2018.11.09 Friday

開運☆香水診断と、今サイクル最後の火星クラッカー@魚座のお知らせ

0

    木星が自分の支配するサイン、射手座に帰ってきたということで一部賑やかでしたね。昨夜は。

    藤井まほも、新月明けの木曜喫茶室@東神田を無事終了することができました。お越しいただいた方、告知を拡散してくださった方、温かく応援してくださったみなさま、ありがとうございました。

    来月の木曜喫茶室@東神田は、12月13日を予定していますが、毎年11月〜12月は繁忙期なのでまだちょっと未定です、確定したらまたお知らせしますね!

     

     

    木星が射手座に回帰する前から、会話中になにげに軽口や冗談が増え始めたのと、根拠はないけど未来が明るいような気がしてきた、というのが最初に感じられた影響で。

    あとは、なんとなく仕事が増え始めて。

    昨日は、木星射手座インに合わせてこんなものがリリースされましたよ。

     

     

    「開運☆香水診断」

    http://www.e-cocoma.com/shopbrand/ct154

     

     

    オリジナル練香水や敏感肌にやさしい基礎化粧品などの開発でおなじみのビューティープロデューサー、牧野和世さんのパーソナル香水診断と藤井まほの星占いのセットです♪

    ・藤井まほの星占いから見た“基本性格”

    ・藤井まほの星占いから見た あなたの“仕事運”または“恋愛運”

    ・牧野和世のあなたの運気をアップする香水セレクト(付け方指南と1回お試し用の香り付き)

    を約1か月後にお届けいたします(メール鑑定+郵送の商品です)。

     

     

    牧野さんの香水診断は、そのときの自分に一番合った組み合わせのレイヤーづけを提案してくださって、いつも大満足のメニューです。ただし人気がありすぎてなかなか予約が取れないのと、地方の方にもご提供したいということで、こちらの新メニュー。

    星まわりから見た予測と香りの提案(お試し用1回分もついてます)、気軽な3ヵ月と、本格的1年、仕事運and/or恋愛運 から選べます。

    自分の周りにまとう香りは運気アップにも大きな役割を果たすといいます。気になる方は是非お試しくださいね。

     

     

    こちらが発表になったとき何より驚いたのは、愛用しているチークブラシや、一生使う決意の福美水という化粧水や、自分にとっては必需品のリッププランパーや練り香水と同じページに自分の名前が載っていたことでした。ほんとにびっくりした!(笑)

    わたしの出生図では、射手座は9ハウスの終わりから10ハウス、それを越えて11ハウスの初めまでをカバーしています。

    現在木星は射手座に入ったばかりで、ホロスコープでMCと呼ばれる10ハウスの始まりあたりにいるんですね。10ハウスもMCも、社会活動を意味します。仕事の看板などと呼ばれ、何かと目立つ部分です。そこに拡大する働きをする木星が来たから、こんなふうに目立つ形になっちゃってる、ということなのかなぁと。でも、ただ目立ってるだけで中身は変わらないんですけどね(笑)。

     

     

    ちなみに牧野さんもわたしも、射手座生まれ。香りと星で、射手座木星のメッセンジャーとしてみなさまのお役に立てたら嬉しいです(^^)

    このメニューのことは次回以降の更新でもう少し詳しく書きますね。

     

     

    そして。2017年からわたしたちと併走してくれていた火星は、来週、2月16日に魚座に移ります。こちらで今サイクルの12星座の旅は終わり。次のサイクルは、偶然にも来年1月1日というすごい節目に始まるのです。

    魚座の時期は、そのスタートアップの前のウォーミングアップというか、夢見の時期。眠りを深く掘り下げて、底にある宝物を探します。そこで手にしたものを次の火星サイクルで育てていく、と言えるかも。

     

     

    というわけで魚座の火星クラッカーのおまけは、寝る前のお風呂で使っていただきたい、眠りにとけこむバスソルトです。ブレンドについてはまだ何も考えていないんですけど、とろける系の香りづくりは得意なのできっと大丈夫でしょう(笑)。香りだけでなく、ネイチャーエッセンスも加えますよ。

    さて、ご注文については以下の通りとなります:

     

    火星クラッカー(1セット2個入り)+おまけバスソルト

    火星クラッカーのブラックペッパー味とカレー風味の各1個ずつの詰め合わせとなります。

    小さなメッセージカードをつけ、素朴な紙箱に入れ、リボンをかけてお届けします。

    火星が新しい星座に入ったあと、お手元に届くタイミングでご注文を受付け、期間限定で販売します。

     

     

    価格

    2個で1セット(送料・消費税込)で1800円です。

     

     

    購入方法

    ご注文メールをお送りいただき、ご入金ののちに発送という形をとらせていただきますね。

    ご注文メールを、fujii.maho@@gmail.com(@をひとつ抜いてください)までお送りください。折り返しお送りする受注メールで振込先などをお知らせいたします。

     

     

    ご注文受付期間

    「魚座」=2018年11月9日〜12日

     

     

    配送方法

    定型外普通郵便での発送となりますが、ゆうパックや宅配便などをご希望の方には送料着払いにてお送りすることも可能です(配達指定を承れます)。ご注文時にご希望をお知らせください。

