2019.06.12 Wednesday

明日の木曜喫茶室は16時半開店です+蟹座火星メモ

0

    梅雨に入った地域が増えてきましたね。一昨日、東京は傘を持つ手がかじかむほどの梅雨寒でした。でも明日は蒸し暑くなりそうです。

    明日の木曜喫茶室@東神田のために冷たいお茶菓子を作るので、せっかくなら少しは暑くなってほしいなとひそかに願っていたのはわたしです。スミマセン。

    さて、急なお知らせなのですが、明日13日は16:00〜16:30と18:00〜18:30にご予約いただいております。

    ご予約のないお客さまは16:30〜18:00 か 18:30〜19:00を目がけておいでくださいませ。

     

    初めての方、場所や藤井まほの連絡先をお知らせいたします。お問い合わせは fujii.maho@@gmail.com (アットマークをひとつ抜いてください)宛てにメールをお送りくださいね。

    6月13日の営業時間: 16:30〜19:00

    お茶菓子は、豆乳プリン黒蜜がけ(きなこシナモン生姜風味)。ネルドリップコーヒー、セイロンティー、はとむぎ茶をご用意してお待ちしております。

    木戸銭 1000円頂戴いたします。

     

     

    先日、双子座新月読みの記事や→★ noteの「火星ワーク」の記事にも書きましたが→★  現在火星は蟹座を運行中です。

    蟹座というサインのもついろいろな側面の中に「過去に目を向ける」傾向があります。火星=行動と捉えると、過去を振り返ることはなんとなく「後ろ向き」で「進んでいない」イメージがあるかもしれませんね。

    でも、さきほど1月の山羊座日蝕から来月の蟹座日蝕にかけての半年を振り返っていたときに閃いたのですが。

     

    牡羊〜牡牛〜双子〜蟹の4つの時期を……

     

     

    振り返って(蟹)実感を(牡牛)ことばにする(双子)ことで、出発点(牡羊)からの進み具合を知ることができるね

     

     

    ということでした。

    蟹座火星の季節。ぜひ火星牡羊入り=出発点=今サイクルの場合は2019年1月1日からの日々を振り返って、進捗状況を確かめてみてくださいね♪ 意外と、思ったよりも進んでいるものですよ。それに、次の課題も見えてきます。

    6月29日には、蟹座の次に獅子座に入る次の季節に向けての火星ワークショップもありますよ。東京・北参道みらいづくり研究所にて。

    詳しくはこちら→★ 

     

     

    火星ワークにご関心を持たれた方、ぜひお問い合わせくださいね。後日、録画の動画視聴もできます。

    2019.06.10 Monday

    占いとは?(1) 知ってるけど知らないことを知る

    0

      東京は梅雨入りしましたね。雨の日を憂鬱に感じるときもあるけれど、いろいろな季節があってこそおいしい野菜やお米が食べられたりするからこれはこれでいいんだなと食いしん坊のわたしは考えるようにしています。

      このブログでは占いも書くのですが、わたしは「占いについて」「占いとは何か」を考えるのが好きな占い師なので、そんなことも書きたくて。「占いとは?」というカテゴリを作ってみました。

      今日はその第1回目です。

       

       

      VOGUE WEB で【真夜中の占いの館】という連載の取材構成を担当するようになって1年以上が経ちました。おかげさまで好評のようです、ありがとうございます(^^)

      この連載を通じて占いやパワースポット探訪などスピリチュアルなことを体験された方に30名ちかくお目にかかりましたが、6月10日現在で最新の体験談は催眠療法です。催眠療法では前世を見たり、知ったり、「体験」したりできると言われていますね。

      わたしは前世や輪廻転生はあると思っていますが、そしてそれらを出生のホロスコープから読むこともできると思っていますが、自分の前世を見てもらおうと思ったことがありませんでした。とりたてて理由はなくて、たまたまご縁がなかったからなのですが……。

      そして、今年に入ってたまたまご縁ができたので、自分の前世というものを見てもらうことになったのでした。

       

       

      このとき見てくださったのは、人の「守護霊」を見る方です。その人をいま守ってくださっている守護霊は、その人の前世であるということでした。わたしはそういうしくみになっているとは知らなかったのでちょっとびっくりしました(笑)。

       

       

      そして、まほさんの守護霊は生前こういう方だったようですよ、と描写された女性の人生は、拍子抜けするくらい波乱のない「フツーの人生」でした!

