2017.03.16 Thursday

スイーツアルケミストのお仕事

0

    太陽が牡羊座(12星座の一番目)に入る春分の日=占星術的なお正月を前に、何やら歳末ムードたけなわの占星術業界です(笑)。

    ですが、わたしは引き続き火星エネルギーの赴くままに動いてみようかと思っています(笑)。

     

     

    天空の火星は、3月10日に牡羊座から牡牛座に移りました。

    牡羊座は火のエレメントで活動宮。精神的で上昇するベクトル、行動のパターンとしてはものごとを始める性質がある。一方の牡牛座は地のエレメントで固定宮。感覚的で下降するベクトルがあり、行動のパターンとしてはものごとを維持しようとする性質があります。

    全然違いますね。隣り合う星座というのは、このように違いが際立っているのです。

    牡羊座にいたときの火星がものごとを始めようとカチカチ点火するスイッチみたいな働きだとすると、牡牛座に入った火星は始めたものごとを続けるための種火みたいな感じに落ち着くのかもしれません。ちょっとペースを落として、じわじわ。

     

     

    牡牛座といえば、ひとの身体や五感を象徴する星座でもあります。世界を、身体を通じて経験しようとします。

    というわけで、わたしが新しく標榜する肩書き、スイーツアルケミストとは何かという説明にはちょうどいいタイミングかなと、勝手に思ったわけです。味覚や嗅覚も大事な五感のうちですからね。

     

     

    わたしの母方の祖母は家で料理を教えていました。祖母も、祖母が習った先生も英国にゆかりが深かったらしく、祖母のレシピは、何冊ものきれいな筆記体で書かれた英語のノートとして残っています(お教室は東京にある先生のお宅だったようですが)。

    祖母のレシピノートはすべて、7人の子どもを育て上げた祖母にとって長女にあたる母に受け継がれました。母は専業主婦だったためにこのレシピノートをかなり活用できたようです。

     

     

    料理はもとより、お菓子も家で焼くというのが祖母伝来のやり方で、わたしは子どもの頃から買ってきたケーキよりも母の焼いたケーキのほうをよく食べていたのではないかと思います。

    12月になるとたくさんクッキーを焼いて少しずつ小分けして袋に入れリボンをかけて、お世話になった方のところに届けたり。クリスマスの前日にはブッシュドノエルのデコレーションを手伝ったりするのが年中行事だったんですね。

    だから、おいしくできるかどうかは別として、お菓子は家で焼くものというのが自然とたたき込まれていました。

     

     

    やがて、自分のキッチンをもつようになって料理が楽しくなって(母のキッチンだとアシスタントしかやらせてもらえないし、自分の作りたいものや好みの味は作れないですからね)。家庭用の電子レンジにもオーブン機能がつくようになって。

    やっぱり母のようにお菓子を家で焼き始めたのです。20年以上前でしょうかね?

    そのうちに、ビルトインのガスオーブンのある現在の部屋に越してきて、もっと自由にいろいろなものが焼けるようになってきた。オットがやっているレストランで出すデザートも作るようになったのです。

    そんなあたりが前段階としてあって。

     

     

    占星術を学ぶうちに、この食べ物は月とかかわりが深いとか、このスパイスは火星だとか、伝統的にそういう対応関係があるとされてきたことがわかってきたのですね。

    じゃあ、星の力もスイーツに入れちゃいましょうということで、金星のエネルギーを高めるケーキやスパイシーな火星のクラッカーを焼くようになりました。

    イベントで販売したり、占星術ワークショップのティータイム用にご注文いただいたりして、現在のように個人的なご依頼もいただくようになってきました。

     

     

    スイーツアルケミー(甘い錬金術)というのは、そういう、占星術の伝統的知識を生かして星の力も考慮した食べ物を作ることだとわたしは考えています。甘いものに限らず、スパイシーなものも作っていますけれど。

    一例として、写真をつけたのは、先日ホワイトデーのためにご注文いただいたサブレ(やや柔らかめの食感のクッキー)。クランベリー入りと、ココア味にミントを入れたものと2種類焼きました。

    折しも金星逆行中なので、金星力を食べ物として取り込むのもいいかもということで、クランベリーやミントを入れました。ほかにも、これは占星術ではありませんがチョコレートは恋に「効く」といわれているので、ココアパウダーを入れたり。(写真をクリックすると拡大して説明や原材料の字が読めるのではないかと思います)。

    星の力を借りるのは藤井まほとしてお作りするものですが、通常、オットとやっているケータリング屋Y's Kitchenのほうでも同じフレーバーのものをお出ししています。

    占いとお菓子焼き職人がハイブリッドされた仕事=スイーツアルケミスト、というわけです。

     

     