    いつものようにご注文をいただいてから焼いて、お届けはご注文受付順に11月16日以降順次、となります。

     

     

    ☆今回はご注文時期が短くて申しわけありません m(__)m

    ☆来年も火星クラッカー、続けます♪ ただし2019年中に3回発売、くらいかなと考えています。来年もどうぞよろしくお願いいたします♪

     

     

    最後に、今週もVOGUE WEB の不思議インタビュー連載、更新されています。よかったらご覧くださいね。取材と構成を担当しています。

    真夜中の占いの館→ https://www.vogue.co.jp/horoscope/special/2018-11-06/midnight

    2018.11.07 Wednesday

    11月8日は蠍座で新月〜15時から木曜喫茶室@東神田〜木星射手座入りです

    0

      こんばんは。滅多になく慌ただしく更新しております(笑)。

      まずは、明日の木星射手座イングレス記念、木曜喫茶室@東神田。

      お茶菓子は、木星の支配する果物「いちじく」をのせて焼いたお菓子になりました。いちじくとりんごとルバーブで作ったジャムや自家製黒蜜やラム酒を入れて、しっとりした仕上がりに。

      お飲み物は、いつものネルドリップコーヒー、紅茶、ミントティーに加え、黒豆茶も持参します。いちじくのお菓子に合うので、ご興味あれば是非。

      占星術では、いろいろな事物が天体や星座と関連づけられています。その象徴関係は「支配星関係」と呼ばれています。それによると、いちじくは木星に支配されている。

      せっかく木星が射手座に入る日の木曜喫茶室なので、木星と関連の深いいちじくのお菓子にしてみました(^^) まだ終わってなくてよかった。ホッ

       

       

      さて。11月の木曜喫茶室:

      11月8日(木) 15時〜18時

      場所はいつもの東神田。最寄り駅は、浅草橋、秋葉原、岩本町。靴を脱いであがっていただくお部屋(マンションの1室)で、藤井まほがおもてなしいたします。

      お茶とお菓子のセット、もしくは、タロットリーディング10分で1000円。両方のセットで1800円です。

      ご来店の方は、fujii.maho@@gmail.com (@を一つ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。場所と藤井まほの連絡先をお知らせいたします。ツイッターDMもたぶんフォロー関係がなくても受け取れる設定にしてありますのでご利用ください(そのはずです汗、もし届いてないようなら一言メンションとばしてやってくださいませ)。

      木曜喫茶室@東神田について→ http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

       

       

      その前に、今夜というか8日の午前1時過ぎに蠍座で新月が起こります。新月なので、月と太陽が蠍座の同じ16度という度数です。ところがこの16度という度数は180度反対側の牡牛座の影響が入り込む度数といわれているんですね。だから、月と太陽という天体そのものは蠍座(奥底深いところの本当の望み、そこでしっかりと結びつきたいつながりたい気持ち)にあるのですが、無意識側から反対の牡牛座(イマココにある自分自身の身体や現実に根ざしたい、形あるものにこだわる感覚)のエネルギーも受けています。

      N極とS極――相手と自分の間でくるんくるん回るコンパスの針みたいな感じでしょうか。

      どっちつかず、と感じるかもしれません。でもたぶんそれは自然です。

       

       

      この新月は魚座の海王星と調和的な関係です。深いところにある望み、つながりたい気持ちが、夢のことばや詩、ビジョンやイメージの形で訪れるかもしれません。そのときは、「これはあれだな!」としっかり受け止めてみてくださいね。

       

       

      新月が起こって夜が明けて、(藤井まほが木曜喫茶室を開いて閉めて)、夜9時40分頃に木星は射手座に入ります。イエイ、おかえりなさい。

      木星は12年をかけて12星座をめぐります。前回射手座に滞在したのは2006年11月から2007年11月まで。その頃に体験したことが、これからの1年間の何かを示しているのではないかと思います。

      12年前、あなたはどんな野望を抱いて、どんなことに挑戦していましたか?

      射手座は旅の星座。足元の石ころは気にしないで、遠くを見はるかして展望します。その、ここではない「遠く」を志向し、何かを「理解しよう」という傾向が強いのです。

      もし何か思い当たるテーマがあれば、この先1年はそれをさらに深めるチャンスかもしれません。

      1年、短いようで長く、長いようで短いですよね。射手座木星のサポートを得て、これからの1年、よりよい旅ができますよう。

      2018.11.06 Tuesday

      11月8日は木曜喫茶室@東神田です

      0

        いちじくを買おうと思っていたお店で売り切れてて、喫茶室のお菓子をどうしようと悩んでいる藤井まほです、こんばんは。いちじく専願で来てたから、滑り止めを考えてなかった……(汗)。

        まあ、明日果物売り場に行って考えます。

        現在木星が滞在している蠍座最終度数はそのサビアンシンボルの詩句から「命乞い」度数と呼ばれています。その心は「未練たらたらで最後までぐずぐず→最終電車で滑り込みセーフ」みたいな感じなので、お菓子も最後まで決まらないのでしょうか(笑)。