      お話を聞く前はなんとなく、もうちょっと「ひどい目に遭った」人だったんじゃないかと思っていたので意外だったのです(変な思い込みですねw)。その一方で、それを聞いてなんだかものすごく安心したのでした。ああ、自分にもフツーの人生を生きたことがあったんだ!って。

       

       

      このとき自分の前世の話を聞いてから考え方や世界の見方も少し変わりました。どんなきっかけがあるにせよ、考え方や世界の見方が変わると、周りで起こる現象もがらっと変わってくるんですよね。

      だから仮説としては、催眠療法にせよ霊視の方に見ていただくにせよ、前世を知ることは何かを変えるきっかけになるかもしれないなと思っています。そして、霊視はいわゆる占いとは違う部分もあるのですが、似ているところもあると思いました。

       

       

      前世はフツーに生きた女性だったという話を聞いたときは意外だったのですが、あとからよくよく考えると、自分はそのことを「知っていた」ような気がしたのです。前世そういう女性だったということではなく、それを前世と呼ぶかどうかは置いておいて、自分がフツーに生きたこともあったということを、です。

       

       

      占い師や霊能者について「この人はすごい能力を持っている!」と感じるときは、「言っていないことを当てられた」「未来の予言が的中した」ときだと思います。つまり言われたことが「当たっている」「当たった」ときです。

      でも、前世については自分が忘れている以上、「当たっているかどうか」はよくわかりません。

      それなのに。「あれ、そうだったかもしれないな」と思うのは、それを告げた人の話術とかの可能性もあるかもしれませんが、本当は「自分がそれを知っていたから」なのかもしれないなあと思うのです。

       

       

      占い師としてわたしは「次の1ページをめくる」お手伝いをすると自己紹介しています。

      基本的に「次の1ページ」が「次」である以上、その中身を知ることはできない。それは霊能力や特殊な記憶を持たない人間が「前世」を知らないことと同じです。

      でも、すでにここまでの何十ページ、何百ページがあるから、次の1ページがあるんですよね。そういう意味で誰でも自分の「次の1ページ」を知っている、とは言える。でも、自分で自分を知ることはできないから、ページをめくる人=占い師がいるといい、ということではないかなと思うのです。

       

       

      本当は知っているのに、それを知っていることがわからないし、自分の手を伸ばしても触れることができない。そういうときに、人は占い師を訪ねたり、前世を知ろうとしたりするのかなと思います。

      「知っていたけれど知らない何か」「知っていたくせに知らないふりをしようとしていたこと」「知らないと思っていたけれど本当は知っていたこと」を教えてもらうということです。

      そのときに「教えてもらう何か=自分の未来や前世」も重要ではありますが、「自分が知らないと思っていたことを、ほんとうは自分でも知っていたのかもしれないな」と漠然と感じる体験そのものも大切なのではないでしょうか。それはある意味、「自分の知っている範囲(という思い込み)に自分でツッコミを入れてみる」ということかも。

       

       

      そう考えてくると、まず「占ってもらおう」「前世を知りたいから見てもらおう」と思いたつことそのものがとっても大切で。その時からもう始まっているんですよね、ある新しい流れが。

      さらに、占われて何かを言われたときに、「当たってるわ」とぞくぞくしたり、「あ、そうだったのか」と安心したりする感じ。

      その体験を積み重ねていった先に「自分の知っていると思い込んでいる範囲」をぐずぐずと崩して壊して自由になっていくことがあるのかなと思ったりします。

       

       

      「占いは次の1ページをめくることに通じる」というフレーズは、哲学者の千葉雅也さんの『メイキング・オブ・勉強の哲学』(文藝春秋)にちらっと書かれていることにインスパイアされています。この本とこれに先行する『勉強の哲学』の2冊には山羊座に天体が集中している時代と響き合うことがを書かれているので、機会を改めてまたご紹介しますね。

       

       

      お知らせ:

      ●6月13日(木) 木曜喫茶室@東神田16時〜19時 営業いたします→ 

       

