2017.12.06 Wednesday

サボテンのオイルでスキンケア

0

    久々のビューティネタの記事なんですが、白状すると、わたしはコスメにさほど関心がないのです。中学のときは水泳部でしょっちゅう屋外プールで日焼けしちゃってましたし、20代から30代にかけてはフライフィッシングに夢中でやっぱり日に焼けてたし。40代後半くらいからか、多少シミが目立ってきても、楽しい時間を持てた証だからまあいいかって思っています。

    いろいろなケアをするお金もないし、パートナーは年相応じゃないほうがキモチワルイって言ってくれるし(そのくらいにはやさしいです)……。

    でも、ここ1年くらいで、肌の調子がぐっと急降下したなという実感はあって。前にも書きましたが、アイコントアクリームを使ったりしています。

     

     

    そんな折、ご縁があって出会ったのが写真の、モロッカンカクタスオイルです。

    これまで、何らかのコスメを使って「ひと晩で効果を実感しました」というのを見てもそんなの広告だからな〜嘘くさいなと思っていたのです。でもね。自分でもそういうことを「実感」したのがこのオイルでした(嘘くさい?w。

     

     

    このオイルはブースターとして使えます、とあったので、いつも使っているアイコントアクリームやローション(福美水)、オールインワンゲルの前に使ってみたんですね。よく伸びるオイルなので、スポイト2滴分で顔中に使えました。

    ひと晩、このオイル2滴以外はいつものまんま。

    それなのに、翌朝、えーっと思ったのです。朝は普通に水洗顔なのですが、顔を洗いたくないくらい普通に潤っている。

    それで気をよくして朝晩と2滴ずつ使っていて、たぶん2日目には、目が大きくなったと思いました。もちろん当社比です、というか、若い頃に比べて目が小さくなってきていたことに初めて気づきました。

    なぜ大きくなったと感じたのかなと考えたら、オイルを使ってから瞼の二重が深くなって、少し目尻が上がっているんですね。代謝がよくなってむくみやたるみがちょっと軽減したのでしょうか? (目を小さく見せるとは、むくみたるみ、おそるべし!)

     

     

    使い続けてそろそろ1ヵ月になります。ビフォーアフターの写真が出せればいいんですけど、たぶん自分以外にはわかりにくいんじゃないかと思うんですよ。目の大きさとか。

    それでも最近は、スッピンで町に出てもいいかって思うようになりました。肌のもちもち感とか、つやとか、そういうのが近年まれに見る感じになってきたからなんですよね。あ〜昔こんなだったな!という。(いえ、出かけるときはそれなりに化粧してますよ、でも肌の調子がよければそのまま出てもいいなって思うくらい面倒くさがりなだけです、だから若い頃は基礎化粧+ポイントメイクでした)

    もちろん、すごく若返りました、とかいうのではないような気がします。目尻の表情じわなんかは(笑っちゃうくらい)笑ったときに同じようにできますよ。でも、それはそれでいいじゃないですか。

    一時期は鏡を見ながら、「ああ来年はもっとしわが増えちゃうんだなー」とがっくり来てしまっていたのですが、しわがあっても、肌に触れたら潤ってて、もちっとしてすべすべしてればいいんだなと思えるようになりました。

     

     

    肌が潤ったり、目が大きくなったり、顔がスッキリしたり。(冬になると避けられない、かかとのあかぎれもすべすべになりました、保湿力があるんですね)

    そういうのがわたしの感じている効果なのですが。

    このオイル、モロッコの大西洋に面した海沿いに育ったサボテンから採れるオイルなのです。

    正確に言うと、サボテンの実(フルーツ)のなかにある種子から採れます。ビタミンEが豊富で保湿力が非常に高いことで知られる植物オイルです。

    いろいろと面白そうなので、このオイルを輸入販売されているカクタスオイル合同会社の設楽かずみさんにお話を伺ってきました。そのとき伺ったお話は、ちょっと長くなりそうなので改めてまた書きますね。

     

     

    今日、これだけは書いておきたいと思っているのは、占星術との対応です。

    スキンケアとかいうと美にまつわることなのでなんとなく美を司る金星マターかなと思われがちですが、サボテンってそのとげとげの形状からして、ベタに火星が支配するのです。火星のシンボルマーク、♂からもわかりますよね。サボテンっぽい。

    で、なんで火星の支配するサボテンが、美を作るんじゃ?という話が、この次に続きます。どうぞお楽しみに!