        それでも明日には焼かなければ喫茶室に間に合いませんから(笑)、お菓子のことはまたブログかツイッターのどちらかでお知らせしますね。もう少しお待ちください。

         

         

        ところで、逆行中の金星は天秤座に入りました。天秤座の象徴する身体の部位は「腰」です。そのせいかどうかはよくわからないんですが、このところちょっと腰痛が出ていまして。

        あまり重いものを持たないほうがいいようなので、PCをかついで移動するのは控えようと思います。つきましては、木曜喫茶室での占星術リーディングはお休みさせていただきますm(__)m

        タロットとチャクラエッセンスのリーディングは通常通りですので、ご用命くださいね。

         

         

        11月の木曜喫茶室:

        11月8日(木) 15時〜18時

        場所はいつもの東神田。最寄り駅は、浅草橋、秋葉原、岩本町。靴を脱いであがっていただくお部屋(マンションの1室)で、藤井まほがおもてなしいたします。

        お茶とお菓子のセット、もしくは、タロットリーディング10分で1000円。両方のセットで1800円です。

        ご来店の方は、fujii.maho@@gmail.com (@を一つ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。場所と藤井まほの連絡先をお知らせいたします。ツイッターDMもたぶんフォロー関係がなくても受け取れる設定にしてありますのでご利用ください(そのはずです汗、もし届いてないようなら一言メンションとばしてやってくださいませ)。

        木曜喫茶室@東神田について→ http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

         

         

        木星が射手座に移ると、射手座の象徴することが「盛んに」なります。木星の射手座滞在は11月8日から来年の12月3日まで。

        出生のホロスコープでは、射手座「♐」のマークが示す「ハウス」のものごとが「盛んに」なるんですね。わたしは主に10ハウスから11ハウスが射手座なので、10ハウス=仕事・社会活動が忙しくなる、と読めます。木星が射手座に入る前からすでにちょっとその兆しがあって……。なんだかね。忙しいのはありがたいのですが、ほんらい暇な時間とマイペースで動くことのほうが好きなので、ちょっと戸惑っています。

         

         

        8日の新月読みは、できたら明日のうちに書いてみたいと思います。

        今日のグリッドは新月とは関係ないのですが。先日、散歩の途中で拾った小さな羽根を使って組んでみました。instagramに投稿したものです。つけたキャプションは、

        「また小さな羽根をひらいました。羽根は、わたしにとっていつも希望です。新しい小さな希望、こんにちは。出会わせてくれてありがとう世界」

        というもの。書いた自分で言うのも変なのですが、なんだか木星射手座入りの気分を感じます。

         

        2018.11.01 Thursday

        次の木曜喫茶室は11月8日です♪

        0

          11月になりました、と書くとそれが枕詞であるかのように「今年もあと2ヵ月ですね」とくっついてくる季節。皆様いかがお過ごしでしょうか(笑)。

          焦っても仕方ないので、マイペースで行きましょう。なるべく心穏やかでいられるように、わたしは毎年10月始まりのスケジュール帳を使っています。気休めに過ぎなくても(笑)。

           

           

          さて。普通のカレンダーではただの11月ですが、西洋占星術の暦では11月は空気が入れ替わるようなビッグイベントがいくつか。

          そのうちのひとつが、11月8日、1年で12星座を一巡する天体・木星が蠍座から射手座に移ることです。木星は1回逆行しますが、そのまま射手座を運行し、2019年12月3日に次の山羊座に移動します。

           

           

          東神田のスペースで月イチの喫茶室を開いてみようと思いたったのは、去年の秋。先月無事に一周年を迎えることができたのは、ご来店いただいたお客さまや、応援し、あたたかく見守ってくださったみなさまのおかげです。ありがとうございました。

          なぜ木曜にしたかというと、わたしが射手座生まれで、射手座の支配星が木星。だから木曜日、という実は(まあまあ)単純な理由からでした。

          そして今年は、木星が射手座に移動するのが木曜日! ということで、迷わず11月8日に日取りを決めました。

           

           

          11月の木曜喫茶室:

          11月8日(木) 15時〜18時

          場所はいつもの東神田。最寄り駅は、浅草橋、秋葉原、岩本町。靴を脱いであがっていただくお部屋(マンションの1室)で、藤井まほがおもてなしいたします。

          お茶菓子はまだ考え中です。そろそろいちじくが終わりなので、いちじくの焼き菓子にしようかな……。

           

           

          お茶とお菓子のセット、もしくは、タロットリーディング10分で1000円。両方のセットで1800円です。

          ご来店の方は、fujii.maho@@gmail.com (@を一つ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。場所と藤井まほの連絡先をお知らせいたします。ツイッターDMもたぶんフォロー関係がなくても受け取れる設定にしてありますのでご利用ください(そのはずです汗、もし届いてないようなら一言メンションとばしてやってくださいませ)。

          対面鑑定(個室喫茶)については、ご希望の時間をお書き添えの上お問い合わせいただければと思います(今回は11月3日までにご連絡くださいませ)。

          木曜喫茶室@東神田について→ http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

           

           