    何か試してみたいとか、○○座生まれさんのお誕生日にこんなもの作れませんか?というご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。fujii.maho@@gmail.comまでどうぞ。(@を一つ抜いてください)

     

     

    今後も折に触れて、こんなお菓子を焼いたよ、という記事を書いてお知らせしようと思っていますので、どうぞよろしく。

    2017.03.12 Sunday

    3月12日満月図 「ほんとう」はいろいろな形をとる

    0

       

       

      空気はまだ冷たいなぁと感じるのですが、ちょっと外を歩くとなんだか汗ばんでしまう東京です。写真は、我が家のクロッカス。去年、母が分けてくれた球根を埋めたのが先週半ばに咲き始めました。クロッカスを育てるなんて小学生のとき以来じゃないかな。咲いてくれて、ちょっと嬉しいです。

       

       

      さて。満月図読み、遅くなってしまいました。

      日本では12日から13日に日付が変わる頃、乙女座で満月が起こります。活動宮と柔軟宮にTスクエアがあったりして満月図のアスペクトはハード目ですが、今回の満月にはほっとできるようなやさしさを感じます。

      満月の度数は乙女座23度(数え)。サビアンシンボルは、An animal trainer 「動物の訓練士」。自然界の完全無欠さを日常の身近な世界のなかで見つける、であるとか。訓練を通して動物とやりとりするなかでお互いに習熟していく、とか。関係性のなかで磨かれていくとか。そんな象徴のようです。

       

       

      興味深いのは、満月=太陽と月の180度、天王星と木星の180度という2本の軸が30度の角度で交わって長方形をなしていることです。占星術用語で言うミスティックレクタングルの変形というか。

      30度は、推進していく、行動を進めていく力。数えの23度も、2+3=5ですから動いて、動かしていく力(木星だけは数え22度ですが)。

      それが、風のおさまった瞬間の湖面がふっと静止しているような形に見えました。

      たぶん、ここから次の新月に向けてもろもろが動いていくのではないかと思います。

       

       

      この月のサイクルの最初の新月読みでは、一人一人が固有で、でもつながっていると書きましたが。それが満ちて、一人、つまり「自分」が静かに際立っている今日。

      そのことを考えていたときに、「きれいごと」ということばがふと思い浮かびました。

      乙女座は「きれいごとなんて言ってもダメだよ、ほんとうは違うでしょ」と言ってきがちです。わたしは出生図で乙女座と射手座に3天体ずつ持っているせいでそんなふうに考えたのかもしれません。

       

       

      射手座は「きれいごとかもしれないけど崇高なこと」を言いたがり、乙女座はそれが「ほんとうか嘘か」を断じたがり、魚座はすべてを曖昧にしてしまいたい。

      これが柔軟宮のTスクエアのひとつの表れ方ですね。射手座を運行中の土星から「崇高なだけいいの?」のダメ出しもある。いま、「きれいごと風味の崇高」は劣勢です(頑張れここが正念場だよ射手座!笑)。

      太陽と月の軸に対して土星がツッコミを入れ緊張をかけている形なのですが、その軸をちょっとずらすようにして、木星と天王星が別の力をかけてくれているおかげで、そのつっぱり感はやわらいでいるみたいです。だからハードなのにやさしいのかな。

       

       

      きれいごとを言っていたのでは物事はなかなか進まないように見えます。でも、それはきれいごとが「ほんとう」じゃないからでしょうか?

      この満月から次の新月までは、「きれいごとなんてほんとうじゃないからダメ」ではなくて、なぜそんなきれいごとを言うのかな、と静かに考えてみたいなと思いました。

       

       

      きれいごとでも、カッコつけでも、痩せ我慢でも、何でもそうなのですが。

      ほんとうの自分ってなかなかわからないものです。もちろん、ほんとうの「誰か」も。

      ちょっと時間が経つと、自分でも「あれ、そんなこと言ってたんだ」って思うようなことを言っていたりすることがあります。時間が経つと、そのときの「ほんとう」は変わってきてしまう。そのときは「ほんとう」だったのに。

      わたしみたいに乙女座の天体が強いと、すぐに「ほんとうか嘘か」とこだわってしまうところがあって、ときどきそういう自分にほとほと疲れちゃいます(笑)。

      たとえきれいごとみたいに見えても。嘘みたいに、カッコつけてるだけに見えても。

      その奥にあるかもしれない「ほんとう」が見えてくるまでちょっと待つことも必要だと思います。ほんとうって、いろいろな形をとるものですから。

      動物の訓練士なら、やっぱり動物をよく観察して、動物語を操れるようにならないとね。

      今夜、この静けさをくれる満月は、そんなことの助けになってくれるはずです。

      どうぞみなさま、よい満月の夜を。

      2017.03.06 Monday

      火星と名刺とスイーツアルケミー

      0

        今年に入ってから、天空を運行する火星に注目するワークを始めました。

        火星は行動の天体。自分を外の世界に打ち出すエネルギーの天体。その力を、自分の人生にもうちょっと生かしてみませんか?というプロジェクトです。

        火星が、12星座の最初である牡羊座に入った今年の1月28日から、最後の魚座を抜ける2018年12月31日まで。ほぼ2年間、23ヵ月間を前向きに、行動することを意識しながら生きましょうというのがテーマです。