      ●VOGUE WEB 【真夜中の占いの館】はこちらです→催眠療法前編 催眠療法後編   

       

      2019.06.06 Thursday

      6月の木曜喫茶室@東神田は6月13日です

      0

        ついこの間、営業したばかりの月イチ木曜喫茶室@東神田ですが、6月は来週13日の営業となります。

        営業時間が16時〜19時と、いつもより1時間遅らせての開店となりますのでご注意くださいね。

         

         

        蒸し暑くなってきたので、お茶菓子は豆乳プリン(乳製品不使用ですがゼラチンで固めます)。自家製黒蜜にはきなこと生姜とシナモンを加えます。

        写真は盛り付け参考例。大きめの容器で冷やし固め、スプーンですくってサーブするスタイルになると思います。写真ではいちじくのスライスをのせたのですが、フルーツを添えるかどうかは前日の果物売り場の感じで決めますね。

         

         

        ★6月13日(木) 16時〜19時

        お茶とお菓子のセット、もしくは、タロットリーディング10分で1000円。両方のセットで1800円です。

        お茶は、いつものようにネルドリップコーヒー、スリランカの紅茶に加えて、はとむぎ茶をご用意いたします。

         

        初めてご来店の方は、fujii.maho@@gmail.com (@を一つ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。場所と藤井まほの連絡先をお知らせいたします。ツイッターDMもたぶんフォロー関係がなくても受け取れる設定にしてありますのでご利用ください(もし反応ありませんでしたら一言メンションとばしてやってくださいませ)。

        木曜喫茶室@東神田について→ http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

         

        開店日までにもう一度お知らせさせていただきます!

         

         

        最後にお知らせ:

        ★note始めました。火星ワークの記事第一回はこちら→ https://note.mu/posinega/n/n29dc790f5cd1

         

        ★取材、構成を担当中のVOGUE WEB不思議スピ連載も最新号が公開されています。今回は前世療法の旅?? ぜひご覧ください。

        →真夜中の占いの館 https://www.vogue.co.jp/horoscope/special/2019-06-04/midnight

         

         

        2019.06.03 Monday

        6月3日双子座新月のオーガニックグリッド

        0

          今日、6月3日19時過ぎに双子座で新月です。新月はホロスコープ上の「相手方」の部屋、7ハウスで起こります。

          「自分」側の1ハウスには射手座を逆行している木星があり、その木星が1ハウスを支配しているので、自分のイメージがずれやすいというか。それも自分に甘い方向に(よく言えば自分を肯定する方向で)大雑把になりやすい。ぼやかす天体海王星がスクエア(90度)をかけていて、さらにぼけぼけでふわーんと広がっている自己イメージ。

          それに対して新月が向かい側から、「一個ずつ切り分けて考えてちゃーんと言葉にしてね」と言ってきてます。

          1ハウスと7ハウス。わたしとあなた。これが新月のメッセージの大枠ではないかと思います。「あなた」はパートナーであり、取引先であり、お客さま。場合によっては係争中、テニスやバレーボールで言えば向かいのコートにいる相手。何か思い当たることがありますか?

           

           

          木星的に自分を肯定するの、全然悪くないです。ただ、そこに正面から突っ込みを入れてくるのが双子座新月、風のエレメントですから、いい悪いじゃなくて全部並列させてみて、ニュートラルな視点で客観的に眺めようね、という感じです。自分が悪いとか誰のせいとかではなくて。マルかバツかではなくて。それを見極め必要な手立てがあるならそれを講じていくところからこの新月のサイクルをスタートさせるとよさそうです。

           

           

          未知数なワイルドカードもあるのですが、対人関係、コミュニケーションは活発化する配置です。自分はそうでもなくても、ぐいぐい引っ張ったりわっしょい押してくれる力が働いて、気がついたら盛り上がってました、ということがあるかもしれません。巻き込まれ型、というのかな。

           

           

          新月のサビアンシンボルは「自分のピアノの前にいる偉大な音楽家」。生まれ持った才能、あるいは培ってきた技能を発揮するパフォーマンスの機会が待っています。最初から自分の全体像を評価しようとするのではなく、手持ちのパーツここにある材料をぱぱっと並べてみて、それらをうまく使ってどんなパフォーマンスができるか考えてみる。ステージがすべてではないので、それまでの過程も楽しみましょうね。