          11月8日は午前1時頃に蠍座で新月が起こります。

          その前日には、逆行中の天王星が牡羊座に入り、ちょっと専門的なことではノード軸(ドラゴンヘッドとドラゴンテイルを結ぶ軸)がこれまでの獅子座−水瓶座ペアから蟹座−山羊座ペアに移ります。

          少し先を見ると、16日には火星が魚座に入り、金星が天秤座で順行に戻ります。翌日からは水星が射手座で逆行を始め……。

           

           

          占星術では天体のいろいろな動きを読むのですが、なかでも天体が星座を移るときには大きなインパクトがあるとされます。

          11月7日から16日までの10日間のうちに、スタートを象徴するタイミングである新月を挟んで、天王星、木星、火星という三つの天体が星座を移るわけです。

          天体が星座を移るとき。天体が象徴するものごとやエネルギー変わらないけれど、それが帯びる色合いやムードが変わります。それで冒頭では「空気が入れ替わる」という表現をしたんですね。

           

           

          たとえば木星が蠍座から射手座に移るとき。

          木星=「すべてを増やし、拡大し、豊かにしていく星」なので、それまで盛んだった「蠍座的なもの」の勢いは弱まり、「射手座的なもの」が盛んになっていく、というのが大づかみな変化です。

          蠍座(奥底にある深い思い、秘められた感情、隠しておきたい何か、死とセックス、一対一の濃いつながり、集中、執着、深刻さetc)から

          射手座(ここではなく遠いところに向かう意志、旅、学び、スポーツ、公正さ、一人ではなく社会全体を対象とした関心や視野、拡散、おおらかさと大雑把さ、お笑いetc)へ。

          先日の記事で書いたように、蠍座が恋人と過ごす客室露天風呂だとしたら、射手座は不特定多数の人と楽しむプールです(射手座は水エレメントではないのですが、スポーツを象徴する星座なので強引にw)。

          しっとりよりはさっぱり。情の濃さは薄まって、健全な競争やみんなの楽しみが優先される。そんな感じでしょうか。

          みなさんは、この先1年間が楽しみですか? それとももうちょっと蠍座木星を楽しみたいですか? 変化を前にした自分の感じ方もちょっと意識してみるといいかもしれません。

           

           

          木星の星座移動やそのほかの星の動きについては、また書きますね。

          今日は木曜喫茶室@東神田のお知らせでした。

           

           

          vogue webの不思議連載【真夜中の占いの館】は毎週火曜日深夜に更新です→最新号 

           

           

           

           

          2018.10.27 Saturday

          VOGUEで最近したお仕事&蠍座金星逆行に思うこと

          0

            いつもいつも忙しいわけじゃないのですが、1年でいちばん忙しい季節に突入しました。

            少し前からひーひー言っていますが、一つ形になったのでお知らせしますね。いま発売中のVOGUE JAPAN12月号では、読書の効能というテーマで4ページほどお手伝いさせていただきました。

            哲学者の國分功一郎さんのお話を伺ってまとめ、しいたけ占いのしいたけさんにもコラムでご協力いただいてます。ほかにも読者からの悩み相談に対して、読書家の方々から本を処方していただいたり。

            スマホやタブレットでも本を読める現代、本を読むことはわたしたちにどんな恩恵をもたらすのか。なぜ本を読んだほうがいいのか。といったことにご興味があれば是非ご覧くださいね。

             

             

            そして誌面づくりに協力した人リストのページにも小さく載せていただきました(写真)。写真は星詠み写真家・野本由美子さんによるもの。ツイッターやFBのアイコンでも使わせていただいていて、こちらのブログでも前にご覧いただきましたよね? 振り向きざまをパシャッと撮られたのですが、自然な表情を捉えていただき、とても気に入っている写真です。

            自然なポートレイト撮影が上手なだけでなく星詠みとしてもファンが多い野本さん、昨年会社を興されたあとどんどんパワーアップして素敵な活動をされています(野本由美子さんのブログはこちら)

             

             

            この協力者リストのページでは編集ライターとして別名でご紹介いただいているんですが、最近、ライターと占い師というふたつのお仕事の切り分けが難しくなってきたので、編集者の方が書いてくださった紹介文(ページの性質上、盛りすぎ褒めすぎです汗)では藤井まほとしても活動している、と書いていただきました。

            以前は、このふたつの仕事をあまり一緒くたにしないようにしていたんですけどね。こだわりがあったというよりは、説明が面倒くさそうだなと思っていたので……。でももう無理そうということで、なし崩し的に表がライターで裏が占い師の名刺も作っちゃいました。無駄な抵抗(笑)はもうやめます。

             

             

            また、今後のことですが、次の木曜喫茶室は、新月&木星射手座イングレス(イエーイ!)の11月8日です。お茶菓子のことなどは、追ってお知らせしますね。

             

            それから、しばらく休んでいましたメール鑑定。おそらくそれ以降、11月中には新しいコラボ企画が始まりそうです。美人かつイケメンな射手座レディとのコラボです。そちらもまた追って告知させていただきます。

             