         

         

        で、火星が牡羊座にいるときには、なるべく思考を自由に、ラフにして、2年間にやりたいことや達成したいことのプランをざっくり立てて、それをガンガン宣言してみる。ということをしてみては?ということでした。

         

         

        いろいろと思いついたなかの一つが、仕事にテコ入れすることでした。自分のなかでああでもないこうでもないとこねくり回したり、周りの親しい人や関係者にちょこっと「どう思う?」と訊いてみたり。

        そして、そんななかでできあがってきたのが、写真の新しい名刺です。

         

         

        今日は、ブログのタイトルやカテゴリ、そして自分のプロフィールなども少しいじってみました。

        (ブログは少し時間をかけながらリニューアルしていく予定です、その間、もしかしたら更新されていないのにお使いのフィードバーナーなどに更新通知などが出てしまうかもしれませんが、ああ、またいじったなとお目こぼしくださいませ)。

         

         

        2010年に藤井まほとしてスタートしてから、なじんでいたアロマアルケミストという肩書きをやめて、シンプルな「占い師」にしてみました。

        というのも、実際にはアロマの仕事は全体の一部に過ぎなくなってきたし、「まほさんがアロマアルケミストを名乗っているのは、占い師と呼ばれるのがいやだからですか?」なんて訊かれたこともあったんですよね。全然いやじゃないのに。

        そんなわけで、肩書きを占い師にしたというか、名実ともに?占い師になったわけです。

        占いのなかにはアロマアルケミー(香りの錬金術)が含まれる。そして、増えてしまった魔法のスイーツ作りの仕事=スイーツアルケミー(「甘い」錬金術)も含めちゃうことにしました。

         

         

        アロマアルケミストになる前、自分が占い師として何ができるか考えていたときには、ほんとうはスイーツアルケミストになりたかったんですよ。そのときは、そんなふうにことばにできませんでしたが。

        その後、ご縁があったりお声がかかったりしてアロマと占星術を組み合わせてやるようになって。そのうちに、なんだかそっちが本筋になってしまって。

        今回の火星ワークで、20代のときからやっているライティングの仕事も含め、多岐にわたってきた仕事を「占い師」ということばでまとめて、もともと希望していたように軌道修正する、というか、微調整することになったのでした。

         

         

        名刺の「占い師」という肩書きには、そんな右往左往、行きつ戻りつ、あっちもいいなこっちもいいな、が、なにげなく、ほんのりと入っているのですよ。

        スイーツアルケミーについては、またいずれ、ちゃんとご説明したいと思います。

        まずは、占い師・藤井まほを、あらためてよろしくお願いいたします。m(__)m

         

         

        それから、火星のワークについてはまた後日、詳しくリポート(実況中継)したいと思います。ワークそのものについて知りたい方は、nicoさん、みねんこさんのブログの、こちらの記事などをご覧くださいね。火星ワークシートなんていうものもあるんですよ!

         

        nicoさん  ついに!火星サイクルワークシートできました!

         

        みねんこさん ニコラボ特製「火星シート」 こんな感じです

         

        2017.03.05 Sunday

        金星逆行とベリー

        0

          昨日(3月4日)から牡羊座で金星が逆行しています。逆行と言っても、いつも書いているように本当に後戻りしているのではなく、後戻りしているように見えているのです。今日は簡単に、金星の逆行についてだけ書きますね。

           

           

          運行のスケジュールは。

          金星は来月、4月3日には魚座に入り、15日に魚座で順行に。少しずつスピードを上げながら28日には再び牡羊座に入ってきて、5月19日には逆行を始めた度数に戻ってきます。

           

           

          3月4日から滞ったものごとが、4月15日に底を打ち、5月19日までには回復する、というのが起こりうると考えられていることです。

           

           

          3月4日から4月3日までは、牡羊座金星の復習タイム。

          4月3日から15日までは、魚座金星の復習タイム。

          15日でターンして。

          4月28日までは魚座金星の充実を取り戻して、

          4月28日から牡羊座金星の充実をもう一度味わいます。

           

           