     

     

    カクタスオイル、ご興味ありましたら。

    カクタスオイルさんのウェブサイト→ http://cactusoil.co.jp

    カクタスオイルさんのツイッター→ @cactusoiljp

     

     

    明日、12月7日は木曜喫茶室@東神田です。15時〜18時の間、グリーンの美しい静かなお部屋でお待ちしております。fujii.maho@@gmail.com(@ひとつに抜いてくださいね)までご連絡いただければ、詳しい場所などお知らせいたします。

    木戸銭は、1000円。ケーキと飲み物のセットか、タロットリーディング10分のいずれかをお選びいただけます。

    明日のケーキは、リンゴのタルト。コーヒーは、ネルフィルタのハンドドリップでまほがお淹れします。ほかにも紅茶、ハーブティーなどご用意しております。

     

     

    ネイチャーエッセンスは、南アフリカ10種ほどと、ヒマラヤンのチャクラセットを持参します。

    タロットは、さきごろ5才のお誕生日を迎えた「青い鳥のタロット」と、キティ・カハネ78枚フルデッキ。

    PCも持参しますので、占星術リーディングにも対応いたします。

     

     

    東神田のプライベートな空間でゆったりお待ちしております(靴を脱いで上がっていただくスペースです、電源あります)。

    藤井まほの木曜喫茶室についてはこちらをご参照ください。

    http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

     

    木曜喫茶室カテゴリ全記事

    http://majomaho.jugem.jp/?cid=24

     

    2017.10.02 Monday

    星と色の曼荼羅に参加してきました♪

    0

      10月1日の午後、武蔵新城の灯台屋さんで星と色の曼荼羅というワークショップがあり、参加してきました。

       

      星と色の曼荼羅FBページ(もう終了しています) 

       

      オーラソーマのプラクティショナー、みかどあきこさんと、星の伝書鳩、ホイリーさんのコラボワークショップ。伺ってみたらなんと初の試みで、大枠以外何も決まっていないという、わたしの大好物パターンの集まりでした。ホイリーさんと、灯台屋の丸岡さん以外はみなさん初対面でしたが、ピンと来た人が集まるというこの種の集まりにあるあるで、シンクロニシティ連発、何か必然があってこの日この場でお目にかかった方々なんだなーと、時間が経つにつれてわかってくるのでした。

       

       

      オーラソーマのボトルを1本ずつ選んで、その場に持ち寄られたタロットやオラクルカードやトランプを銘々が好きな枚数だけ引き、シェアやリーディングが飛び交うというとても不思議な場だったのですが。

      曼荼羅というタイトルにふさわしく、最後はオーラソーマのボトル全部(いまは115本になるのかな?)をぐるっと円を描くように並べてその真ん中に坐る、という希有な体験もできました。

       

       

      オーラソーマは20代の頃からなんとなーくお世話になっていたのが、この10年くらいご無沙汰しちゃっていて、その間に知らないボトルがたくさん増えていました! 知っているようでも、ちょっと離れているとその世界もいろいろと変わっているのですね! 昨日はオリーブグリーンがテーマカラーということで、オリーブグリーン毛氈の曼荼羅に。こんな感じ♪

       

       

      人というのはそれだけでエネルギーがあるように、色や物質(クリスタルやキャンドル、貝殻や羽根も持ち寄られました)にもエネルギーがあって、実は終わってから丸1日以上経ったいまでも、なんだかことばにできていません。情報量に圧倒されちゃったのかしら。ライターなのに(苦笑)。

       

       

      参加するということで家を出る前に引いた1枚は「21 ユニバース」。このワークショップの企画が始まったきっかけとなったボトル#111 大天使ダニエルに対応するタロットが「1 マジシャン」。ホイリーさんがその場で引いたカードの1枚が「0 フール」だったんですよね。

      ちょうどよい並びだったので、家に帰ってから、お土産にいただいた星のチャームが付いたオリーブグリーンマットの上に、持参してみなさんにも引いていただいたキティ・カハネのタロットを出して並べてみました。(キティ・カハネ・タロット、黄緑色が上手に使われているのでオリーブグリーンのマットとなじみがいいみたいです、面白いですね♡ ホイリーさんお土産ありがとうございました!)

       

       

      21で終わって、0でリセットして、1で新たに始まる。

      参加されたみなさんのお話を伺っていても、なぜか「終わりと始まり」がテーマになっているみたいで。切り替えのタイミングで、呼び声が聞こえたっていう感じだったのでしょうね。わたしも含めて。「今朝、FBでもう○○はやめた!」って宣言してきたところでした!とおっしゃった方もあったくらいで(すごい!)。

      みなさん、気持ちはそれぞれに違って、さっぱりしていたりわくわくしていたりもやもやが残っていたり悲しみを引きずっていたりしていたはずなのですが、なぜか決別っ!というよりは、温かくやわらかい空気に満ちていたのはオリーブグリーンのなせるわざだったのかなあ。

      色や光や音や、さまざまなエネルギーに囲まれて、自分の新たな出発をかみしめる日となりました。ありがとうございました。

       

       

      最後に。余談になりますが、ホイリーさんがジェムトランプなるデッキを持ってきてくださっていて。

       

       

      そこからわたしが1枚引いたのが、タルクのカードでした。タルク! タルカムパウダーのタルクですよね。だから、その場では、これは石としては脆くやわらかくくずれやすいけれど、人の役に立つ!っていう乙女座っぽい1枚なのかな〜なんて思っていたのです。

       

       

      家に帰って調べてみたら、タルクは滑石だとあって。滑石! これは漢方薬の猪苓湯の原料のひとつなんです。猪苓湯と言えば膀胱炎の妙薬で、20代から30代にかけて疲れるとすぐに膀胱炎になっていた頃、すごーくお世話になったのwww だからおなじみの石。

      オラクルカードと考えると、ちょっと膀胱に疲れ溜まり気味かもね、気をつけようっていうことだったのかもしれません(笑)。お茶飲も!