            もうひとつ、魚座の火星クラッカーについても、火星サイクル最終コーナーですものね。ちゃんと考えていますよー。

            魚座のおまけはアロマバスソルトです。これは前からずっと決めていたことで(^^)

            魚座なのでお風呂でゆだねるとろけるバスソルトにする予定。わたしの得意なやつですw、でもこういうのは久しぶりかも。アロマが苦手な方には、エッセンス(無香)のみのソルトをお作りできますのでおっしゃってくださいね。こちらの告知も、また後日。

             

            **

             

            で、蠍座で逆行している金星について、またちょこっと書きます。

            天体が逆行しているときには、ものごとがすんなり進まない代わりに、振り返ったり内省したりすることがうまく働いたりする、とよくいいますね。

            現在金星は蠍座で逆行中なので、蠍座が象徴することの一つ「心の奥底深く」をのぞいてみると、いいのかなという気がしています。

             

             

            「あなたの望みはなんですか?」と訊かれて、即答できますか?

            「引き寄せの法則」などでは「本当の望み」を知っておくべきとか言いますよね。もしも「三つの願い」のおとぎ話のように、ふと口にしたつまらない願いが叶ってしまうのであれば、口にする前によくよく考えて「本当の望み」を願ったほうがいい。

            ところが不思議なことに、「本当の望み」は自分でもすぐにはわからない仕組みになっているようなのです。あのおとぎ話のオチのように。

             

             

            蠍座で金星が逆行している間は、自分の「心の奥底深く」に隠されている「本当の望み」が何かをじっくり考えてみるといいかもしれません。

            そう言われても難しそうですよね。

            そんなときは、過去の嬉しかったことや楽しかったことや、好きだったものや好きだった人や、気持ちよく過ごせた時間や場所のことを、思い出してみると、何かヒントがあるかも。

             

             

            かくいうわたしも、昨日そんな体験をしました。

            ふとしたきっかけで1年前に自分が願いや望みを書きつけたメモを読み返したのですが、1年経って初めて、そこに「書かれていない」「本当の望み」があったことに気づいたのです。

            そして、そのメモには書かなかったけれど、つい最近、その望みが叶えられていたことにも気づきました。

            意識していなかったけれど、強く願っていたからなのかどうかはわかりません。

            時間が経たなければ気づけないことはある、ということかもしれません。少なくとも去年の今頃、わたしはそれが自分の「本当の望み」だとは気づいていなかったのですから。

            「ああこれに気づけたのは、蠍座で逆行している金星の助けがあったからかも」と思いました。

            過去を振り返ること。奥底を見つめること。昨日はちょうど金星と太陽が重なったので、太陽の光が当たってより意識化できたのかもしれませんね。

             

             

            喜びを見つけて好きと感じてよきものを受け取るのが金星ですからね。

            いやなことを思い出すくらいなら、わざわざ振り返る必要はないでしょう。古傷を引っかき回して痛みや悲しい気持ちを甦らせる必要はない。

            でも、もしも、もしもですよ。その悲しさや痛みのなかにも(あるいはその横っちょに)何かよきことがあった気がしないでもない、というおぼろげな記憶があるなら、そこまでちょっと手を伸ばしてもいいのかなと思います。人間って、わりとよかったことを忘れてしまいやすいものなので。(でも自分にやさしくしましょうね)

             

             

            あざなえる縄のごとし、といいますが。よきこととそうでもないことは切り離すことができなかったりしますよね。

            蠍座の深みというのも、なんだかそんな感じがします。金星の蠍座での逆行は11月1日まで。1日からは天秤座に入って16日に順行に戻ります。蠍座に再び入るのは12月3日です。

            天体の逆行時って、忘れ物を取りに戻る時期と表現されたりします。取りに戻って、忘れていたものの価値を再発見して、また前に進み始めるような感じと言えるでしょうか。みなさまが、快適で実りある振り返りの時間を過ごせますように。

            2018.10.17 Wednesday

            10月18日は木曜喫茶室@東神田の日、りんごのお菓子です

            0

              週末から3日ほど体調崩してお休みをいただいていましたが、今日から現場に復帰しております。

              明日は東神田の喫茶室(15時〜18時)。

               

               

              明日の喫茶室用にこれから紅玉を使ったお菓子を焼きます。

              いつもはきび砂糖+黒砂糖で甘みをつけるのですが、こちらは自家製黒蜜と、「りんご+洋梨+ルバーブ」の自家製ジャムを加えてしっとりと仕上げます。

              このレシピの焼き菓子にはいつも少量のアーモンドパウダーを入れるので、しっとり感が加わると少しフィナンシェみたいな感じになります。ただし、バター少なめで。

              温かいお飲み物は紅茶は軽めのディンブラをご用意しますが、それ以外ではネルドリップのコーヒーか、ミントティーになります。

               

               

              何かおついでがあれば、いらしてくださいね。明日ご来店の方には、もれなく「いつも心にスペースを」ミストちびサイズを差し上げます。

               

               

              「いつも心にスペースを」ミストは、

               

              「心にスペースを作って新たなよきものを呼び込む」

               

              というのが基本テーマのミストなのですが。フィードバックとしては、

               