          金星といえば恋愛や美、そしてお金の象徴と言われます。

          抽象的に言うと「価値」と言われ、星に託されているイメージは、若々しい気持ちで、好きだな、いいことだな、と思えるもの。みたいにまとめられるかと思います。

          また、女性にとっても男性にとっても、女性性を表すんですね。

           

           

          金星逆行期。牡羊座の間は、ちょっと暑苦しい感じかな。魚座に入ると、つかみどころのない感じ。

          たとえば、ですが。

          好きで、いいな、と思えることが暑苦しくなったり、好きで、いいな、と伝えても暑苦しく思われたり。

          好きで、いいな、と思っていたのが自分でもよくわからなくなってきたり、好きで、いいな、と思っていることが相手には全然伝わっていなかったり。

          まあ、そんな感じでうまくいかなくなることが出てきやすい時期です。

          でも、うまくいかなくなるのには理由があるんですね。金星の逆行が悪いわけじゃなくて(笑)。

          その理由を、ちゃんと突き止めて、やめたらいいことをやめて、直したらいいことを直して、こだわらなくていいことは白紙に戻したり上書きしちゃってやり直す、ためにあるのが逆行期だと思います。

           

           

          金星を象徴する食べ物の一つが、ベリー類です。

          今年はホワイトデーのギフト用クッキーをご注文いただいていまして。今回のホワイトデー、金星逆行ともろかぶりなので、金星を助けるクランベリーを入れることにしました。恋愛や美やお金の「うまくいかない感」を乗り越えるちょっとしたお手伝いができればと。

           

           

          東京で簡単に手に入るドライクランベリーは植物油でコーティングされ、砂糖が使われているので、熱湯でオイルをとったあとに写真のようにリキュールに浸けて1週間ほど置きます。こういうことやっているところは少ないんじゃないかな。うちはスモールバッチ、スモールロットなので、時間をかけてやってます(笑)。

           

           

          クランベリーに限らず、苺でも木イチゴでも、ベリー類は金星に対応する食べ物とされています。

          金星逆行orz...ということがあったら、ちょっとベリーを囓って元気出してくださいね。

           

           

          まほの魔法のスイーツに関しては、今後、こちらのブログでもご紹介していく予定です。ホワイトデーの分はすでに受注を締め切らせていただきましたが、お問い合わせくださればお取り寄せいただけるようにしようと思っていますので、こちらもどうぞよろしくお願いします。

          近々、ブログのリニューアルをしますので、そのときまでにはたぶんなんとか(笑)。

           

           

          お問い合わせは: fujii.maho@@gmail.com までどうぞ。

          金星逆行については、また後日、補足の記事を書く予定です。

          2017.02.26 Sunday

          2月26日新月図 みんなと一緒、だけど、わたしはわたし(新月・日蝕篇)

          0

            沈丁花の香りが漂い始め、なんとなく三寒四温という感じで春が近づいてきたような東京です。みなさんのお住まいの地域ではどうでしょうか。

            さて、先ほどもお知らせしたとおり、めずらしくも今日2回目の投稿になります。

            もし前篇をお読みいただいていない方は、そちらを先に読んでいただいたほうがいいかも。こちらになります。

             

             

            2月26日新月図 新月前の夢(火星天王星篇)

             

             

            本日、2月26日の夜遅く、日付が変わる頃に魚座で新月です。今回は金環日蝕となります。

             

             

            新月の月&太陽の度数は、魚座9度。サビアンシンボルは a jockey 「騎手」です。

            こういう1語シンボルのサビアンってたくさんあるのですが、こういうシンプルなものを長々と説明するのは野暮?なので今日はあっさり行きます。

            9は究め、旅する数。なので、この新月&日蝕では魚座を究めます。騎手だから乗りこなすんだけど、乗るのが魚ですからね。海のなかです。

            水の中では何でもつながってしまう。あなたとわたしの境目がぼやんと消えてしまう。そういう意味で、気持ちが伝わりやすいし、受け取りやすい日になるでしょう。

             

             

            新月は太陽と月が重なる配置です。二つの天体の両側に、コミュニケーションを司る水星と、イマジネーションを司る海王星があり、すべて魚座、そして自分の奥底深いところ、帰るべきところ、帰属するところ、家や家庭、家族、ルーツといったところにフォーカスしています。

            心の奥から、思いを伝え合い、相手のことを思いやることが、普段よりもやりやすくなる配置。伝えること、思いやること、受け取ることが苦手だな、下手だなと思っている人は、どうぞ上手に星のエネルギーを使ってくださいね。

            魚座が象徴するイメージについては、この前ブログでもご説明したのでご興味があればこちらもどうぞ。

             

             

            魚座太陽。イマジネーションをポジティブに。

             

             