       

       

      調べていたら、タルクが含まれるソープストーンの意味や効能というのも出てきて、射手座(わたしの太陽水星金星がある星座)に対応しているとか、古いルーティーンを手放して素敵な新しいものを迎え入れるのを助ける(まさにワークショップの、射手座23度のテーマでしたね!)とか書いてあって、いろいろな符合に笑っちゃいました。というのが、夜、一人でネットを見ていたときのオチでした。(やっぱりね、こういうふうに面白おかしくサゲっぽいやつがつくでしょう? 射手座w)

      2017.02.21 Tuesday

      新しい練り香水 HUG

      0

         

         

         

        いつもアクセスありがとうございます、まほです。

         

         

        ビューティー・プロデューサー、牧野和世さんによる練り香水。ア・ピースフル・ワールドというシリーズの第1弾「ラブ」に続いて、第2弾「ハグ」が発売となりました!!

         

         

        アピースフルワールド ハグ

         

         

        最初から、これはシリーズものなんですよとうかがっていたので、「ラブ」を気に入っていたわたしは第2弾をとても楽しみにしていたのです♪ どんな香りになるのだろうって。

        で、早速試してみて、なるほどこれは素敵と思ったのでご紹介しますね。

         

         

        「ハグ」はその名の通り、ハグを促進する香りです、以上。

         

         

        というのではあまりにもシンプルすぎるので、第1弾の「ラブ」と比較してみましょう。

        「ラブ」については、最初に使ってみたときの感想を以前ブログに書いていますので、詳しく知りたい方はどうぞそちらもご覧くださいね。

         

         

        やさしくされるってどういうことか、がわかる香り

         

         

         

        「ラブ」は、赤ちゃんの香りをイメージして作られた香りだそうです。どちらかというと石鹸系で、誰にでも好感を持たれます。

        それをつけていると自分を許せるし、自分が好きになるし、周囲を信頼できるようになる――それが「ラブ」への第一歩だというわけです。

        周囲の人にやさしくされると、自分が好きになる。自分が好きになると、周囲にやさしくなれて、それがまたやさしさとして循環する。

        それが「ラブ」の効果じゃないでしょうか。

         

         

        一方、新作の「ハグ」は、その「好感」をもう一歩進める、触りたくなるような香り、と言えるんじゃないかと思います。

        この香りが漂うと、声をかけようかなとか、この人ともう一度会いたいと思わせたりできそう。パートナーがいる人なら、これまでより親密になれたり。次のデートではもう一段階進めてみようかなとかね。

        そういう効果がありそうな気がします。

        もう1歩距離を縮める香り、という感じでしょうか。

         

         

        落ち込んでいたり、傷ついていたりして自信がないなというときは、世界に自分の居場所を作るために「ラブ」を。

        恋を求めているときや、パートナーとやや煮詰まった感がある場合は、引き寄せる「ハグ」を。

        春も近づき、暖かい日なら少し薄手の服も着てみたい。そろそろ新しい香りを試したくなる季節、もう1歩進めたいなら「ハグ」をおすすめします!

         

         

        こちらのサイトでどうぞ。

        COCOMA

         

        2016.11.10 Thursday

        占いがくれるもの

        0

          いつもアクセスありがとうございます、まほです。

          先日、西洋占星術師のほともこさんと、星詠み写真家の野本由美子さんと3人で、篠山紀信「快楽の館」@原美術館〜荒木経惟「淫秋 ― 般若心經惟」@アートスペースAMの濃ゆ〜いハシゴをしたときのこと。

          写真撮影がOKだったアートスペースAMで、野本さんに不意打ちで撮られてしまいました。何かお喋りしながらくるっと振り向いたら後ろで野本さんがカメラを構えていらしてパシャッと。ひゃーそんなひどい!って思ったんですけど、なんか、撮ってくださった写真が実物以上に素敵で(笑)。フェイスブックではトリミングしたものをプロフィール写真に使わせていただいています。

           

           

          野本さんは占星術師でありながら美しい笑顔の写真を撮る写真家でもあり、現在、撮影会への参加者さんを募集されています。「人を本質に導く力」で写真を撮ってくださるなんてちょっと嬉しいですよね。たしかに、写真家の方の腕がよいと、被写体の本質って引き出されるものです。わたしは長年、編集者・ライターとして人物撮影の仕事に立ち会ってきたのでわかります。

          わたしのことを直接ご存じの方は、野本さんの写真にわたしの本質が表れてるのかどうか、きっとおわかりになるかもしれませんね(でも、わたし自身は自分の本質ってよくわからないので、写真をほえーって見てるだけですけどw)。

           

           

          撮影会の申し込み方法など、詳しくは野本さんのブログをご覧くださいね。

           

           

          http://ameblo.jp/nomoyumi-smile/entry-12207187258.html

           

           

          実はこの日、上の写真のほかにもう1点撮ってくださったのがあって。加工してもよいと許可をいただいたので、2種類をお見せします。わたしが見つめているのは、アラーキーの写真+般若心経の作品です。