              「つらい状況を笑って受け入れる余裕ができた」とか

              「新しい縁でもいまの自分と合わなければすんなり出て行ってくれる」

               

              といった声を伺っています。面白いですね。

               

               

              喫茶室@東神田にご興味おありでしたら、こちらのページなどご覧くださいませ。

               →http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

              場所はいつもの東神田。最寄り駅は、浅草橋、秋葉原、岩本町。靴を脱いであがっていただくお部屋です。マンションの1室で、藤井まほがおもてなしいたします。

              お茶とお菓子のセット、もしくは、タロットリーディング10分で1000円。両方のセットで1800円です。

              ご来店の方は、fujii.maho@@gmail.com (@を一つ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。場所と藤井まほの連絡先をお知らせいたします。ツイッターDMもたぶんフォロー関係なくても受け取れる設定にしてありますのでご利用ください(そのはずです汗、もし届いてないようなら一言メンションとばしてやってくださいませ)。

               

               

              明日は喫茶室、明後日はシフトを交代してもらって飯田橋のカフェにランチタイムから入る予定です(11時半〜18時)。22日月曜日もカフェで、月曜日のランチにはキッシュも選べます。(飯田橋ではお店番だけで、ティータイムにまほのケーキはお出ししていません)。なんとなくマダムっぽい日々が続きます(笑)。

               

               

              そして別のマダムのサポートをこちらでも(取材と構成を担当しています)。昨日更新されました。

              VOGUE WEB 真夜中の占いの館 最新号→ https://www.vogue.co.jp/horoscope/special/2018-10-16/midnight

               

               


              2018.10.12 Friday

              木曜喫茶室1周年記念は10月18日、そして蠍座の金星逆行など

              0

                台風の影響などで蒸し暑い夏の戻りもありましたが、やっぱりそろそろ秋ですね。

                 

                 

                昨年10月19日に第1回を始めてから約1年。先月だけ都合によりお休みしてしまいましたが、細々と、木曜喫茶室@東神田を続けてちょうど1周年となりました。

                今月の営業は、10月18日。いつものように15時から18時までを予定しております。

                ご来店の方は、木曜喫茶室1周年のささやかな記念品として、新作「いつも心にスペースを」ミストのちびサイズ(写真/非売品)をお持ち帰りいただきます。

                 

                 

                対面鑑定や二人でゆっくり話したいという方は15時以前、18時以降にご予約いただけるとスムーズです。

                今回はお土産付きなので、前日までにご予約いただけると確実にお土産お渡しできます。もちろん、万が一手持ちがなくなっても後日郵送させていただきますね。(ご連絡は、前日まででしたら「時間はわからないけど行くよ!」だけでも大丈夫です)

                ご予約やお問い合わせは fujii.maho@@gmail.com まで、お気軽にどうぞ(@一つ抜いてください)。返信メールにてお部屋までの道順などをご説明します。

                場所はいつもの東神田。最寄り駅は、浅草橋、秋葉原、岩本町。靴を脱いであがっていただくお部屋です。マンションの1室で、藤井まほがおもてなしいたします。

                お茶とお菓子のセット、もしくは、タロットリーディング10分で1000円。両方のセットで1800円です。占星術リーディングご希望の方は出生データをお知らせくださいね(出生データ=生年月日、出生時間、出生地○○県○○市)。

                 

                 

                今月のお茶菓子。ちょっとまだ悩み中です。今年は夏が暑かったせいか野菜がいまもまだ全般的においしくないのですが、カボチャはおいしいんですよね。スパイスを入れたカボチャのプディングにしようかな。それとも、紅玉やいちじくの焼き菓子にしようかな。とか……。天秤座シーズンなのであれこれ迷います(星のせいにしてはいけないですねww でも迷うのは悪いことじゃなくて迷うのを楽しめばいいんです!)。

                決まったらお知らせしますね。

                 

                **

                 

                太陽は現在天秤座の後半を運行中。今日は山羊座冥王星と90度です。社会や組織の中であんたは何者なの?何ができるの?どう働くの?というツッコミが外からも自分自身からも入りそうです。太陽がこのへんにあるときは自分が折られやすいとき。それを強く感じてしまうときというのは、自信がないんですよね。うーん。実は自信がないことにつけるクスリは結構難しいんです。まずコーヒー一杯飲んでみるとか。それから、現実を直視して、等身大の自分を見つけて、開き直るとか。

                それで自信がつくというわけじゃないんですけどね。

                なぜかっていうと、自信がないと言ってるときって自信がないことが問題なんじゃなくて、自信がないことを、動けない、行動しない理由にしてるからなので。

                だから、自信がつけば解決するわけじゃないって思うと気が楽かも知れません。だって、何かがやれている、動けている、行動しているとき、「いま自信満々だぜ」って思ってるかというとそうでもなくて。自信あるかどうかは別として、まず目の前のこれをこなさなきゃ、くらいのことしか考えてなかったりしませんか?

                もしいま自信ないなあって思っているなら、動くきっかけさえつかめれば自信はあとからついてくる、というか自信あるかどうかはそのくらいどうでもいいことってとりあえず(笑)思ってみるといいかもしれないですよ?