            こういう日は、音楽を聴いたり、アートや映画を観たりすると印象を受け取りやすく、自分のなかでイメージが固まりやすいんですね。だから、表現活動にも向いています。あと、占いにもいい日です。占うのも、占われるのも。

            ただ、逆に計算とか思考を論理的に組み立てたりするにはあまり向きません。日曜日ですけれど、もしもそういう作業をしなければならない場合は、どうぞ、休み休みやってくださいね。

             

             

            日蝕は、前回の2月11日の月蝕のときに書いたように、その前に起きた日蝕からの長いサイクルでものごとを捉えます。通常では、新月〜満月〜次の新月という28日間のサイクルとなるところ、今回は2016年9月1日、乙女座で起こった日蝕から半年のクールが終わり、新たなスタート地点に立つタイミングです。

            昨年9月の日蝕も、強い浄化の新月でした。自分のシャドウと向き合って、そこから前向きに生きるヒントをつかむ、というようなことを書きましたよね。

            それからの半年あまり、どのように過ごしてきたかをちょっと振り返ってみてください。新しいサイクルの始まりにあたって、次に追求していくべきテーマが見えてくるかもしれません。

             

             

            前の記事で書いたとおり、ここ1週間くらい、火星と天王星の影響で「爆発」的なことが起こりやすくなっています。わたしの場合は、夢のなかで自分のこだわっていたことが崩壊し、そこから解放されたのですが。

            この夢は、この新月図のテーマでもあるのだなと思ったので、後篇ではそちらについて書いてみたいと思います。

             

             

            夢のなかでわたしの前にあったペットボトルには、水(思いや感情)が入っていて、わたしはそれを自分のものだと思っている。

            ほかの人が来てそれをどんどん自分の器に注いで持って行ってしまうので、わたしはそれはわたしのなんだと主張して怒った、そんな夢でしたが。

            よくよく考えると、これはよくあることのような気がするのです。特に、自分が被害者だって思ったときによくあることで。

             

             

            たとえば……殴られるとかセクハラとかだと話が大仰になるので、たとえば、わたしがA子にちっちゃな意地悪をされたとしますよね。A子がそれを意地悪したと思っているかどうかはわかりません。

            だけれども、わたしは「A子に意地悪されたんだ」と思っていて。

            それなのに、友達B子に、「あ〜そういうことってあるよね。わかる」といわれると、ちょっとムッとしてしまう。

            B子がされた意地悪と、わたしがされた意地悪は違うの。一緒にしないで。という気持ちがある。

            その一方でA子に「まほさん、意地悪してごめんね」と謝ってほしい気持ちがある。だけど、A子がそれを意地悪って思ってるかどうかわからないってことはさっきも書いたとおりです。だから、謝ってこないかもしれない。なのに、謝られないとわたしのなかには、意地悪したくせに謝らないA子、という人物像ができてしまう。

             

             

            こんなふうにして、わたしは自分が「意地悪された気持ち」を自分だけものにして、「意地悪されたわたし」という自己イメージに居着いてしまう。

            その、頑なになっていたものが、夢のなかで怒ったことで、ほろりと崩れたのだろうと思います。

            結果として、いまは楽になって、にっこりしている。

             

             

            今日は魚座の新月で、太陽は春分の日まで魚座を進みます。この時期は、感情というのは奥底のほうではみんなつながっている、ということをもう一度認識するときなのではないでしょうか。

            わたしに意地悪したように思えたA子も、わかってなさそうなのに「わかる」といってくれたB子も、人間だという点では同じです。いろいろ違いはあるんだけど、そのあたりまでこだわりを引き下げればわりあいと同じだよね、というのが魚座的視点でしょう。それが、魚座の学び。

             

             

            だけれども、同時に忘れてはいけないのは、わたしたちはそれぞれ固有の生まれ、固有の育ちがあって、いろいろあっても生きてきたその末にいまの自分になっていることです。そのかけがえのなさは、太陽が魚座にあろうが獅子座にあろうが変わりません。

            固有の人なんだけど、一緒の人間で、だからわかり合えるところもあるし、つながれるところもあるし、そうなれるように努力したほうがいい。

            ただ、それぞれ違う身体を持って生まれてきて、別の人格で別の性格なのだから、それぞれに自分がフィットするところ、自分の幸せを求めて生きていくしかない。

            誰かに、自分と同じように感じるように強いるのではなくて、「わたしはこう感じてるけど、あなたはどう?」と伝え合うことが大事だよね、というのが今夜の新月のメッセージではないかと思いました。

             

             

            今日、instagramで目にしたことば。

            Celebrating the individuality of humanity.

