリーディングが好評につき絶賛受付中だそうです。なんと、西洋占星術のメニューも加わったようですよ!!
                      気になる方は、お食事かたがた、いらしてみては?

                      ところで、エレメンタルバスソルトのモニター募集は締め切らせていただきました。また別の形での募集をするかもしれません、そのときはよろしくお願いしますね。
                      また、定番の浄化バスソルトやミストつき鑑定は随時受け付けております。プロフィールページをご覧くださいませ。→藤井まほのプロフィールとメニュー 
                      Profile
                                  
                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      Selected Entries
                                  
                      Categories
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      はらいそ
                      はらいそ (JUGEMレビュー »)
                      細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      幻視と瞑想のガムラン
                      幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
                      民族音楽,ティルタ・サリ
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Search this site.
                                  
                      Archives
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                                               
                      PR