           

           

          同じ写真を加工しただけなのですけれど。上の写真はちょっと淋しそうだし(アラーキーの作品はなんだか怖いしw)、下の写真はなんだか楽しそうに見えませんか? でも、上の写真は下の写真を加工しただけなのです。

          この間、占いって何だろう、何の役に立つんだろうという超シンプルな疑問について考えていたんですよね。

          で、結局行き着いたのが、占いのよさというのは「(それまでと)違う視点をくれること」じゃないかなぁと。

           

           

          ほとんどの場合、占いに来られる方というのは上の写真みたいにちょっと淋しかったり不安だったり心配だったり怖かったり自信がなかったり迷っていたりするのだと思うのです。わたしも、しょっちゅうそういう状態になります。

          でも、占星術にしてもタロットにしても、自分で無心にチャートやカードをぱっと見てみるだけで、それまでの自分に対して「あれ?」って思えたりするんですよね。

          いちばんいいのは、自分で読むよりも、どなたか別の占い師を訪ねて見ていただくことなのですけれど。

          占い師の方は、わたしがお話しする今の心境とか現状とかをさらっと聞いた上で、ホロスコープや暦を見たり、タロットを読み解いたりするなかで、「これってこうじゃないんですかね?」と言ってくださる。わたしの抱えていることを全部見渡せるわけではないのに(え〜それお話ししてないのに、とか、そんなことまでわかるんですか!ということもありますよ)。

          「やっぱりね」と腑に落ちる場合もあるんですが、「えーそうだったんだ!!!」という初耳事項も多くって(笑)。

          初耳と言っても、ほんとうは自分のなかにあって、だけれどもそこに光が当たっていなかったことがほとんどです。だから、あ〜やっぱりみていただいてよかったわ♪と思ってしまうことがたびたびなんですよね。

           

           

          そのときの自分というのを思い浮かべてみると、占われる前に比べて、少しは、下の写真みたいな気分になっていたりするんですよね。そういう意味では、このひと組の写真は、占いの使用前使用後とも言えると思います。

          占いでは、自分の意に染まないことをアドバイスされることもあります。やりたくなかったことを「でも、やっぱりやらなきゃいけないんじゃない?」って言われてしまったり。

          でも、占断やアドバイスを聞いたあとは、その前の「なんだかわかんなくてもやもやする〜っ」という状態ではなくなっている。そういう意味では、一段明るいところに抜けたのでしょう。

           

           

          前よりはちょっと明るいところに抜けたり、ずっと上がってきた階段の踊り場に出たり、自分を外側から眺められたり、風景を楽しむ余裕が生まれたり、悩んでいた自分自身に言葉をかけられるようになったり。

          いろいろなケースがあるだろうとは思うのですが、違う視点が得られるとそれまでとは視界が変わって少しだけ楽になります。

          世界がバーンと変わって超前向きになれるとか、すべての荷物を肩から下ろせるとか、いまの自分と全然違う別人格になれるとか、身長がいきなり10センチ伸びるとか、絶世の美女(なんだそりゃ?)に生まれ変わるとか、そういうことはたぶん滅多にないと思います、残念ながら。

          問題はすぐに解決しないし、抱えている現状はすぐに変わらない。かもしれない。

          けれども、自分の視界が変わってる、かけている眼鏡の度が自分の視力に合って世界が少しクリアに見える、そんなことが占いの効能だと思います。

          そのあとは、占いやアドバイスを受けたあとの自分の運用次第なんですよね。それが「開運」ということの内実なんじゃないかなと思っています(開運について詳しくはまたいずれ、別の機会に)。

           

           

          さて。

          藤井まほの鑑定メニューを少し変えました。対面の時間を長くしたのがいちばんの違いです。まだこれが決定版とは行かなくて、お客さまのご要望に応じて少しずつ手を入れていく予定ですが、でもひとまずこんな形で

          藤井まほプロフィールページ

           

           

          そして、おまけの香りのもの(ミストやソルト)は、無料オプションとしてつけるかつけないかを選べる形にしました(香りのもののオプションをつけなければ、ご住所をうかがうことはありません)。

          次回は、香りのものについて少し、こちらのブログで書く予定です。

          北国からは初雪の便り。東京でも木枯らし1号が吹きました。みなさま暖かくしてお過ごしくださいね。

          2016.04.03 Sunday

          サンキャッチャーのワークショップに参加しました

          0


            いつもアクセスありがとうございます、藤井まほです。


            昨日は、東京・自由が丘にあるマンナさんのアトリエで開かれたサンキャッチャー作りのワークショップに参加してきました。
            マンナさんは、わたしのつくった浄化ミストも置いてくださっている、石のお守りアクセサリーのお店です。


            mauna(マンナ)


            参加した方は全部で4人で、少人数制で和やかな感じで進むワークショップです。写真に写っている、いちばん左の地味な感じなのがわたしが作ったやつです、わかりやすいですよね(笑)。


            作り方はすごくシンプルで。まず、使う石を選ぶ。並べる順番を決める。止める位置を決めながらテグスに通す。吊すわっかを作る。以上(笑)。シンプル〜♪
            間違えるっていうこともありません。