            人類ひとりひとりの個性を祝い合って。(意訳)

             

             

            そんなフレーズが響いたわたしでした。

            みなさん、よい新月の夜をお迎えくださいね。

            (写真は赤い馬酔木の花。前回の月蝕で白花の写真をつけたので、それとペアの日蝕ということで今回は赤花を)

            2017.02.26 Sunday

            2月26日新月図 新月前の夢(火星天王星篇)

            0

              今夜は魚座の新月で金環日蝕ですね。おなじみの新月図読みの日なのですが、今日は2本の記事に分けて書くことにしました。

               

               

              この記事では、一昨日見た夢の話を書きます。

              まず、その前提としてお話ししたいのが、現在の星の配置です。サプライズ&突発的な変革を起こす天王星が牡羊座にあり、エネルギーいっぱいの火星がそこに近づいています。ぴったり重なるのは27日の朝になります。

              この配置は爆発的なことを象徴すると読みます。そもそも牡羊座という星座には初期衝動に素直な性質があるので、大きなエネルギーがばんと表出されやすいのですね(空気が乾燥している地域の方は火の元などにはご注意くださいね、火星は火の星なので)。

               

               

              火星は攻撃性や怒りのエネルギーを表すと同時に、わたしたち一人一人が外の世界に対して自分を打ち出していくエネルギーをも表します。

              個人的な表れ方を考えた場合、火星は愛と美の星、金星をかすっていった直後なので、爆発的な「好きだー!」という告白や、こんなに好きなのに「なんで受け入れてくれないんやー!」という怒りをぶつける形をとったりするかもしれません。

              ただ、人には恋愛感情だけがあるのではなく、もっとふつふつと煮えたぎっているのに、意識に上っていない怒りや攻撃性、わだかまりのようなものもあると思うのです。

              今回の火星/天王星のコンタクトは、そこにフォーカスしなさいという意味をもつかもしれません。

               

               

              ちなみに、今夜の新月が起こるのは魚座。火星と天王星は牡羊座を運行中で、このセットは新月とは隣り合った星座、ある意味で独立した場所にあると言えます。なので今回の新月図読みは二つのパートに分けることにしたわけです。

               

               

              **

               

              で、夢の話。

              一昨日の晩、お風呂の中で読んだ本にネイティブアメリカンの伝承の「ホワイトバッファローの女」の話が出てきて。そこからわたしは、ホワイトバッファローという石のことを思ったのです。ターコイズのなかでも白いものをホワイトバッファローと呼ぶんですよね(写真の、指輪の石です)。そんな連想があったので、その晩は、ターコイズ(右下の、でこぼこしたやつです)を枕の下に入れて眠ることにしました。

               

               

              そうしたら夢を見たのですが。

              夢のなかで、わたしの前にはレースのエイドスタンドみたいなテーブルがあって、その上にペットボトルに入った水がある。そこへ次々と人がやってきては「わたしの」ペットボトルから銘々のプラカップに水を注いでは持って行ってしまう。わたしは、「その水はわたしのなのになんで持って行っちゃうの!!!」と怒っているんですね。

              そして、怒りのあまりに、目が覚めてしまった(笑)。ケチくさいですよね。

               

               

              目が覚めたときにわたしのなかには怒りの残滓みたいなものがあったのですが、どちらかというと、そんな形で怒りを発散してしまったのでスッキリしていました。

              そして、あ、これは火星天王星の発散なんだなーと思ったわけです。

              ターコイズは、ハートチャクラと喉のチャクラをつなぐように働くと言われています。意識の下にしまいこんでいた怒りをを、夢のなかでことばとして表出するのを促してくれたのかもしれませんね。

               

               

              自分でも何に対する怒りなのかはわからないのですが、夢を解読してみると――。

              夢のなかで出てきた「水」は、感情の象徴ですよね。わたしは、それを自分固有のものとして囲い込もうとしているのに、人々がやってきてはそれを持って行ってしまう。つまり、その感情はわたしたちにも共有されるものですよと言われているのでしょう。だって、水は液体ですから、ひとつのところにとどめておくことはできないし、水を扱うということは、そうした共有されるものを扱うということなわけで。自分の名前をつけて、これはわたしの!ということはできない。

              たぶんわたしのなかには、そこにちょっとした抵抗や反発があって、それが夢で怒りという形で表出されることによってほどけたのだと思います。

              つまり、こだわりの崩壊であり解放ですね。

              そのことが、今晩、魚座で起こる新月(日蝕)ということにつながっていくのだと思います。魚座については、前の前の記事に書きましたので、ご興味あればご覧くださいね。

               

               

              魚座太陽。イマジネーションをポジティブに。

               

               

              **

               