                 

                 

                太陽が天秤座にあるので季節は天秤座なのですが。前回も書いたように気持ちが蠍座に引っ張られている人が多いのかなと思います。

                蠍座最終度数に向かう木星と、蠍座初期度数で逆行中の金星と。

                とりわけ、「逆行」ということが大きいのかもしれません。金星の逆行はほぼ数週間しか続きませんし、普段はあまり記事にしないのですが、自分の体感も含め、今回はちょっと書いておこうかなと思いました。

                 

                 

                天体の逆行している間は、その天体が象徴するテーマにおいて「見直しやり直し再チェック差し戻し振り返り」をする(させられる、される)期間である、と言えます。

                水星ならコミュニケーション、商売、交通、契約などで、金星ならお金や価値観、何かを好きとかいいなと思う感情、受容性など。

                水星や金星の逆行時には、立ち消えかけていた、あるいは滞っていた、あるいは失われたと思っていた人間関係の復縁などもあり得ます。恋愛友情おつきあいどれをとっても、旧交を温めるのには向いている時期。特に金星=恋愛なので復活愛・復縁などと書かれているサイトも多いですよね。それはそういうわけなのです。

                 

                 

                で、金星はただいま蠍座で逆行中です(今日は水瓶火星から90度のチェックが入っているので余計に意識されやすいかも)。

                 

                蠍座は固定宮。先に進むよりは現在の場所にとどまって、持てるものをすべて握りしめたまま持ち続けたい、手許でいつくしんで手放したくない、という性質があります。何かを維持することに長けています。

                そして水のエレメント。気持ちでつながることが大切。蟹座、魚座も水のエレメントなんですが、蠍座は特に一対一の人間関係においてそのテーマが強調されます。

                水のエレメントは水の中に住んでいるようなところがあって。蟹座は自分メインなので、浮き輪みたいにふくらませるビニールのプールの、myプールが守備範囲で。蠍座は二人の関係なので、まあ、客室露天風呂くらいの規模ですね。恋人と浸かる人もいるけれど、一緒に旅行に来た家族でもいいわけです。魚座はもう、海です。地球規模の水。

                そう考えると、小さければいいとか大きければいいとかではなくて、それぞれだよねとわかっていただけると思います。

                 

                 

                で。客室露天風呂の蠍座で、金星が逆行している=過去のほうを見ているということは、これはもう相手がお風呂から上がっちゃってもずっと思い出に浸りやすいということになります。

                蠍座のポケットは深いんですよ。その深いポケットの奥底にしまっておいた記憶が、金星逆行によって呼び覚まされるかもしれません。金星が司る牡牛座には天王星があって、香りなど感覚的な刺激によって忘れていた思い出が突然蘇るなんていうこともありそうです。

                 

                 

                そういう星回りなので。浸ってていけないとは思わないんですよね、わたしは。どちらかというと、どうせ浸るんなら湯あたりするまであるいはお湯が冷めるまで浸ってていいくらいで。

                ただ、浸かっている途中で思い出していただきたいのは、これは逆行という目に見えるだけの現象で気持ちが動かされているだけで。現実は別の動き方をしているということです。

                逆行にはいつも終わりが来て、また元通り、進行方向に動くように見え始める(逆行というのは「見かけ」の現象です)。

                 

                 

                気が済むまで思い出に浸って、その時期が来たらお湯から上がって、行動しましょう、ということでワンクール。

                上がるタイミングも、上がったらどこへ向かうのかも、自分で決めていいんです。相手が上がっちゃったからとか、人に呼ばれたからといって中途半端に行動に移すより、もうちょっとじっくり自分を見つめ直す時間が必要ということかもしれませんよね、蠍座の金星逆行。

                傷ついている人は、現実/現在に向かって深いところから自分を立て直すチャンスとして生かすこともできそうです。

                 

                 

                バッチのフラワーレメディだと、ハニーサックルやクレマチスが現実に戻ってくるときの助けをしてくれます。過去のよい思い出や期待から現実に戻るのならハニーサックル、ぼんやり現実とは違うところをさまよってしまうならクレマチス。

                もうちょっと眠っていたいとき目覚まし時計にスヌーズ機能があるように、蠍座金星逆行をよりよく目覚めるための「あと5分の眠り」みたいに使えるといいなと思います(^^)

                深く感じる、よい秋をお過ごしくださいね。

                 

                 

                写真は、近所の神田川リフレクション。水はイメージを映すのにも使えますよね。

                 

                 

                2018.10.09 Tuesday

                10月9日お昼過ぎに天秤座で新月です

                0

                  めずらしく、二日続けて更新してます(^^)

                  昨日はトーキングアバウト青い鳥のタロット新記事公開のお知らせでしたね。まだご覧になっていない方は、こちら→ http://hesomoge.com/talkingabout_18

                   

                   