            ときどき、選んだ石を覗き込んでマンナのオーナー、佳子さんが「それは浄化にいいんですよ」「これはね、ハートの石♡」とか教えてくださるんですけど、基本的に、どんな石をどんな並びで何個使おうが自由で。石の意味よりも、自分の気分が大事。そういうところはわたしにすごくしっくりくるのでした。


            わたしが前からマンナさんでサンキャッチャー作ってみたいなと思っていた理由は、スワロフスキーとかではなく、石のビーズを使うからなんです。つり下げたとき一番下に来る、キラキラした大きめのパーツだけがガラス製で、あとは全部ホンモノの石のビーズなんですよ。


            石なので。
            選ぼうとしてさわっているときに、なんだかすごく気持ちがいい。「この色は○○チャクラに対応してる」とか「○○の癒やしにいい」とかそういう意味を離れて、無心に、無口に、石と遊んでいる感じです。あ、わたしは普段すごくお喋りなんですけど、何かを選んでいるときはほんとうに無口になってしまうのです(笑)。


            それと、アトリエの空気がいいんですよね、いつお邪魔しても。それは佳子さんのまとっている空気なのかもしれませんが。
            置いてある石もいつもキラキラしているし、鉢植えの植物も元気で。
            だから、興味のある方はぜひアトリエを訪ねてみてください(予約制です)。


            なんですが、なんとこのサンキャッチャー作り、ゴールデンウィーク中に今度は予約なしで体験できるそうなのです。
            というのも、佳子さんがすごく気に入ってしまったという鎌倉のギャラリーがあって。そちらで期間限定ショップを開くそうなのです(3月に続いて2回目)。
            そして、そのショップの営業時間中であればいつ訪れてもサンキャッチャー作りを教えてくださるのだとか。
            いつも楽しく元気で、アトリエにもいい「気」が流れているマンナの佳子さんが気に入ったというのだから、絶対に素敵な場所なんでしょうね。行ってみたくなりました。


            マンナさんの期間限定ショップ@鎌倉小町


            ピピッときたらぜひ覗いてみてくださいね。きっと何か出会いがあるはず。
             
            2015.08.15 Saturday

            ウラナイ・トナカイ行ってきました♪

            0


              獅子座新月明け。今日はきれいな空でしたね。これは帰り道に撮った写真ですが、行ってきたのはこちら。

              中野トナカイのお引っ越し先のウラナイ・トナカイさん。→★

              南阿佐ヶ谷にお引っ越しして、ますますご近所になってしまった…。
              グランドオープンは8月25日(火)なのですが、今日はプレオープンイベントということで、いつもお世話になってる三上牧さんと芳華美々子さんの「占いとアクセサリー」、お邪魔してきました。

              三上さんのアクセサリー、今日は(わたしにしては)珍しい感じのを連れて帰ってきましたよ。



              (手のしわが美しくないのでサムネイルサイズにしてますがww、石をちゃんと見たい方、写真をクリックして拡大してくださいませ)
              一応、ブレスに合わせて帰宅してからネイルもラベンダー色のを塗ってみました♪

              このブレスをつけるとどうなるんですか?と三上さんに伺ったら、「やんわりと断れるようになります」と。あはは^^;

              実は、いまちまたで話題の木星乙女座入りなのですが、わたしにとっては出生の7ハウスでの出来事です。
              7ハウスはお客様、パートナー、配偶者の部屋。
              もともと7ハウス乙女に強い星がががーんと鎮座ましましてる出生図なので、仕事面ではクライアントからのご要望が基本、無茶です。で、いつも「泣きそう!」(ほんとよ)と思いながらもがしがし?お仕えしてるんですが。
              その7ハウスの乙女座に、いろいろとたくさん盛りまーす♪と木星さんがいらっしゃったので、たぶんこれからはもっと無茶振りの嵐です;;(こういうとき、占いには当たってほしくないと思ったりします)

              でも、そういうタイミングでこれ、いいですよね。
              このブレス、ピンクとか入ってたりしていつもなら選ばない感じなのですが、間に挟まっているスリーピングビューティのターコイズが「だいじょぶだいじょぶ、着けられるから」って呼んでくれました(笑)。

              ちょうどわたしがお邪魔してたときには、ご来店中のほかのお客様やお友達の間で、ペンデュラムを使って自分に合う商品を選ぶ小さなブームだったので、わたしもペンダントを外してちょっとかざしてみたのですが。笑っちゃうくらいYESの方向に回るので、即お連れすることに…。

              美々子先生にもタロットで占っていただいて、励まされました。内容は内緒w

              ウラナイ・トナカイは、8月25日17:00にグランドオープンです。
              ドリンクサービス、ワンコイン占いなどあるそうですので、お楽しみに!!