              新月図のみならず、この火星天王星、そして木星の絡む配置は今後も続き、3月2日〜3日頃にピークを迎えます。

              火星はまだまだ元気です。

              どのような星の影響にしても、座して待つと予想外の形で降りかかってきたりします。つまり自ら動くことによってそれを消化し消化させていくことがいちばんの乗りこなし方なんですね(「騎手」というのは今晩の新月度数のサビアンシンボルでもあります、なにか目標があるなら、そこに向かって振り落とされずに乗りこなすことは大事!)。

               

               

              もしも、なにかもやもやしているような気がしたら、この1週間くらいはそれを表出することで、次に向かえるチャンスです。言いたいことがあったら、ちゃんと言ってみるのもいいかも。その勇気がなければ、せめて紙に書き出してみましょう。

               

               

              また、火星は3月10日まで牡羊座にいて、2018年の年末までの約2年間の方向性を出すのは、いまがいちばんいいときなんですね。

              いずれリポートしたいと思うのですが、わたしは現在、火星ワーク中です。その考え方で言うと、これから約2年の間に自分の行動したい方向性を考えて、それを宣言したり、それに向かって準備をするのに、この先10日間くらいは非常に適している時期なのだとか。

              そんなことに向けて自分の火星力を燃やすことによって火星の外からの影響を転化してしまうのは、いい方法だと思うのです。

               

               

              火星には、起爆剤としての天王星もついていますし。もちろん、これは「爆発」なので、穏便には済ませられないかもしれません。

              ターコイズやラリマーのような、穏やかなエネルギーを持った石がお手元にあれば、是非手伝ってもらってください。写真の左上にあるのは、青い珊瑚です。感情に関することであれば、珊瑚やパール、貝など海に由来するものもお守りになります。

               

               

              では、新月図読みの新月篇は、またのちほどアップしますね。

              2017.02.21 Tuesday

              新しい練り香水 HUG

              0

                 

                 

                 

                いつもアクセスありがとうございます、まほです。

                 

                 

                ビューティー・プロデューサー、牧野和世さんによる練り香水。ア・ピースフル・ワールドというシリーズの第1弾「ラブ」に続いて、第2弾「ハグ」が発売となりました!!

                 

                 

                アピースフルワールド ハグ

                 

                 

                最初から、これはシリーズものなんですよとうかがっていたので、「ラブ」を気に入っていたわたしは第2弾をとても楽しみにしていたのです♪ どんな香りになるのだろうって。

                で、早速試してみて、なるほどこれは素敵と思ったのでご紹介しますね。

                 

                 

                「ハグ」はその名の通り、ハグを促進する香りです、以上。

                 

                 

                というのではあまりにもシンプルすぎるので、第1弾の「ラブ」と比較してみましょう。

                「ラブ」については、最初に使ってみたときの感想を以前ブログに書いていますので、詳しく知りたい方はどうぞそちらもご覧くださいね。

                 

                 

                やさしくされるってどういうことか、がわかる香り

                 

                 

                 

                「ラブ」は、赤ちゃんの香りをイメージして作られた香りだそうです。どちらかというと石鹸系で、誰にでも好感を持たれます。

                それをつけていると自分を許せるし、自分が好きになるし、周囲を信頼できるようになる――それが「ラブ」への第一歩だというわけです。

                周囲の人にやさしくされると、自分が好きになる。自分が好きになると、周囲にやさしくなれて、それがまたやさしさとして循環する。

                それが「ラブ」の効果じゃないでしょうか。

                 

                 

                一方、新作の「ハグ」は、その「好感」をもう一歩進める、触りたくなるような香り、と言えるんじゃないかと思います。

                この香りが漂うと、声をかけようかなとか、この人ともう一度会いたいと思わせたりできそう。パートナーがいる人なら、これまでより親密になれたり。次のデートではもう一段階進めてみようかなとかね。

                そういう効果がありそうな気がします。

                もう1歩距離を縮める香り、という感じでしょうか。

                 

                 

                落ち込んでいたり、傷ついていたりして自信がないなというときは、世界に自分の居場所を作るために「ラブ」を。

                恋を求めているときや、パートナーとやや煮詰まった感がある場合は、引き寄せる「ハグ」を。

                春も近づき、暖かい日なら少し薄手の服も着てみたい。そろそろ新しい香りを試したくなる季節、もう1歩進めたいなら「ハグ」をおすすめします!