           

           

          この新月でスタートすることのピークは17日の射手座満月の頃にやってきます。満月は、自分を象徴する1ハウス、射手座木星の近くです。

          満月のときも引き続き自己イメージをほわんとさせちゃいそうな木星が目立ちます。

          相手方7ハウスの始まりには双子座金星、月の180度反対側には双子座太陽。やっぱり、「わたしとあなた」をテーマとする双子座からのメッセージが対岸からやってきます。パートナーシップ、お客さまとの関係。この先半月で、何か進めておけるといいですよね。

          また、この月のサイクルは双子座と射手座ですから、この先ひと月は学びとコミュニケーション、旅がキーになるでしょう。

           

           

          Twitterでも一言呟いたのですが、現在火星は蟹座でノーアスペクト。

          蟹座火星、防衛のための攻撃に転じやすい配置なので自分の怒りに気づいたら深呼吸しましょう。人のことは徒に刺激しない、防御的攻撃をもらっちゃわないように気をつけましょう。煮詰まっている自分に気づいたら、体を動かす、スポーツや格闘技観戦、好きなもの食べる、料理を楽しむ、気楽なお喋り、抱きしめる、泣きたいときは泣く、などで上手く発散させましょうね。

          ちょっとのスキマ時間に自分のペースで自分の好きなことするのがいいと思います。出かけたくないなら無理に出かけずおこもりするのもアリです。わたしがもし煮詰まったらたぶん包丁か肥後守を研ぎます(笑)。火星は刃物なので、刃物メンテナンスにエネルギーを費やすのです(刃物を使ったり研いだりするのが好きなのです)

           

           

          ちょっと先走りますが、来月7月3日に蟹座で起こる新月は日蝕となります(次回は自分を象徴する1ハウスで)。

          日蝕月蝕は通常の新月満月のように28日サイクルではなく、日蝕月蝕ごとの長いスパンで流れを区切っていくのですね。この前の日蝕はというと、今年の1月6日でした。

          この先1ヵ月はその長い半年スパンの一つの節目に向かっていきます。今年のお正月頃、どんなことを考えていましたか? 5ヵ月で自分なりに進めたところ、あったんじゃないでしょうか。この新月をきっかけに自分の来し方、成長ぶりも客観的に評価して、その上でいいところ、できたことは肯定できたらいいんじゃないかなと思います。

           

           

          今日の双子座新月のオーガニックグリッドは、双子座っぽい爽やかな色合いや透明感のある石、風のエレメントを象徴する羽根などで組んでみました。軽やかに過ごせますように。

           


          noteで火星のこと書き始めました→ 第1回

          2019.05.29 Wednesday

          明日5月30日、木曜喫茶室@東神田のメニューです♪

          0

            5月にまさかの猛暑、ちょっと落ち着いたようですね。急な変化について行けなくて身体はちょっと疲れているかもしれません。

            着るものでなんとか調節できるといいですよね。

             

             

            さて、明日5月30日は木曜喫茶室@東神田です。15時〜18時まで、静かでくつろげるマンションの一室でお待ちしております。

            明日のメニューをお知らせしますね。

             

            ●お茶とお菓子のセット、もしくは、タロットリーディング10分で1000円。両方のセットで1800円です。

             

            ●お菓子は、プルーン入り焼きプリンふうのお菓子、ファーブルトン

             ファーブルトンの説明はこちらの記事に→http://majomaho.jugem.jp/?eid=431

             

            ●ネルドリップコーヒー(ご希望の濃さでハンドドリップいたします)、紅茶はスリランカからウダプッセラワ(かつてはウヴァやヌワラエリアとして売られていた茶葉だそうです)。そのほかミントティーをご用意しております。

             

            ●ネイチャーエッセンスは南アフリカのもの。リーディング1000円。

             今回は、許可されず抑圧された怒りにフォーカスし、ポジティブなエネルギーに変えるレモン、悪い未来ではなく、よきことを予期する力をサポートするワトル(ミモザの花ですね)、やるべきことを先延ばしにしがちな人によいオーストラリアンティーツリーなど8種を独断と偏見で持参します。