              一応住所と電話番号も書いておきますね。
              いろんな告知ページをブックマークしてたのに、結局住所を呼び出せなくてグーグルマップを使えず、三上さんのサイトで見たグーグルストリートビューみたいな写真の記憶に頼ったわたし(汗)。

              ウラナイ・トナカイ
              東京都杉並区成田東5-42-9
              tel 03-3220-9477

              でも、南阿佐ヶ谷駅からも阿佐ヶ谷駅からも、とってもわかりやすいですよ。
              方向音痴のわたしが言うんだから大丈夫です(笑)。
              2015.07.02 Thursday

              やさしくされるってどういうことか、がわかる香り

              0

                こんにちは、藤井まほです☆

                遅まきながらのお知らせなのですが、今週、J-WAVEのDJ TAROさんの番組"Hello World"(22:00〜)のゲストは、ビューティープロデューサーの牧野和世さんです。
                DJ TAROさんとのトークは、題して「星座別・2015年の夏は、この香りでハッピー☆」。

                Hello Worldのサイト→★

                わたくし藤井まほがこの夏の12星座の運勢を占ったのをベースに、香水のスペシャリスト、牧野さんが星座別のオススメ香水コーディネイトを指南してくださってます。(お知らせが遅くなって、自分の星座のOAを聞き逃しちゃった方、ごめんなさい汗)

                番組OAは今夜と明日の晩もありますので、お時間許す方はぜひお聞きになってみてくださいね!
                香水コーディネイトに登場する香りは、メモっておくといいですよ。

                牧野さんとのご縁は、昨年VOGUE誌上で、香水コーディネイトと星占いのコラボ企画をご一緒してから。
                太陽射手座同士、お喋りは長いし夢ばっかり膨らむんですが(笑)、オトコっぽく気が合います。いえいえ、牧野さんはとっても美しくて、そのオトコっぽさというのは裡に秘められた情熱なんですけどね!

                牧野和世さんのブログ→★

                牧野さんは、アダルトです(わたしよりだいぶ若いけど)。だからこそ(ここは太字で書いちゃいます)年齢に関係なく、「女子」がより美しく輝くためのいろいろなことを、ビューティー(特に敏感肌のスキンケアと香水がお得意)&温め&サプリといった方面からご紹介・ご提案していらっしゃいるんですよね。

                市販の香りをほとんどすべてご存じの香水のエキスパート。しかも、女性男性に香りの好みをリサーチした膨大なプロファイリングデータをお持ちなんです。「この男性のハートを射止めたい」という依頼に応える香りのコーディネイト(数種類の香水をレイヤーして使うのが牧野さん独自のやり方)を、香水診断というメニューで提供していらっしゃいます。いまはずいぶん先まで予約で埋まっているらしいのですが…。

                じつは、わたしもこの香水診断、今年2月に受けてきました。香水診断って、ほんとに診断だけなんです。その場で買わされるとかそういうのがなくて、診断を受けたら自分で香水を買いに行って、それがスタートなのです。
                占いも一緒ですよね。占ってもらうだけでは何も解決しなくて、その占いを自分の生き方にどう生かすかでその後が決まる。要するに、その未来を選択するかどうかは、占ってもらったあとの行動で決まるんです。
                占い師としてそういうことがよくわかっていたので、診断を受けた帰り道にそのままヒカリエに寄って薦めていただいた香水を買ってきました(笑)。

                そのときに、もうひとつ薦めていただいたのが、牧野さんがプロデュースした練り香水、ア ピースフル ワールド ラブです。

                peaceful_world_love

                パッケージ、かわいいでしょ? 赤ちゃんの香り、をイメージして作られた香りです。
                赤ちゃんって、周囲に守ってもらわなくては生きていけないですよね。だから、頭皮から特殊な香りを出してみんなに「わたしを守って、世話をして」と信号を発しているというのです。

                香りが穏やかめで、しかもワセリンと蜜蝋ベースの練り香水なので肌がアルコールにちょっと…という方も大丈夫かも。石けんのような、蜂蜜のような、アジア系のお香のような、落ち着く香りです。

                でもね、最初にこれをつけたときは、「わたしには似合わないんじゃないか」って思いました。なんか、かわいすぎるような気がしたんですよ。
                それでも試しに、と思ってこれを手首につけて外出したら、なるほどなーという効果を実感しました。
                たとえば、コーヒーを買ったド○ールの店員さんとかに、にっこりされるんです。店員さんとか駅員さんとかに、あ、ごめんなさい!というようなことをしてしまっても「あ、いいですよ」なんて言ってよくしてもらうことが増えて。

                それは一見、些細なことのようなんです。だって、かりに意中の人がいるならその人にもてたいと人は思うわけで、別にコーヒー屋さんでやさしくされたって関係ないですもんね。
                だけど、「あ、やさしくしてもらえたな」と思う経験が増えると、なんだか自分でもにっこりできるようになってくるんですよ、不思議なことに。だから、人にもやさしくなれるし。

                これは、頭で考えたり想像したりしてもダメで、経験してみないとわからないことなんですね。身につける香りを変えるだけでこういうことが経験できるなんて、ちょっと面白いですよね。