                  今日は新月のこと。さくっと書きますね。日本時間では今日、10月9日12:47頃、天秤座16度で起こりました。

                  前回の新月(9月10日)から今日まで、新月→秋分→満月の間に火星水瓶座入り、冥王星順行、金星逆行などのイベントもあり、天空ではいろいろな形がつくられました。乙女座新月図、秋分図、牡羊座満月図、そして今日の天秤座新月図。それぞれ90度、180度といった緊張角をつくる天体があって、そのエネルギーを行動力や突破力として生かすことのできるケース、それをプレッシャーと感じるケース。両方あったと思います。

                  いずれにしても、なかなか落ち着きません。

                   

                   

                  来年の春頃まで、新月は各サイン(星座)の16度付近で起こり続けます。12のサインが30度ずつで区切られたホロスコープという円では、16度付近はちょうどサインの真ん中で、それぞれ対向となるペアのサイン(正反対の性質を持つとされる)のカラーが流れ込んでくるあたりです。

                  この場所で起こる新月だと、新月だやったー始めるぞっというときなのにちょこっとびびってしまうというか、あれ、こんなわたしでいいんすかという戸惑いを内包しているところがあるのではないかと思います。

                  新月の対向の牡羊座から流れ込んでくるのは、他者評価より自己評価なんじゃね?というツッコミの声です。せっかく天秤座で人が言ってくれることをいろいろ素直に受け入れて、そのなかで自分を打ち立てていこうとしていたのに煮詰まってしまって。揺れますよね。でも、人は一方だけでなく両極を経験することで成長し洗練されていくのだと受け入れましょう。

                   

                   

                  天秤15度から蠍15度にかけてはバイアコンバスタゾーンと呼ばれ、何かに自分を明け渡すような、自己と思っていた部分がきりきり切り込まれるような焼かれるような経験をすると言われます。その面でもこの新月から次の新月にかけてつらい時期に当たる人もあるかもしれません。

                  東京の新月図のアセンダントには山羊座冥王星があって、新月に90度。土星も山羊座ですから、引き続き現場での責任や何か重たいものが強く意識され無意識にも感じられています。ここで形になるまでとことんやらなければ、自分にはまだ頑張りが足りないのではというプレッシャーや焦りを感じやすいとも言えます。

                  新月の走り出すエネルギーがちょっと足りないなと思う方は、そんなことが影響しているのかも。

                   

                   

                  ただ、このところ、90度や180度の角度ができている一方で、入れ替わり立ち替わり天体が調停という形を作ってもいて、いつも何かしら救いがあるんですね。それも、具体的な形で起こっているのではないかと思います。

                  現在、水星が牡牛座の天王星に対し、水星が180度を作るべく進んでいるところです。天王星と120度の山羊座土星と今週から来週にかけて、その形ができていく。

                  いま天秤座にあって相手との調整をしながらコミュニケーションの仕方を学んでいる水星が、蠍座に入ると間もなくじわっとした情緒的つながりの世界を知るわけですが、そのとき対向の天王星がボディに落とし込めと言ってくる。抽象的な情緒だけではダメで、いったん感覚を通した言葉で伝えなさいと。えーそんなこと言ったってそれだって抽象じゃんとひねくれそうになりますが、山羊座土星がそれをする現場を与えてくれる。そんなふうにも読めるでしょうか(^^)。気持ちをスキンシップで表現するとか、有効かもしれませんね。

                   

                   

                  新月は天秤座ですが、蠍座に気持ちが行きやすい配置ではあります。蠍座に天体があって強調されている時期、一人の相手と境目がなくなるまで合一したいような欲求に光が当たります(普段からそういう欲求はあるのですが、抑えられたり隠されたりしているほうが多いですよね)。

                  でも、現実にはそんなふうにはならない。ならないからその欲求が生まれるわけです。

                  そこでぐちゃっとしたりこじれたりしがちな相手との関わり方を、蠍座入りする明日(10月10日)から、水星は学んでいくのでしょう。そのときに、牡牛座天王星(感覚や価値観が変わること)や山羊座土星(土台や骨組みから見直すこと)がヒントになるかもしれません。

                   

                   

                  今日からは25日の牡牛座満月(月は牡牛、太陽は蠍)を意識しながら月の満ちる半月となります。

                  自信のなさやプレッシャーやしんどさはお互いさま。ちょっとの隙間を見つけられたら、好きなことをして緊張をほぐしてくださいね。いまの季節は雲がきれいなので、お天気がいい日は空を見ることをおすすめします。夜は星もきれいですよ。

                   

                  **

                   

                  1周年木曜喫茶室のお土産で差し上げるミストのラベルができました。「スペース / space」は宇宙でもあるのですが、「間(ま)」でもあるので。時間と空間の「間」。隙間の「間」。お茶の間の「間」。そのスペースによきものを招き入れるためのミストです(^^)

                   

                   


                  Profile
                              
                  Calendar
                      123
                  45678910
                  11121314151617
                  18192021222324
                  252627282930 
                  << November 2018 >>
                  Selected Entries
                              
                  Categories
                  Recent Comment
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  はらいそ
                  はらいそ (JUGEMレビュー »)
                  細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  幻視と瞑想のガムラン
                  幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
                  民族音楽,ティルタ・サリ
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Links
                  Search this site.
                              
                  Archives
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                                           
                  PR