             以前に書いた南アフリカのエッセンスについての記事はこちら→ http://majomaho.jugem.jp/?eid=331

             

            ●タロットリーディング(延長可) 10分ごとに1000円。

             

            ●占星術おためしリーディング 2000円/20分(延長可 10分ごとに1000円加算)

             

             

            初めてご来店の方は、fujii.maho@@gmail.com (@を一つ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。場所と藤井まほの連絡先をお知らせいたします。ツイッターDMもたぶんフォロー関係がなくても受け取れる設定にしてありますのでご利用ください(もし反応ありませんでしたら一言メンションとばしてやってくださいね)。

            木曜喫茶室@東神田について→ http://majomaho.jugem.jp/?eid=350

             

             

            最後にお知らせをふたつ。

            ●2017年から始めた火星ワークについて、noteに書くことにしました。不定期になると思いますが、よろしくお願いします♪

             第1回はこちら→https://note.mu/posinega/n/n29dc790f5cd1

             

             

            ●取材、構成を担当させていただいているVOGUE WEB の不思議スピ連載も最新号が公開されています。是非ご覧くださいませ。

             →真夜中の占いの館  https://www.vogue.co.jp/horoscope/special/2019-05-21/midnight

            2019.05.23 Thursday

            5月の木曜喫茶室は5月30日です♪

            0

              こんばんは。新緑のうつくしい季節ですね。写真は桂の木です。
               

               

              昨夜、お風呂上がりに手ぬぐいを干そうとベランダに出たら、満月からかけ始めた月の横にちっちゃい光が見えました。

              とても小さいのに、月の光にも負けずに強く輝いているので何の恒星かなぁと思ってすぐ調べてみたら、なんと土星でした!

               

               

              えええ? あのちっちゃくてかわいいのが土星先生なんですか??? 厳しくておっかない先生だと思っていたのに〜。もう、すっかり好きになってしまいました♡

              土星までは肉眼で見えるって知識としては知っていましたが、プラネタリウムとかでなくホンモノを見たというか、見えているこれがホンモノの土星と意識したのは初めてだったので、ちょっとコーフンしてしまいました(単純ですね)

               

               

              見てみたい方は、国立天文台の「今日のほしぞら」ページなどをご参考に。→https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/skymap.cgi

              空の星や星座を特定できるスマホのアプリもありますよね。

               

               

              さて木曜喫茶室@東神田のお知らせです。今月は次のように予定しています。

              5月30日(木) 15時〜18時

              お茶とお菓子のセット、もしくは、タロットリーディング10分で1000円。両方のセットで1800円です。

              初めてご来店の方は、fujii.maho@@gmail.com (@を一つ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。場所と藤井まほの連絡先をお知らせいたします。ツイッターDMもたぶんフォロー関係がなくても受け取れる設定にしてありますのでご利用ください(もし反応ありませんでしたら一言メンションとばしてやってくださいませ)。

              木曜喫茶室@東神田について→

               

              お菓子は前回ご好評をいただいたプルーン入りのプリンふう焼き菓子、ファーブルトンです。

              ネルドリップコーヒーのほか、今回はほんのり甘いスリランカの紅茶、ウダプッセラワをご用意いたします。さっぱりしたセイロンティー、さわやかにお楽しみいただけることと思います。

              ファーブルトンの説明はこちらの記事に書きました→http://majomaho.jugem.jp/?eid=431

               

               

              また近づきましたらお知らせしますね。

              取材、構成を担当させていただいているVOGUE WEB の不思議スピ連載も最新号が公開されています。よかったらどうぞ。

              →真夜中の占いの館 

              2019.05.19 Sunday

              5月19日蠍座満月のオーガニックグリッド

              0

                5月19日、日本時間では早朝6時11分頃、蠍座で満月が起こります。今回の満月については5月5日の牡牛座新月からの流れで以前に書いたので、今日はコンパクトに書きますね。

                 

                 

                何か、自信になること、自分が自分を受け入れたり、肯定する支えとなるようなことが感じられてくるのではないかと思います。

                修行の日々はまだ続くのかもしれませんが、ここまでやってきたことが自分のなかで腑に落ちる感じ。それが、人によってはちゃんと形になるのかもしれません。でも、形にならなくても心配しなくていいのでは……?