                わたしは、身につける香りには自分のためと周囲のため、というふたつの種類があるってつねづね考えています。
                たとえば、ホロスコープをもとにお客様用にわたしが作るミストの大半は、「アファメーション用」みたいなものなんですね。「わたしはこうありたい、こうなる」と自分の潜在意識に働きかけるミスト。だから、香らせて人を惹きつけるというタイプではないのです。
                一方、香水は持続性もあるので、自分と周囲と両方に香らせることができます。
                このア ピースフル ワールド ラブは、最初に書いたように、自分では何もできない赤ちゃんの香り。自分では何もできないということは、ある意味無条件で周りの「世界」を信頼しなければいけないし、無条件で信頼しているってことなんですよね。

                わたしが、この、やさしくされる香りが「自分に似合わない」って思ったのは、「自分はやさしくされなくても大丈夫」と思っていたからかもしれません。でも、そう思っていた心には「世界」への信頼が足りなかったのかも、といまは思えます。「世界」を信頼できないから、自分が強くならなければと考えていたふしがある。まあ、人は強くなくちゃ生きていけません。でも、だからといって「世界」に頼らないでは生きていけない。案外、「世界」との折り合いをつけるのって大変なんですよね。

                まずは自分の周囲の「世界」を a peaceful world (平和で穏やかな世界)と感じるために、この練り香水は役立つのではないでしょうか。
                2015.04.09 Thursday

                ミックスサファイアのブレスレット

                0
                  昨日は、わたしのミストやバスソルトを扱ってくださっている、「かわいいお守りアクセサリーのお店 mauna(マンナ)」さんのアトリエにお邪魔して、ブレスレットとアンクレットを連れて帰りました。

                  マンナさんのブログ

                  マンナさんのウェブショップ

                  上の細いのが小さいヘマタイトのビーズをつないだアンクレット用。小さなカレンシルバーのチャームを付けていただきました。
                  ヘマタイトはグラウンディングにいい石。このところちょっとふわふわ気味だったので、地に足をつけようと思ってアンクレットに(笑)。

                  手前のカラフルなのがブレスレットです。こちらにもカレンシルバーを一つ、入れていただきました。
                  石は色違いのサファイアが使われています。サファイアはコランダムという石。そのなかで赤いのがルビーと呼ばれますが、ほんとうに色とりどりなんですよ。サファイアとか、ガーネットとか、トルマリンとか、オパールとか、同じ名前でも色違いがあって楽しめる石が好きなのです。
                  サファイアってちょっと強さを感じます。だけど、こんなふうに小さい石が色違いで並んでると、ちょっと「女子」っぽさもあっていいでしょ? パワーあるけど見た目女子、って感じがほしくて、このブレスを選んだのでした。

                  石の効能とかには疎いほうなので、ヘマタイト=グラウンディングは覚えていたのですが、サイズ直しをお願いして説明書と一緒に受け取ってもそれを見もせずに、まだ「サファイアってなんの石だっけ?」状態でした。石を選ぶときってもう石しか目に入ってないんですよね、単純です(笑)。

                  マンナの松本さんは夏至生まれで太陽双子座、わたしは冬至生まれで太陽射手座のオポジション関係。ご縁ある誕生日ということもあってなのか、お目にかかると長くお喋りしてしまいます。素敵な観葉植物の置かれた明るいアトリエの、居心地よい雰囲気でリラックスしちゃうせいかも。もちろん、置いてある石もみんなキラキラしてるのですが。
                  松本さんのお話は、気持ちが明るくなる縁起のよいことが多くて、お喋りしているだけで元気が湧いてきます。そんなことから、遠方からお越しになるお客様も多いのだとか。

                  お喋りが楽しくてすっかり長居してしまったあと、駅に向かう途中でスマホの着信に気づきました。なんと、新しいお仕事の依頼でした。あとからサファイアの説明書を読んだら、「勝利の石」とありました。
                  あ、そうか。わたしはこのブレスレットを身につけることで「勝負」に出たかったんだなとわかりました(遅い)。でも、最初から「勝利の石」ってわかってたらサファイアは選ばなかったかも。
                  そういう意味でも、石って面白いですよね。わたしは効能を知らないで、ぴんときた石を選ぶほうが自分でも気づいていない自分がわかっていいような気がします。

                  ★マンナさんのアクセサリーはネットショッピングもできます。サイズ直しや、チャームをつけたり取ったり、シルバーをゴールドに変更とか、リクエストにも親切に対応してくださいます。

                  ★都内/自由が丘にあるアトリエで実物を見たり、手に取ったり、松本さんのアドバイスを受けたりしたい場合には予約制なのでご注意くださいね!(詳しくはサイトでご確認ください)
                  2014.09.01 Monday