                 

                 

                こちらのサイトでどうぞ。

                COCOMA

                 

                2017.02.19 Sunday

                魚座太陽。イマジネーションをポジティブに

                0

                  いつもアクセスありがとうございます、まほです。

                  昨日、2月18日に太陽が魚座に入りました。

                  天体が星座を移るときに、空気の色が変わるなんていう表現をしたりします。

                  水瓶座から魚座。支配星は天王星と土星ペアから海王星と木星ペアに。なんとなく、女子力向上なんていうキーワードが浮かんだりします(笑)。

                   

                   

                  12星座は牡羊座が始まりで魚座が最後とされてきて。魚座から牡羊座に変わるときに、次の「ステージ」に入るのです。

                  12星座は円環を描いていて、この牡羊〜魚のサイクルを繰り返す。次のステージといってもらせん状に進んでいると考えるほうがしっくり来ます。

                   

                   

                  そして昨日、太陽は今年も最終地点の魚座に到着し、牡羊座に入る前の調整期に入ったわけです。

                  火星と金星はもう一足先に魚座を通過して次の牡羊座に入っています。火星が魚座から牡羊座に入るときにわたしが感じたもやもやと不安な気持ちについては、この間ブログにも書きましたよね。

                  魚座から牡羊座への流れ、気になる方はそちらもどうぞ。

                   

                   

                  魚座から牡羊座へ

                   

                   

                  魚座といえば、夢とポエジーとイマジネーションとロマンチシズム、などと言われます。そして物事(ものともの、こととこと)や人と人との境界が曖昧にぼやけ、融け合っていく。魚座は水のエレメント。液体、たとえばコーヒーとミルクをひとつのカップの中に入れたら、もう区別はつかなくなる。どちらかだけを取り出すことはできなくなる。

                  そんなふうに混ざり合いとけ合った状態が魚座的な状態と言えるでしょう。

                  混沌。

                  そんななかからイマジネーションやインスピレーションや芸術作品が生まれてきます。他者への共感や愛情、やさしさも生まれてきます。

                  でも、いつまでも融け合って一体となっていたら、いったい「自分」は「自分」であることができるのか?

                  混沌のなかに小さな「我」が萌芽したときに、次の牡羊座に向かうのでした。そして混沌から抜け出て、「我」がオギャーと誕生する、それが魚座と牡羊座の境目、春分点です。

                   

                   

                  イマジネーションとは、妄想力でもあります。個人個人が生まれたときの星の配置にもよるのですが、天空の太陽が魚座にあったりして自分も周りも魚座的になっているとき、この妄想力はたいへんな力を持ちます。ただでさえ、現在はイマジネーションをふくらませる海王星が魚座にあって、それを助けています。

                  それを芸術創作や奉仕活動といったことに使えたら素晴らしいんですけどね。いつもそうできるとは限りません。

                  イマジネーション過多になってしまっているときの対処法としては、カラダを動かしてグラウンディングするなど身体感覚や五感を使いリアルな肉体に戻る、人とリアルで会って目先の現実的な話をするというふうに思考やことばを使う、といったことが挙げられると思います。

                   

                   

                  特に魚座対応ということではないのですが、わたしがよく使うのはサウスアフリカン・フラワーアンドジェムエッセンスの"Wattle"です。wattleとは、ミモザのこと。なので冒頭にミモザの写真を貼ってみました。

                  この黄色のぽわぽわ、かわいいですよね。見ているだけで元気になれます。

                  このエッセンスは、誰でも持っている「予期する力」「期待する力」をポジティブな方向に使うのを助けてくれます。

                  占い師じゃなくても、サイキックでなくても、「予期する力」や「期待する力」を持っています。ただ、その方向性が問題です。

                  ネガティブなイマジネーションや妄想が過剰になると、それは自分だけでなく周りにもダメージを与えてしまう。そしてネガティブが循環してしまいがちです。

                  自分のイマジネーションを、「よきことが起こる」ことを予期するように使えますように。

                  というのがこのエッセンスにふさわしいアファメーションだろうと思います。

                   

                   

                  このエッセンス、いつからか日本では買えなくなってしまったのですが、海外から個人輸入することもできます。エッセンスを使わなくても、このように思考を方向転換させること、ミモザの花を見たり、花屋さんで買ってきて部屋に飾ったりすること、あるいはアファメーションを使うことによって、自分の「予期力」を「善き力」に変えられると思います。

                  魚座の季節に、「あれ、なんか悪いことばかり想像してしまってない?」と気づいたときには、是非試してみてくださいね。

                  wattleを使ったミストやバスソルトの調合も承ります。

                  お問い合わせはfujii.maho@@gmail.comまでどうぞ。

                  メニューはプロフィールページにあります。

                   

                  どうか豊かなイマジネーションを素敵な方向にフル活用して、魚座の季節を楽しんでくださいね。

                   

                   

                  Profile
                              
                  Calendar
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << March 2017 >>
                  Selected Entries
                              
                  Categories
                  Recent Comment
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  はらいそ
                  はらいそ (JUGEMレビュー »)
                  細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  幻視と瞑想のガムラン
                  幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
                  民族音楽,ティルタ・サリ
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Links
                  Search this site.
                              
                  Archives
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                                           
                  PR