                というようなことを耳元で囁いてくれる誰かがいます。それはあなたの身近な誰かかもしれないし、目に見えない天使かもしれません。あるいは、人を介さないでやってくる、ヒラメキのようなもの。あるいは、日常のなかで目にするいつもの風景が、いつもとは違う何かを教えてくれるのかも。

                 

                 

                聞こえてきたそのことば、目にした光を否定しないで。

                ちゃんと聴いて、明日からの「続き」に生かしましょう。小さな安心や、これでいいのだという満足や、喜びが、これからも続ける「やる気」につながります。

                 

                 

                いまは「怒り」を自分のうちに溜めやすい時期。でも、「怒り」も肯定的な形で見直せば前に進むエネルギーに変換できます。

                もしも怒りを抱えているなら、「なぜ、わたしはこんなに怒っているのかな?」「自分の怒りの底に隠されている感情は何?」と自分に問いかけてみましょう。もしかしたらそれは本当は怒りではなくて、悲しみや淋しさや愛かもしれないので。

                 

                 

                短時間でいいのでスマホの通知を切って、ちょっとだけ独りの時間ももってみてくださいね。天使からのお知らせが届くように。

                 

                 

                蠍座満月のオーガニックグリッドはこちら。

                 

                 

                茶色く枯れて見えるのは、本当はもっと深い深い赤のバラの花弁です。光の加減でちょっと暗い色になってしまいました。

                これらはたしか一昨年の誕生日に買った花束に入っていたバラをドライにして瓶に詰めていたもの。瓶を開けると、いまも素敵なローズの香りがします。

                蠍座満月。瓶に閉じ込められ奥深くに残っていた何かに感謝したい日。そして、羽根のようにふわふわ舞っているたくさんの素敵なことに気づきたい日。

                 

                 

                よい満月の日となりますように。

                 

                 

                **

                お知らせ。5月の木曜喫茶室@東神田は、30日15時〜18時の予定です。お客さまのない時間帯に個別対面鑑定をご希望の方は、fujii.maho@@gmail.com(@をひとつ抜いて送信してくださいね)までお問い合わせくださいませ。

                2019.05.16 Thursday

                noteの記事はこちらです

                0

                   

                  「木星射手座イヤーから水瓶座に放つ矢」を3回で完結させる予定だったんですが、noteに移行するのになんとなく全体の概要も書こうとしたら、思いのほか、いやいやそうではないですね、いつも通りに長くなってしまい……。

                  とりあえず4回完結に引き延ばして、3回目だけアップしました。

                  ジュエリー業界の話、楽しみにしていた方がいらしたら、ごめんなさい。もう少しお待ちくださいませm(__)m


                  「木星射手座イヤーから水瓶座に放つ矢」第3回

                   

                   

                  今後、長くなりそうな記事はこちらで公開しようと思っています(まあ、長い短いはこちらの主観なので、読んでくださるみなさまにどう思われるかはよくわからなくて。よかったら長すぎるとか別に長くないとか、何でもご感想お聞かせくださいね!)。

                   

                   

                  もうひとつ、5月の木曜喫茶室@東神田は5月30日を予定しています。お菓子は、先月に引き続き、ファーブルトンにしようかなぁと。ご来店くださったお客さまのみならず、写真も妙に好評だったのでもいちど焼こうかなと考え中です。

                   

                   

                  月は現在天秤座でボイド中ですが、今日はふたつのお知らせまで。

                  日曜日の早朝は蠍座で満月。グリッドを組んだらまた写真をお見せしますね。

                  Profile
                              
                  Calendar
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  30      
                  << June 2019 >>
                  Selected Entries
                              
                  Categories
                  Recent Comment
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  はらいそ
                  はらいそ (JUGEMレビュー »)
                  細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  幻視と瞑想のガムラン
                  幻視と瞑想のガムラン (JUGEMレビュー »)
                  民族音楽,ティルタ・サリ
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Recommend
                  Links
                  Search this site.
                              
                  Archives
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                                           
                  PR