                  夏もそろそろ終わりです

                  0
                     9月に入りましたね! すっかりブログの更新をさぼってしまいました。5月くらいからライター業の仕事が詰まりはじめ、ちょっと体調も崩し気味で毎日のお薬を変えたりしているうちに気がついたら9月になってしまいました。その間にいただいたミストやソルトのオーダーはちゃんと果たしていたのですが、なかなか新規に承れない状況だったりして……。すみません! 今月からは柔軟天体7個さんらしく、新しいことも臨機応変にやっていきたいと思います。
                    写真は、東京・駒場の日本民藝館。先週の土曜日、陶芸の「濱田庄司展」を観てきました。母方の祖父が民藝の方々と関わりがあって、濱田さんの焼き物や日本の民藝は小さい頃から見慣れていたせいか、どこか懐かしい感じがしてとても好きです。
                    展覧会といえば、川口忠彦さんの展示、明日までとなりました。ツイッターでは少しツイートをしたりもしていたのですが、結局ブログでのご紹介が楽日前夜になってしまって申し訳ないです。
                     会場1、A STORYさんではこのような感じで「青い鳥のタロット」の絵が並んでいます。タロットカードのサイズとも、前回の個展で展示されたような大判に印刷されたものとも違う、細部がわかるんだけれどもインティメートな感じがよかったです。
                    そして、会場2。HILL VALLEY STUDIOのほうは、実はまだ未見なのです! わたしは明日、夕方頃にはうかがう予定です(結局最終日になっちまいました;;)。ライブペインティングで制作した作品が屋外に展示してあるので、そちらも見たい方はぜひ日のあるうちにいらっしゃってくださいね。

                    会場の場所など詳しいことは、川口さんのサイトをご覧ください!→→→ HESOMOGE.COM
                    と、今日は短いですが、明日に向けて告知まで。
                    もし会場でわたしを見かけられたらどうぞお気軽にお声をかけてくださいねはーと
                    2014.03.24 Monday

                    サビアン占星術プレ講座に行ってきました(3月27日加筆訂正しました)

                    0
                      先週の土曜日は、カイロン東京校で4月から開講される、すずきふみよし先生のサビアン占星術講座のプレ講座を受講してきました。会場は、中野サンプラザのセミナールーム。



                      サビアン占星術というのは、12サイン(星座)×30度=ぐるっと一周360度につき、ワンフレーズずつ、象徴的な詩句(サビアンシンボル)が割り振られていて、それを使って占星術の読みを深めていく、というものです(使い方は読み手によっていろいろあるでしょうが)。

                      たとえば、牡羊座1度には「女性が水から上がり、アザラシも上がって彼女を抱く」、わたしの誕生日の度数、射手座29度には「芝生を刈る太った少年」というフレーズが割り振られています。

                      ちょっとマニアックというか、マイナーなものじゃないかと個人的には思うのですが、少なくとも周りの占星術クラスタを見回すと、かなり人気があるのです。不思議なことに。

                      日本の占星ソフト、スターゲイザーを使うとワンクリックでその度数のシンボル=詩句を表示できることとかも含め、そこには​いくつかの理由がありそうですが、やはりこの象徴的な詩句が魅力的なのと、「当たっている!」と思わされることが多いのでついのめり込んでしまう、ということがあるのではないでしょうか。



                      もちろん、わたしの出生太陽の度数が「太った少年」だからといって、わたしが太っているわけではないように、必ずしもベタにその文言そのままというのではないのですよ! 念のため。でも、まあ自分では「痛いところを突かれている」とおもうことしきりで^^;; そんなわけで、わたしも占星術を学び始めた結構最初の頃から、サビアンシンボルを気にしてはいました。

                      ただ、原典とされるものが一つではない(ざっくりいってジョーンズ版とルディア版があります)ところから、日本で出ている翻訳や解釈がまちまちで。いちおう、大学では困ったときには原典に当たれと教えられたのが頭の隅にあったので、いくつか買ってはみたものの、そもそも詩というものが苦手なんですよわたしは@魚土星。

                      それで、原典に関してはあっという間に投げ出したまんま、今に至っていたんですけれども。



                      そんなときに、すずき先生がサビアンシンボルに関する原著である「二つの版を丁寧に読み解く」講座を始めるというので、いそいそとプレ講座に行ってきたのでした。




                      プレ講座のテキストなのに、20ページも! みっちり(あ、右はジョーンズ版の原典です)。本編になったら、いったいどれだけの内容になるのだろうと気になります。



                      そして、すずき先生の解説は、ほんとうに丁寧で。一人で原典を読んで投げちゃってたわたしも、これならついていけると思いました。新解釈とも言えるけれども、むしろ、霊能者の言葉だからとか詩句だからということで今まで紗がかかっていたのがはぎ取られ、シンボル一つ一つの骨格がはっきり見えるようになる読みと言えるんじゃないでしょうか。

                      サビアンシンボルの成り立ちについても、アウトライン的にわかっていたことがきっちり時系列的に把握できて勉強になりました。



                      すずき先生ありがとうございました!!!



                      本編は4月5日から月に2回ずつ、一サインを15度ずつに分けてみっちり解説してくださるそうです。まだ残席あるそうですので、サビアンに興味ある方はぜひ!

                      3月27日追記です。
                      カイロン東京さんの会場の関係で、こちらのサビアン講座は中止になったそうです。
                      ご興味お持ちのみなさん、すずきふみよし先生にリクエストして、また別の形ででも開講していただくようお願いしましょうね☆




                      すずきふみよし先生のブログ→★















                       
                      Profile
                                  
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      Selected Entries
                                  
                      Categories
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      はらいそ
                      はらいそ (JUGEMレビュー »)
                      細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      幻視と瞑想のガムラン
                      幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
                      民族音楽,ティルタ・サリ
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Search this site.
                                  
                      Archives
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                                               
                      PR